お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ED 2022-12-09
14:35
愛知 12/8 名大,12/9 ウインク愛知(会場は「詳細はこちら」を参照ください) 3D数値シミュレーションによるヘリックス型TWTのアッテネータの最適設計
中島研二GSST/NECスペーステクノロジー/NECネットワーク・センサ)・蔦木邦夫電研)・根尾陽一郎三村秀典電研/GSSTED2022-66
近年の通信容量や通信速度の高度化に伴い,通信システムの最終段増幅器として用いられる進行波管(TWT)には,高出力・高効率... [more] ED2022-66
pp.51-54
ED 2021-12-09
14:20
ONLINE オンライン開催 3D数値シミュレーションによるTWT用ピルボックス窓および電子銃の最適設計
中島研二静岡大/NECスペーステクノロジー/NECネットワーク・センサ)・小杉直史NECネットワーク・センサ)・蔦木邦夫電研)・三村秀典電研/静岡大ED2021-44
従来,TWTの最適設計はTWT動作理論に基づいた軸対称2Dシミュレーションによって行われていた.近年,計算機の高速化に伴... [more] ED2021-44
pp.32-37
NC, NLP
(併催)
2021-01-21
12:05
ONLINE オンライン開催 大気変数を用いた降水量推定の検討
伊藤隆徳尼崎太樹石田 桂木山真人飯田全広熊本大NC2020-34
本論文では,ConvLSTMを使用したSR用モデルを作成し,降水量データの高解像度化を行った.
関連研究のSRCNNを... [more]
NC2020-34
pp.13-17
CS, CAS
(共催)
2020-02-27
12:10
熊本 崇城大学 最大積からの逐次減法に基づく直列乗算器とその負数演算手法
永田将大岡山県立大)・近藤真史川崎医療福祉大)・池田大地山陽電研)・茅野 功川崎医療福祉大)・横川智教佐藤洋一郎岡山県立大CAS2019-105 CS2019-105
近年,高齢化社会の進展に伴ってデジタル補聴器が普及しているが,その電池寿命は数日程度に留まって いる.この問題に対して著... [more] CAS2019-105 CS2019-105
pp.43-48
MBE, NC
(併催)
2017-03-13
10:50
東京 機械振興会館 コンクリートひび割れ箇所検出に向けた打音機構の打撃力解析
吉田裕貴九工大)・奥村克博古賀文隆山田圭一田中雅敏福岡県工技センター機電研)・和田秀樹新日本非破壊)・我妻広明九工大/理研/産総研NC2016-80
ひび割れ等のコンクリート異常検出には打音解析が有効である.移動ロボット等に装着し自動検出を実現するためには,軽量かつ省ス... [more] NC2016-80
pp.97-102
MBE 2007-05-25
13:45
富山 富山大学工学部 筋疲労状態の推移を評価するグラフィカルユーザインタフェースの開発
市島洋輔木竜 徹新潟大MBE2007-9
本研究では,スクワット運動とマシン負荷を用いた屈曲伸展運動を計測対象とし,この2種類の運動中の表面筋電図を計測した.表面... [more] MBE2007-9
pp.33-36
MBE 2007-05-25
14:50
富山 富山大学工学部 ウエアラブルユニットによる運動中の生体機能のオンサイト評価
渡邉大輔木竜 徹新潟大MBE2007-11
近年,健康志向の高まりにより様々な健康増進機器の開発がされている.それに伴い,生体信号の計測機能と健康増進機器の負荷やア... [more] MBE2007-11
pp.41-44
MBE 2007-05-25
15:15
富山 富山大学工学部 自己組織化マップを用いた評価によるアシスト比可変自転車の生体機能への効果
大滝将司木竜 徹新潟大MBE2007-12
現在のアシスト付き自転車はトルクや車両速度といった車両情報のみによる制御であり,生体情報を考慮していない.そこで,本研究... [more] MBE2007-12
pp.45-48
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会