お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 147件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2022-09-15
10:30
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ストリーミングデータにおけるアイテム頻出数を求める省領域乱択アルゴリズム
垣村尚徳慶大)・新田 陸日本IBMCOMP2022-10
 [more] COMP2022-10
pp.1-2
QIT
(第二種研究会)
2021-12-01
14:40
ONLINE オンライン開催 単一量子ビットゲート最適化による時間発展シミュレーション
和田凱渡慶大)・ルディ レイモンド日本IBM)・大西裕也JSR)・上西慧理子菅原道彦山本直樹渡邉宙志慶大
我々はパラメータ付き量子回路に含まれる任意の単一量子ビットゲートを逐次的に最適化することで実時間発展や虚時間発展をシミュ... [more]
NLC 2021-09-16
13:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]10年間の振り返りと今後のNLC研究会への期待
金山 博日本IBMNLC2021-11
 [more] NLC2021-11
p.25
QIT
(第二種研究会)
2021-05-24
16:40
ONLINE オンライン開催 Experimental Realization of Quantum Non-locality on IBM Quantum Devices
Kosei TeramotoYang BoUniv. of Tokyo)・Rudy RaymondIBM Japan)・Atsuya HasegawaHiroshi ImaiUniv. of Tokyo)・Hidefumi HiraishiNihon Univ.
量子非局所性とは、ある量子状態の測定結果が局所的な制約を課した古典的な計算では再現できない現象のことである。この性質は量... [more]
COMP 2021-03-08
13:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]ハミルトニアン学習のサンプル複雑性
Anurag Anshuカリフォルニア大バークレー校)・Srinivasan Arunachalam日本IBM)・○Tomotaka KuwaharaRIKEN AIP)・Mehdi Soleimanifarマサチューセッツ工科大COMP2020-32
 [more] COMP2020-32
p.25
NLC 2021-02-18
13:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]4半世紀にわたるテキストマイニングの歩みの振り返りと今後の展望
那須川哲哉日本IBMNLC2020-25
大量のテキストデータから有益な知識を獲得しようというテキストマイニングは,1990年代中頃から取り組みが盛んになり,イン... [more] NLC2020-25
p.23
SDM 2021-02-05
15:20
ONLINE オンライン開催 [招待講演]材料開発のためのAIと、AIのための材料開発
山道新太郎日本IBMSDM2020-59
bitsとneuronsとqubitsという計算の基本要素がHybrid Cloud上で統合されるコンピューティングの将... [more] SDM2020-59
pp.19-22
QIT
(第二種研究会)
2020-12-11
17:30
ONLINE オンライン開催 乱数生成による量子コンピュータの出力の独立性解析
田村賢太郎鹿野 豊慶大)・レイモンド ルディー日本IBM
 [more]
SWIM, KBSE
(共催)
2019-05-24
15:15
東京 機械振興会館 エンタープライズアーキテクチャを用いたAIサービスシステム開発プロジェクトのモデル化とその実践
竹内広宜武蔵大)・山本修一郎名大)・秋原史記石井 旬星野史晶日本IBMKBSE2019-5 SWIM2019-5
 [more] KBSE2019-5 SWIM2019-5
pp.31-36
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
10:20
東京 電気通信大学 パターン情報表現およびパターン情報処理を物理的に実現するニューラルネットワークデバイスとその利点
廣瀬 明田中剛平東大)・武田征士山根敏志沼田秀俊金澤直輝ヘロー ジャンベノ中野大樹日本IBM)・中根了昌東大NC2018-65
 [more] NC2018-65
