お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 478件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ 2023-01-27
10:30
岡山 WASHU BLUE RESORT 風籠かさご メタサーフェス電波吸収体の広帯域化に関する一検討
宮井大雅八木谷 聡中村匠汰金沢大)・藤野新九郎谷本真一竜田明浩パナソニックコネクト)・井町智彦尾崎光紀金沢大
 [more]
EMCJ 2023-01-27
10:50
岡山 WASHU BLUE RESORT 風籠かさご 電磁ノイズ可視化に向けたスタック型メタサーフェス電波吸収体の開発
竜田明浩谷本真一藤野新九郎菊池文孝パナソニック コネクト)・宮井大雅中村匠汰八木谷 聡金沢大
 [more]
MSS, SS
(共催)
2023-01-10
11:00
大阪 大阪市立生涯学習センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[パネル討論]システム数理と応用研究会の活動の振り返りと今後の展望 ~ 歴代委員長からのメッセージ ~
尾崎敦夫阪工大)・平石邦彦北陸先端大)・中村祐一NEC)・山根 智金沢大)・名嘉村盛和琉球大)・髙井重昌阪大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HIP 2022-12-22
15:15
宮城 電気通信研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アファンタジアの出現率とイメージ特性に関する調査
髙橋純一福島大)・齋藤五大東北大)・大村一史山形大)・安永大地金沢大)・杉村伸一郎広島大)・坂本修一東北大)・堀川友慈NTT)・行場次朗尚絅学院大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HIP 2022-12-23
13:30
宮城 電気通信研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
声と内容の感情表出が不一致な刺激における感情認知 ~ 優位なモダリティはどちらか ~
菊谷まり子金沢大)・池本真知子同志社大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ET 2022-12-10
13:00
石川 JAIST 金沢サテライト + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]XR技術を活用した教育DXの構築
東 昭孝西山宣昭金沢大ET2022-48
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] ET2022-48
pp.48-51
ED 2022-12-09
13:45
愛知 12/8 名大、12/9 ウインク愛知(会場は、「詳細はこちら」を参照ください) [招待講演]長辺振動水晶振動子(LER)を用いた顕微ナノメカニクス計測法の開発 ~ 原子間結合強度の測定 ~
大島義文チョウ カキ北陸先端大)・新井豊子金沢大)・富取正彦北陸先端大ED2022-65
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] ED2022-65
pp.47-50
NLP 2022-11-24
16:15
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
AI-Feynmanよりサポートされた遺伝的プログラミングの提案
金谷宗一郎高野冬真砂田 哲新山友暁金沢大NLP2022-66
我々は数値データの入出力関係を表現する方程式を発見する手法として,AI-Feynmanによりサポート された遺伝的プログ... [more] NLP2022-66
p.42
NLP 2022-11-24
16:40
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光微小共振器を用いたリザバー計算回路
荒井航平山口智也新山友暁砂田 哲金沢大NLP2022-67
脳の神経回路の機能を模倣したニューラルネットワーク (NN) は電子を使って演算処理を行うが,光を情報伝達の媒体とする光... [more] NLP2022-67
pp.43-48
NLP 2022-11-24
17:05
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
深層学習とレーザースペックルを組み合わせた触覚センシングに関する研究
提橋昂洋北川 慧新山友暁砂田 哲金沢大NLP2022-68
ロボット工学において,触覚センシングはロボットを人間のように柔軟に操作するために必要不可欠である.ロボットがより複雑なタ... [more] NLP2022-68
pp.49-54
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2022-11-24
14:55
愛知 名古屋工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
深層学習を用いたMRI肝線維化ステージ判定システムの一検討
西村優作今村幸祐小林 聡金沢大CS2022-54 IE2022-42
 [more] CS2022-54 IE2022-42
pp.33-38
EA, EMM, ASJ-H
(共催)
2022-11-21
14:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]新生児のための伝音難聴診断装置の開発
村越道生金沢大
 [more] EA2022-52 EMM2022-52
pp.59-61
EA, EMM, ASJ-H
(共催)
2022-11-22
10:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]骨導提示音声の了解度改善のための子音強調処理の改良
王 思成上江洲安史北陸先端大)・鳥谷輝樹金沢大学)・鵜木祐史北陸先端大
 [more] EA2022-59 EMM2022-59
pp.93-98
TL 2022-10-01
14:10
ONLINE オンライン開催 【パネル討論】観察から創造力,共感力を育む
下郡啓夫函館高専)・清田哲男岡山大)・有賀三夏金沢大TL2022-12
 [more] TL2022-12
pp.5-6
TL 2022-10-01
14:40
ONLINE オンライン開催 美術による論理思考の育成方法の開発と実践
森本 彩四高)・有賀三夏金沢大)・下郡啓夫函館高専TL2022-13
 [more] TL2022-13
pp.7-8
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2022-05-19
13:00
ONLINE オンライン開催 Transportation Problem on a Graph
Tetsuo AsanoKanazawa Univ.COMP2022-1
 [more] COMP2022-1
pp.1-8
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2022-05-19
13:35
ONLINE オンライン開催 Transportation Problem Allowing Sending and Bringing Back
Tetsuo AsanoKanazawa Univ.COMP2022-2
 [more] COMP2022-2
pp.9-16
SIP, BioX, IE, MI
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2022-05-20
11:30
熊本 熊本大学工学部黒髪キャンパス南地区
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Implementation of a Lightweight Automatic Speech Recognition System at the Edge
Haotian TanJunichi AkitaKanazawa Univ.
 [more]
NLC 2022-03-07
10:15
ONLINE オンライン開催 中国・韓国・台湾からの観光者割合と日本の好印象度
大薮多可志日本海国際交流センター)・南保英孝金沢大)・中村淳子金沢星稜大女子短大部)・沢田史子北陸学院大短大部)・劉 愛君大連工大)・木村春彦公立小松大NLC2021-28
日本の国内総生産の伸び率は先進7か国の中で最も小さい.その要因として,多くの資源が都市部に集中していることが挙げられる.... [more] NLC2021-28
pp.1-6
MBE, NC
(併催)
2022-03-02
09:55
ONLINE オンライン開催 Stability of muscle synergy patterns for sit-to-stand motions under different conditions
Julian IlhamYuichi NakamuraKazuaki KondoKyoto Univ.)・Takahide ItoRiken/Kyoto Univ.)・Qi AnKyushu Univ.)・Junichi AkitaKanazawa Univ.)・Masashi TodaKumamoto UnivMBE2021-88
 [more] MBE2021-88
pp.5-8
 478件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会