お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ヴァーチャルリアリティと現実社会における信頼・利他行動・関係流動性
李 楊名大)・山田順子立正大)・水口陽太オックス・ブルックス大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, CCS
(併催)
2022-08-05
13:50
北海道 北海道大学 百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ネットワーク理論を用いた日中産業連関分析
小林 幹王 在喆宮川幸三立正大CCS2022-40
本研究は、ネットワーク理論を用いて、日中産業連関分析を行なったものである。これは、日本の関産業連関表と中国の産業連関表を... [more] CCS2022-40
pp.72-73
AI, JSAI-SAI, JSAI-KBS, JSAI-DOCMAS, IPSJ-ICS
(併催)
2022-03-12
10:45
北海道 WSSIT2022
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
コロナ禍における向社会的行動の規定因:2時点パネル調査による分析
山本仁志立正大)・鈴木貴久津田塾大)・小川祐樹立命館大)・梅谷凌平筑波大AI2021-32
COVID-19の脅威は世界的な課題であり、感染の拡大を防ぐためにはワクチンや治療薬の開発だけでなく、人々の行動変容を促... [more] AI2021-32
pp.37-42
HCS 2019-02-01
15:40
新潟 新潟日報メディアシップ 人物と商品からなる広告画像に対する単純接触効果 ~ 注意の役割 ~
井上和哉筑波大)・八木善彦立正大HCS2018-52
単純接触効果の先行研究では、魅力的なモデルと商品からなる広告を反復提示した際に、(1)何も教示をしない場合はモデルに単純... [more] HCS2018-52
pp.31-32
NLP, CCS
(共催)
2018-06-10
10:20
京都 京都テルサ カオス力学系のネットワーク構造
小林 幹立正大)・斉木吉隆一橋大NLP2018-41 CCS2018-14
 [more] NLP2018-41 CCS2018-14
pp.75-78
CCS 2018-03-27
09:30
東京 東京理科大学 森戸記念館 時間遅れフィードバック法を用いた決定論的拡散制御
小林 幹立正大CCS2017-37
 [more] CCS2017-37
pp.27-32
NLP 2016-07-21
13:55
北海道 北海道大学 百年記念会館 時間遅れフィードバックによる確率的拡散の制御
安東弘泰筑波大)・小林 幹立正大NLP2016-34
本研究では,決定論的なカオスダイナミクスを周期解へ制御することがて&#1... [more] NLP2016-34
pp.7-8
HIP 2015-07-19
13:30
福岡 九州産業大学 パーソナルスペースのモノへの転移
有賀敦紀立正大HIP2015-63
人間には他者にこれ以上近づかれると何となく落ち着かない距離がある(パーソナルスペース:PS)。このPSは個人の身体を取り... [more] HIP2015-63
pp.109-112
LOIS 2014-03-07
14:50
沖縄 石垣市健康福祉センター 「場」の効果のモデル化
諏訪博彦電通大)・山本仁志立正大)・庵原 悠岡村製作所LOIS2013-63
我々は,参加者の問題解決やイノベーションのリソースを結びつけることを可能とする「場」のライフサイクルモデルを構築する.ま... [more] LOIS2013-63
pp.53-58
HCS 2013-11-09
16:40
大阪 大阪大学(豊中) パンチすると嫌いになる ~ 身体運動と人物の好意評価との関係 ~
山田陽平奈良教大/産総研)・八木善彦立正大)・永井聖剛産総研HCS2013-67
身体の状態や動作は種々の認知情報処理に影響を与える。本研究は,“なぐる”という身体動作が人物の顔の好ましさに影響するかど... [more] HCS2013-67
pp.97-99
AI 2009-09-25
11:20
京都 京大百周年時計台記念館 ネットワーク分析によるSNSの成長判別
和泉 潔産総研)・橋本康弘東大)・鳥海不二夫名大)・山本仁志立正大)・諏訪博彦電通大)・岡田 勇創価大AI2009-11
So-net SNS(β版)において,アクティブに稼動するSNSの中からのべ約1,200個のSNSを抽出し,決定木分析を... [more] AI2009-11
pp.13-18
MVE 2008-06-03
10:00
東京 東京大学 山上会館 2大学間のバーチャル空間共有による双方向型遠隔授業の試み
大倉典子芝浦工大)・櫻井広幸立正大)・青砥哲朗芝浦工大MVE2008-15
 [more] MVE2008-15
pp.79-84
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会