お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2022-11-10
09:20
千葉 千葉大学 (西千葉キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
導電性塗料を塗布した樹脂製縮小モデルのレーダ散乱断面積測定
渡邉卓磨FSI)・赤嶺賢彦東工大SANE2022-50
レーダ散乱断面積(Radar Cross-Section: RCS)はレーダ目標の散乱を特徴づける指標であり,近年は民生... [more] SANE2022-50
pp.1-6
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-29
09:25
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Foldy-Lax方程式に基づく多重散乱を考慮したレーダ画像の模擬
渡邉卓磨FSISANE2022-31
レーダ信号処理のシミュレーションにおいては,目標間の相互作用である多重散乱を無視した,いわゆるBorn近似や単一散乱近似... [more] SANE2022-31
pp.49-54
AP 2022-03-11
09:55
ONLINE オンライン開催 空間サンプリングが不等間隔な合成開口レーダの画像再構成
渡邉卓磨FSI)・山田寛喜新潟大AP2021-194
近年における車載レーダの普及に代表されるように、レーダによるセンシング技術は我々の身近な分野においても活用が進んでいる。... [more] AP2021-194
pp.67-72
SANE 2022-01-19
10:35
東京 電子航法研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
三次元合成開口レーダ画像に基づく散乱断面積の測定実験
渡邉卓磨FSI)・山田寛喜新潟大SANE2021-90
電気長の大きな目標に対するレーダ断面積(Radar Cross-Section)を,遠方界距離を確保したうえで直接的に測... [more] SANE2021-90
pp.43-48
SANE 2022-01-19
12:05
東京 電子航法研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
任意曲線軌道を用いる合成開口レーダに基づくマルチスケール散乱断面積計測
渡邉卓磨FSI)・山田寛喜新潟大SANE2021-93
レーダ断面積(Radar Cross-Section: RCS)はターゲットの散乱特性の把握に重要であるが,RCSは遠方... [more] SANE2021-93
pp.60-65
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
16:00
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
広域スキャンとダークネット観測に基づくIoTマルウェア感染状況の分析
森下 瞬小川航汰横浜国大)・原 悟史横浜国大/富士ソフト)・田辺瑠偉吉岡克成松本 勉横浜国大ICSS2019-81
Miraiに代表されるIoTマルウェアによるTelnetを狙った攻撃が続く一方,Telnetサービスが動作している機器は... [more] ICSS2019-81
pp.79-84
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-15
10:15
東京 内田洋行東京本社ショールーム 学校教育に求められる著作権教育に関する研究
芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・我妻潤子臼井洋子シュヴァン)・大谷卓史吉備国際大)・小野永貴日大)・鈴木二正慶應幼稚舎)・高瀬浩之和名ケ谷中)・塚本初恵ICT情報工房)・豊福晋平国際大)・中駄康博富士ソフト)・西尾琢郎桜台小)・森棟隆一白百合中高)・三輪吉和学習開発研)・工藤紗貴子文理)・渡辺光輝お茶の水女子大附属中ISEC2017-28 SITE2017-20 ICSS2017-27 EMM2017-31
昨今の著作権を巡る状況は激変している。時代に適した法やライセンシング体制等の整備は急務の課題である。初中等教育においても... [more] ISEC2017-28 SITE2017-20 ICSS2017-27 EMM2017-31
pp.205-210
SANE 2017-05-22
14:05
東京 機械振興会館 人工知能と電子戦
梶原好生富士通システム統合研SANE2017-9
2012年ころからニューラルネットワークを使って画像から学習するディープラーニング(深層学習)の成果が発表され始め、再び... [more] SANE2017-9
p.43
OME, IEE-DEI
(連催)
2016-07-15
10:45
石川 金沢大学 (7/14),しいのき迎賓館 (7/15) フラーレンを基盤とするn型半導体材料開発
辛川 誠金沢大)・永井隆文足立健二ダイキン工業)・家 裕隆安蘇芳雄阪大OME2016-31
 [more] OME2016-31
pp.41-45
OME 2016-01-08
16:10
熊本 熊本市民会館 [招待講演]常温で導電性を出す金属スズ微粒子
米澤 徹白井宏明グエン マイ タン北大OME2015-83
 [more] OME2015-83
pp.13-14
AP
(第二種研究会)
2015-12-18
11:30
沖縄 宮古島マリンターミナル RCS測定における測定点数削減に関する基礎検討
大見峻太郎宇野 亨有馬卓司東京農工大)・藤井孝郎富士通システム統合研
 [more]
AP, SANE
(併催)
2015-08-28
13:10
茨城 茨城大学 水戸キャンパス FMMに基づく近傍界・遠方界変換を用いた1次元RCS測定法における精度検討
大見峻太郎宇野 亨有馬卓司東京農工大)・藤井孝郎富士通システム統合研AP2015-73
Fast Multipole Method (FMM) に基づく近傍界・遠方界変換は,送受アンテナの指向性の考慮,ターゲ... [more] AP2015-73
pp.71-75
AP
(第二種研究会)
2015-05-29
14:25
東京 NICT小金井本部 2次元FMMに基づく近傍界・遠方界変換を用いたレーダ反射断面積測定
大見峻太郎宇野 亨有馬卓司東京農工大)・藤井孝郎富士通システム統合研
 [more]
AP
(第二種研究会)
2014-06-27
11:50
茨城 産総研(つくば市) FMMに基づいた近傍界・遠方界変換を用いた平面走査による散乱断面積の測定
大見峻太郎宇野 亨有馬卓司東京農工大)・藤井孝郎富士通システム統合研
近年,大型散乱体に対し,遠方界特性を精度良く測定する手法について広く研究されている.構造が大きくなると,その遠方界を測定... [more]
AP
(第二種研究会)
2014-05-15
- 2014-05-16
石川 金沢歌劇座 Measurement of Antenna Radiation Pattern by Near-Field Far-Field Transformation Technique Based on the FMM
Shuntaro OhmiToru UnoTakuji ArimaTUAT)・Takao FujiiFSI
 [more]
SANE 2011-08-24
14:20
新潟 新潟大学駅南キャンパス パルス密度変調ドップラレーダの検討
三好壮人富士通システム統合研SANE2011-58
大型レーダの運用における消費電力は増加の一途を辿り,冷却系を含むアンテナシステムは巨大化していることから,省電力化技術が... [more] SANE2011-58
pp.15-20
SANE 2011-05-20
15:00
神奈川 防衛大学校 L帯GaN送受信モジュールの高出力化に関する研究
入江寿憲林 寛貴清水貴之佐藤玲司防衛省)・藤井孝郎富士通システム統合研)・赤瀬川章彦重松寿生天辰松次森脇正生富士通SANE2011-13
 [more] SANE2011-13
pp.19-23
MVE, CQ, MoNA
(併催)
2006-01-27
09:45
大分 別府温泉(リゾーピア別府:一泊二食付でナイトセッションを予定) 力覚ディスプレイにおける遅延が力知覚に与える影響の心理物理学的測定 ~ 弾性の弁別閾に遅延が与える影響 ~
大西 仁メディア教育開発センター/総研大)・望月 要帝京大
 [more] CQ2005-88
pp.51-54
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会