お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2019-04-16
10:05
神奈川 防衛大学校 小型,低損失,急峻な遮断特性を有する超伝導マルチバンド帯域通過フィルタの開発
鶴岡 勉東京計器)・北田典敬日本製鋼所)・關谷尚人山梨大SANE2019-3
高速,大容量通信を実現するためには複数の周波数を同時に利用することが求められる.これらの要求を満たすには小型,低損失,急... [more] SANE2019-3
p.13
AP, MW
(併催)
2012-09-28
14:50
埼玉 KDDI研究所(上福岡) HF帯RFIDマルチリーダシステムの試作検討(送信系)(1)
荒井雅行鶴岡 勉東京計器AP2012-92
近年,RFID技術のNFCタグおよびNFC対応高機能携帯電話などを使用したアプリケーションや応用機器の話題が多い.入退出... [more] AP2012-92
pp.61-66
EE, IEE-SPC
(連催)
2012-07-31
13:50
奈良 奈良工業高等専門学校 圧電トランスを用いたランプ放電起動回路の検討
荒井雅行鶴岡 勉東京計器EE2012-15
近年,プラズマの工学的応用または産業分野としての電気的利用では,代表的に電気集塵機や空気清浄機が上げられる.コロナ放電を... [more] EE2012-15
pp.93-98
AP 2012-06-14
13:00
東京 機械振興会館 圧電トランスを用いた電界結合型非接触電力伝送の実験的検討
荒井雅行鶴岡 勉東京計器AP2012-24
近年,MITが2007年に発表した磁界共鳴という技術を使用した非接触電力伝送に注目が集まり,結合係数k以外に送受信コイル... [more] AP2012-24
pp.1-6
IN, RCS
(併催)
2012-05-17
13:50
東京 東京工業大学 蔵前会館 UHF帯RFIDリーダシステムの試作検討(受信系)(2)
荒井雅行鶴岡 勉東京計器RCS2012-29
近年,非接触ICカードやRFID対応携帯電話などを使用したセキュリティ応用機器として,入退出管理やオフィスセキュリティ管... [more] RCS2012-29
pp.43-48
RCS 2012-04-19
13:35
京都 京都大学 UHF帯RFIDリーダシステムの試作検討(送信系)(1)
荒井雅行鶴岡 勉東京計器RCS2012-3
近年,非接触ICカードやRFID対応携帯電話などを使用したセキュリティ応用機器として,入退出管理やオフィスセキュリティ管... [more] RCS2012-3
pp.13-18
AP 2011-12-15
14:15
東京 機械振興会館 反射板付き円偏波平面ループアンテナの検討
荒井雅行鶴岡 勉東京計器AP2011-122
近年,非接触ICカードや無線ICタグなどを使用した物流や流通のRFID応用として,入退出管理や在庫管理,アパレル業界の物... [more] AP2011-122
pp.19-24
AP, WPT
(併催)
2011-10-14
14:30
神奈川 かながわ女性センター 共鳴型非接触電力伝送の実験的検討(RFID対応)
荒井雅行鶴岡 勉東京計器AP2011-84
電磁誘導方式の非接触電力伝送応用やRFID(Radio Frequency Identification)応用は,既に1... [more] AP2011-84
pp.43-48
AP 2011-06-16
14:30
東京 機械振興会館 RFID対応円偏波平面ループアンテナの検討
荒井雅行鶴岡 勉東京計器AP2011-24
近年,非接触ICカードや無線ICタグなどを使用したセキュリティ応用機器として,入退出管理やオフィスセキュリティ管理などで... [more] AP2011-24
pp.19-24
AP 2010-12-17
11:10
東京 機械振興会館 3周波一体型平面ループアンテナの実験的検討
荒井雅行鶴岡 勉東京計器AP2010-123
現状,RFIDを運用するアプリケーションによって利用する周波数帯がLF (Low Frequency)帯, HF (Hi... [more] AP2010-123
pp.31-36
SANE 2008-10-31
17:05
神奈川 JAXA宇宙科学研究所(相模原) 月探査機搭載用着陸レーダBBMにおける近距離測定に関する問題点
岸本健児明大)・水野貴秀JAXA)・鶴岡 勉東京計器)・坂井智彦福田盛介JAXA)・岡 栄一明大SANE2008-61
月惑星を対象とした着陸機を使った本格的な科学観測を行うためには,分散誤差100m程度のピンポイント着陸技術が要求される.... [more] SANE2008-61
pp.47-51
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会