お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2022-12-08
10:25
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 視空間認知訓練支援システムの提案
佐久間実緒仙台高専)・小畑 佳アイ・エス・ビー)・船木智史トヨタシステムズ)・大黒一司東北文化学園大)・○與那嶺尚弘沖縄高専WIT2022-6
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] WIT2022-6
pp.11-16
EMM 2022-01-27
15:25
ONLINE オンライン開催 多感覚コンテンツにおける最適振動レベルに影響を及ぼす映像および音響特徴量の検討
阿部翔太坂本修一東北大)・山高正烈愛知工大)・鈴木陽一東北文化学園大)・行場次朗尚絅学院大EMM2021-89
これまで視聴覚コンテンツに全身振動情報を付加することの有効性が示されてきたが,どのような振動情報を付加すればよいか,その... [more] EMM2021-89
pp.31-36
WIT, SP
(共催)
2019-10-26
15:25
鹿児島 第一工業大学 4号館1階大会議室 筋骨格シミュレータを用いた松葉杖歩行時の安定性における客観的な指標の検討 ~ 松葉杖歩行時の重心加速度における特徴的な傾向の同定 ~
西迫善希九工大)・永﨑孝之東北文化学園大)・和田親宗九工大SP2019-22 WIT2019-21
 [more] SP2019-22 WIT2019-21
pp.29-32
EMD 2019-05-17
13:35
宮城 東北大学 サイバーサイエンスセンタ Non-Arcing Circuit Breaking Phenomena in Electrical Contacts due to Dark Bridge
Hiroyuki IshidaTBGUEMD2019-1
In this paper, experimental data of non-arcing circuit break... [more] EMD2019-1
pp.1-6
WIT, ASJ-H
(共催)
2017-05-28
11:35
東京 リオン株式会社 クラウドソーシングによる字幕情報保障に関する基礎的検討(第2報) ~ 音声情報と入力・送出文との対応,および個人の入力行動分析 ~
塩野目剛亮東北文化学園大)・若月大輔白石優旗筑波技大)・張 建偉岩手大)・森嶋厚行筑波大)・平賀瑠美筑波技大WIT2017-12
聴覚障害者の情報保障を行なうために,音声を文字に変換して表示する文字通訳字幕が活用されている.近年では,PCを用いた2人... [more] WIT2017-12
pp.57-62
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 職場うつ予防のための組織シミュレータに関する一考察(第3報) ~ 人数条件とメッセージ受発信特性条件の影響について ~
塩野目剛亮TBGU
筆者らは,近年社会問題となっている職場うつ予防のため,人間関係の変動を可視化する組織シミュレータの開発,およびメッセージ... [more]
EA, ASJ-H
(共催)
2016-08-09
15:25
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス [招待講演]故城戸健一先生のご業績 ~ 音声分野を中心に ~
牧野正三東北文化学園大EA2016-24
電子情報通信学会フェロー,日本音響学会名誉員の故城戸健一先生の御業績のうち,音声分野を中心に紹介する. 城戸先生は音声分... [more] EA2016-24
pp.25-30
EMD 2014-05-16
15:25
宮城 石巻専修大学 片持ち梁を利用した接触現象測定装置の開発
佐々木俊介久保田啓義石田広幸高木 相東北文化学園大EMD2014-6
電気接点の性質を高い精度で測定する装置として長さ1mの垂直片持ち梁を利用した精密な接点電極の位置制御が可能な装置を開発し... [more] EMD2014-6
pp.29-34
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
13:10
東京 玉川大学 運動後の視覚フィードバック処理に関与する脳活動
柴田 寛東北文化学園大)・神田光栄竹島康博坂井信之東北大NC2013-121
 [more] NC2013-121
pp.189-192
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2013-10-25
10:45
宮城 東北大 青葉山キャンパス 微速度開離接点(鉄)で見られる非線形V-I特性とESDのビデオ観察
久保田啓義佐々木俊介石田広幸高木 相東北文化学園大EMCJ2013-79 MW2013-119 EST2013-71
 [more] EMCJ2013-79 MW2013-119 EST2013-71
pp.113-118
EMD 2012-05-25
14:45
宮城 東北文化学園大 Pdコンタクト加熱時の集中抵抗の測定
石田広幸・○久保田啓義東北文化学園大EMD2012-4
 [more] EMD2012-4