pp.117-120
KBSE 2019-01-26
11:45
東京 国立情報学研究所 フレームワークの簡素化のためのホットスポットの統合手法
小野那緒人早大)・小野康一日本IBM)・深澤良彰早大KBSE2018-47
フレームワークは,その利用者であるアプリケーションソフトウェア開発者からの要求変更や利用後のフィードバックを受けて,適宜... [more] KBSE2018-47
pp.25-30
QIT
(第二種研究会)
2018-11-26
13:30
東京 東京大学 [ポスター講演]量子回路マッピングにおける量子ビット初期配置手法の実験的性能評価
井床利生今道貴司日本IBM
物理的に接続している量子ビット間にのみ二量子ビットゲートを作用可能という制約を持つ量子コンピュータに対しては,量子回路の... [more]
KBSE, SC
(共催)
2018-11-09
15:30
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 エンタープライズアーキテクチャーを用いたビジネスAIアライメント
竹内広宜武蔵大)・山本修一郎名大)・秋原史記石井 旬岡原勇郎星野史晶日本IBMKBSE2018-34 SC2018-29
 [more] KBSE2018-34 SC2018-29
pp.37-42
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2018-07-26
17:15
静岡 舘山寺サゴーロイヤルホテル 異なる決定木に基づくニューラルネットワーク音響モデルからの知識蒸留
福田 隆日本IBM)・サミュエル トーマスIBMSP2018-20
本報告では,ニューラルネットワーク音響モデルの知識蒸留において,異なる決定木を持つ教師ネットワークからの蒸留を行う方法を... [more] SP2018-20
pp.21-24
DE 2018-06-22
14:10
東京 株式会社LIFULL ソーシャルストリームを用いた訪日外国人の趣向を考慮したイベント情報配信の順位付け
今井美希工藤瑠璃子お茶の水女子大)・榎 美紀日本IBM)・小口正人お茶の水女子大DE2018-8
近年日本を訪れる外国人観光客は急激に増加しており,
2020 年に開催される東京オリンピック・パラリンピック
を考慮... [more]
DE2018-8
pp.37-42
KBSE 2018-05-25
16:00
東京 機械振興会館 AIシステム開発プロジェクトにおける性能評価指標の導出手法
竹内広宜武蔵大)・星野史晶石井 旬岡原勇郎日本IBMKBSE2018-7
 [more] KBSE2018-7
pp.31-36
NLC, IPSJ-IFAT
(連催)
2018-02-16
16:20
大阪 ティーオージー会議室 [特別講演]「不満インサイトデータ」の分析トライアル ~ IBM Watson Explorerによって得られる知見 ~
那須川哲哉日本IBM)・三澤賢祐Insight Tech)・金山 博日本IBMNLC2017-47
 [more] NLC2017-47
p.35
NLC, IPSJ-IFAT
(連催)
2018-02-16
17:20
大阪 ティーオージー会議室 [パネル討論]テキストアナリティクスへの期待に応えるには
清田陽司LIFULL)・三澤賢祐Insight Tech)・金山 博日本IBM)・蔵川 圭NII)・小早川 健NICTNLC2017-48
世の中に溢れているテキストデータを自動解析して知見を得ることは永きにわたっての根強いニー ズである。解析技術が進歩してい... [more] NLC2017-48
p.37
KBSE 2018-01-25
14:20
東京 機械振興会館 定理証明技術を用いたソースコードの補完手法の提案
小池遼平早大)・小野康一日本IBM)・深澤良彰早大KBSE2017-33
ソフトウェア開発を効率的に行うための技術の1つにコード補完がある.コード補完とは記述中のソースコードの不足部分を自動的に... [more] KBSE2017-33
pp.7-11
MoNA 2017-12-21
11:20
東京 お茶の水女子大学 タイムリーな観光情報提示のためのSNSを用いたイベント抽出
工藤瑠璃子お茶の水女子大)・榎 美紀日本IBM)・中尾彰宏山本 周東大)・山口実靖工学院大)・小口正人お茶の水女子大MoNA2017-31
本研究では、SNSからガイドブック等からは容易に取得するのが困難なローカルイベントや今まさに開催されているイベントの情報... [more] MoNA2017-31
pp.19-24
 147件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会