お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI 2022-07-08
14:40
北海道 小樽商工会議所・小樽経済センターホール(4階)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]Automatic Cell Tracking in 4D Arabidopsis Root Microscopic Images Using Genetic Algorithm
Yu SongYutaro IwamotoRitsumeikan Univ.)・Tatsuaki GohNAIST)・Yohei KondoExCELLS)・Keiji NakajimaNAIST)・Yen-wei ChenRitsumeikan Univ.MI2022-34
 [more] MI2022-34
pp.10-15
HIP 2020-09-14
15:20
ONLINE オンライン開催 (Zoom) [招待講演]コミュニケーションの神経基盤の検討:二者同時記録MRI装置を用いて
小池耕彦自然科学研究機構HIP2020-28
 [more] HIP2020-28
pp.25-30
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター 核融合実験装置LHDの大容量データを用いた多地点高速転送実験
山中顕次郎総研大/NII)・中西秀哉自然科学研究機構)・小関隆久徳永晋介石井康友量研機構)・阿部俊二漆谷重雄総研大/NII)・山本孝志江本雅彦自然科学研究機構NS2018-233
先端科学技術分野では,国際協力で巨大な実験・観測装置を作り,得られたビックデータを各国で分析することが多い.ビックデータ... [more] NS2018-233
pp.237-242
HIP 2018-08-02
15:20
東京 東京女子大学 成人顔への知覚狭小とその神経基盤
小林 恵愛知県心身障害者コロニー)・Viola Macchi Cassiaミラノ・ビコッカ大)・金沢 創日本女子大)・山口真美中大)・柿木隆介自然科学研究機構HIP2018-46
 [more] HIP2018-46
pp.35-38
MBE, NC
(併催)
2018-03-14
13:35
東京 機械振興会館 サッケード発生パターンに基づくなぞり運動中の手と眼球の協調制御の解析
中村晋之介豊橋技科大)・宍戸恵美子名大/自然科学研究機構)・福村直博豊橋技科大NC2017-93
ヒトが線などを正確に描くには視覚情報が重要であるが,腕運動に反映されるには遅れがあるため,事前計画によるフィードフォワー... [more] NC2017-93
pp.151-156
NS, IN
(併催)
2018-03-01
10:50
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート LHD大容量データの遠隔レプリケーション ~ MMCFTPとパイプライン化レプリケーションによる145TBデータの4Gbps移送 ~
山中顕次郎総研大/NII)・中西秀哉自然科学研究機構)・小関隆久量研機構)・阿部俊二漆谷重雄総研大/NII)・山本孝志江本雅彦中島徳嘉自然科学研究機構NS2017-180
先端科学技術分野で国際共有される大容量データは,多数の小さなファイルで構成されることが多い.小さなファイルのままファイル... [more] NS2017-180
pp.73-78
OME, IEE-DEI
(連催)
2017-01-18
14:30
愛知 アイランドホテル浦島(日間賀島) [招待講演]有機半導体のpn制御を有機太陽電池への応用
平本昌宏分子科学研
有機半導体へのドーピングによるpn 制御、イオン化率増感、ppm ドーピング効果、ドーピング有機単結晶のホール効果測定、... [more] OME2016-67
pp.1-6
MBE, NC
(併催)
2016-12-07
14:45
愛知 豊橋技術科学大学 曲線をなぞる運動におけるサッケード位置の解析
中村晋之介豊橋技科大)・尾崎紀夫名大)・定藤規弘井本敬二自然科学研究機構)・宍戸恵美子名大/自然科学研究機構)・福村直博豊橋技科大NC2016-43
ヒトが線を正確になぞるためには,視覚と手先位置の情報を協調させて腕を制御すると考えられる.本研究では,この協調制御を調べ... [more] NC2016-43
pp.19-24
HIP 2015-07-19
10:40
福岡 九州産業大学 顔と声による情動判断における文化差を生み出す神経基盤
高木幸子東京女子大)・原田宗子自然科学研究機構)・定藤規弘自然科学研究機構/総研大)・Huis In 't Veld ElisabethUvT)・de Gelder BeatriceUM)・濱野友希総研大)・田部井賢一三重大)・田中章浩東京女子大HIP2015-58
 [more] HIP2015-58
pp.83-88
QIT
(第二種研究会)
2015-05-25
13:20
大阪 大阪大学 [ポスター講演]フェムト秒光パルスを用いたダイヤモンド光学フォノンのコヒーレント励起と時間発展計測
大矢数馬鶴田哲也魚住真一則松 桂北島正弘萱沼洋輔東工大/JST)・鹿野 豊東工大/分子科学研/チャップマン大)・中村一隆東工大/JST
 [more]
SCE 2015-04-22
15:10
東京 機械振興会館地下3階2号室 サブミリ波超伝導イメージセンサーの開発