pp.19-22
PRMU, SP, WIT
(共催)
2010-10-08
10:00
千葉 幕張メッセ(CEATEC会場) 監視マイクロホンのための多段GMMを用いた異常音検出手法
伊藤彰則相場亮人東北大)・伊藤 仁東北工大)・牧野正三東北文化学園大PRMU2010-88 SP2010-44 WIT2010-32
筆者らは,マイクロホンで観測した環境音中から異常な音を自動検出する手法として,複数のGMMを併用することで出現頻度の少な... [more] PRMU2010-88 SP2010-44 WIT2010-32
pp.1-6
SP 2010-03-05
16:00
東京 芝浦工大(豊洲キャンパス) 感音性難聴者の周波数・時間分解能測定方法に関する一検討 ~ F&T-testを用いた分解能劣化度合の測定について ~
伊藤元邦パナソニック)・高卓 輝東北文化学園大)・高木良明野口栄治片山 崇パナソニックSP2009-166
難聴者に対する適切な補聴処理のためには,聴覚特性の劣化をより多角的に評価する必要がある.本研究では,周波数並びに時間分解... [more] SP2009-166
pp.105-109
EMD 2009-11-19
09:50
東京 日本工業大学 神田キャンパス Experimental Result on Reducing the Resistance Due To Temperature Rise in Pd Contacts
Hiroyuki IshidaShunsuke SasakiTohoku Bunka Gakuen Univ.EMD2009-71
We should study on the phenomenon reducing the contact resis... [more] EMD2009-71
pp.9-12
IN, NS, CS
(併催)
2009-09-11
13:25
宮城 東北大学 公開鍵分散管理を目的としたオーバーレイネットワーク適応型構成法の設計
中山誠也東北大)・武田敦志東北文化学園大/東北大)・北形 元チャクラボルティ デバシシュ白鳥則郎東北大IN2009-56
ユビキタス情報環境においては,様々な計算機端末が個人情報などのプライベートな情報を送受信することが予測されるため,公開鍵... [more] IN2009-56
pp.99-104
EMD 2009-07-17
13:55
北海道 千歳アルカディア・プラザ Pdコンタクトの接触電圧の上昇に関する検討
石田広幸佐々木俊介鈴木祥介谷口正成東北文化学園大EMD2009-22
接触現象はコンタクト表面の凹凸に関係する。原田氏らは、表面粗さと接触抵抗の関係を実験的・理論的に明らかにした。著者らは、... [more] EMD2009-22
pp.7-12
EMD 2008-11-15
09:40
宮城 東北文化学園大学(仙台) "3-D Graphic Image of Vibration Analysis of Printed Circuit Board by Using Holography
Hiromichi KubotaMasanari TaniguchiShosuke SuzukiTasuku TakagiTbohoku Bunka Gakuen Univ.EMD2008-67
 [more] EMD2008-67
pp.9-12
EMD 2008-10-17
15:25
東京 東京都八王子労政会館 第24回電気接点に関する国際会議ICEC2008(フランス)概要報告
吉田 清日本工大)・高木 相元東北大)・井上 浩秋田大)・玉井輝雄三重大)・澤 孝一郎慶大)・渡辺克忠工学院大)・谷口正成東北文化学園大)・若月 昇石巻専修大)・長谷川 誠千歳科技大)・服部康弘オートネットワーク技研)・小林達郎沖センサデバイスEMD2008-64
平成19年(2008)6月9日(月)から12(木)まで、フランスのサンマロにおいて第24回電気接点国際会議(略称ICEC... [more] EMD2008-64
pp.25-30
CS, IN, NS
(併催)
2008-09-12
13:20
宮城 東北大学 A Flexible Model and System Design of Access Control based on Social Relationships
George Serban RadescuGen KitagataTohoku Univ.)・Atsushi TakedaTohoku Bunka Gakuen Univ.)・Kazuo HashimotoNorio ShiratoriTohoku Univ.IN2008-60
 [more] IN2008-60
pp.99-104
LQE, CPM, EMD, OPE
(共催)
2008-08-29
16:20
宮城 東北大学 サーモグラフィとホログラフィによる電流通電時のPCB用コネクタの熱ストレス評価
久保田啓義谷口正成石田広幸鈴木祥介高木 相東北文化学園大EMD2008-59 CPM2008-74 OPE2008-89 LQE2008-58
 [more] EMD2008-59 CPM2008-74 OPE2008-89 LQE2008-58
pp.145-150
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会