関本裕太郎国立天文台SCE2015-7
 [more] SCE2015-7
pp.35-41
NC, MBE
(共催)
2015-03-17
11:15
東京 玉川大学 書道家が線を描く時の目と腕の協調運動の特徴抽出
山崎拳志郎豊橋技科大)・伊藤竜樹伊藤嘉邦岡崎俊太郎定藤規弘自然科学研究機構)・尾崎紀夫名大)・井本敬二自然科学研究機構)・宍戸恵美子名大/自然科学研究機構)・福村直博豊橋技科大MBE2014-172 NC2014-123
本研究では,被験者に目標となる軌跡を提示し,それをなぞる運動を行ってもらい,眼球運動と腕運動の同時計測を行った.被験者を... [more] MBE2014-172 NC2014-123
pp.313-318
EST, OPE, LQE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2015-01-30
09:25
大阪 大阪大学 豊中キャンパスΣホール マルチスケールシミュレーションによる経頭蓋直流電気刺激の安全性に関する検討
杉山侑紀也ラークソ イルッカ平田晃正名工大)・田中悟志浜松医科大)・小山総市朗自然科学研究機構)・定藤規弘総研大PN2014-53 OPE2014-178 LQE2014-165 EST2014-107 MWP2014-75
 [more] PN2014-53 OPE2014-178 LQE2014-165 EST2014-107 MWP2014-75
pp.159-162
MBE, NC
(併催)
2014-12-13
09:20
愛知 名古屋大学 線の描画時の視線計測に基づくアイ・ハンド・コーディネーションの解析
山崎拳志郎豊橋技科大)・伊藤竜樹伊藤嘉邦岡崎俊太郎定藤規弘自然科学研究機構)・尾崎紀夫名大)・井本敬二自然科学研究機構)・宍戸恵美子名大/自然科学研究機構)・福村直博豊橋技科大NC2014-45
本研究では,被験者に目標となる軌跡を提示し,それをなぞる運動を行ってもらい,眼球運動と腕運動の同時計測を行った.被験者を... [more] NC2014-45
pp.7-12
IA 2014-10-07
14:05
大阪 グランフロント大阪 タワーB 10F 天文学において必要とされているグローバルな広帯域ネットワーク基盤について ~ 広帯域通信を必要とする天文学の今と将来 ~
大江将史国立天文台IA2014-27
本発表では,天文学における国内外での広帯域通信の今・将来の重要性について,観測装置や将来計画,そして,広帯域アプリケーシ... [more] IA2014-27
pp.19-23
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2014-05-30
10:20
沖縄 沖縄産業支援センター 音素配列の統計的遷移規則に基づく音韻学習モデル
郡司 雅工学院大)・郷田直一自然科学研究機構)・蒲池みゆき工学院大HCS2014-30 HIP2014-30
生後約8ヶ月の幼児は言語を学習する際に音素や単語の並びなどの統計的規則性を利用しているとされている.しかし,言語獲得の過... [more] HCS2014-30 HIP2014-30
pp.221-224
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
10:40
東京 玉川大学 海馬歯状回顆粒細胞における樹状突起周辺の入力統合
上條中庸早川博章玉川大)・福島康弘川崎医療福祉大)・窪田芳之自然科学研究機構)・礒村宜和塚田 稔相原 威玉川大NC2013-87
海馬歯状回顆粒細胞の樹状突起は錐体細胞の特性とは異なることが報告されている.例えば、錐体細胞で起こるような樹状突起スパイ... [more] NC2013-87
pp.1-4
TL 2013-12-14
16:10
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 日本人英語学習者のL2文産出処理の自動化に伴う神経基盤の変化 ~ fMRI実験による検討 ~
中川恵理横川博一神戸大)・小池耕彦牧田 快島田浩二定藤規弘自然科学研究機構TL2013-57
 [more] TL2013-57
pp.59-64
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-12
09:45
福岡 福岡工業大学 視聴覚メディア間の同期判断に関わる脳活動の検討 ~ Functional MRIを用いた脳活動によるQoEの評価に向けて ~
伊奈嵩紘田中悟志石橋 豊名工大)・荒牧 勇中京大)・定籐規弘自然科学研究機構)・岩田 彰名工大CQ2012-89
本研究では,ヒトの脳活動を非侵襲的に画像化できる機能的磁気共鳴画像法(functional MRI)を用い,視聴覚メディ... [more] CQ2012-89
pp.31-35
EMCJ, ITE-BCT
(連催)
2013-03-08
11:45
東京 機械振興会館 一般の木造家屋におけるPLC漏洩電界強度計測実験
中城智之福井工大)・大石雅寿国立天文台)・土屋史紀東北大)・立澤加一岡保利佳子国立天文台EMCJ2012-129
電力線を用いてネットワークに接続可能な技術である屋内広帯域電力線搬送通信(以下,PLC) の漏洩電界の問題が指摘されて久... [more] EMCJ2012-129
pp.37-42
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会