お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2022-03-03
15:30
ONLINE オンライン開催 深層学習を用いた睡眠ステージ判定のための脳波信号スタイル変換
大宮直樹筑波大)・堀江和正CCS)・北川博之IIISNC2021-66
睡眠の臨床では,生体信号から睡眠ステージ(レム睡眠等)を判定する検査がよく行われる.
本検査の労力を削減すべく,自動的... [more]
NC2021-66
pp.106-111
MWP 2021-11-26
17:25
ONLINE オンライン開催 直角座標系2次元直交多重による60GHz帯空間2多重光ファイバ無線
戸村 崇広川二郎東工大)・Muhsin AliGuillermo CarpinteroUC3MMWP2021-36
本稿では60GHz帯導波管スロットアレーアンテナを用い直角座標系2次元直交多重通信(ROM: Rectangular-c... [more] MWP2021-36
pp.32-36
TL 2017-07-22
- 2017-07-23
東京 国立国語研究所 What reaction times and think aloud protocols can tell us about formulaic sequences -- Issues of mental representation and depth of knowledge --
Hang ZhengUniv. of Iiilinois
Formulaic sequences (FSs) are prefabricated word bundles tha... [more]
IA 2015-11-12
15:40
千葉 成田ビューホテル Automatic Conformance and Interoperability Tests for Software-Defined Networking
Yi-Lin XieCheng-Mou ChiangNTUST)・Yi-Wei MaSMU)・Yung-Chiao ChenNTU)・Jiann-Liang ChenNTUST)・Wen-Chien HungIIIIA2015-51
As Google introduced the Software-Defined Networking (SDN) i... [more] IA2015-51
pp.77-80
HIP, HCS, MVE, WIT
(共催)
(第二種研究会)
2009-12-10
- 2009-12-12
北海道 札幌コンベンションセンター 大学博物館の映像制作プロジェクト ~ 映像でつながるヒトとヒト、ヒトとモノ ~
小俣友輝北大)・グーフェン ピーター-マーティン ウィットビンMIIIE)・松田純佳北大
北海道大学構内には、市民などが気軽に足を運べる博物館がある。少子化等により大学からの効果的な情報発信が重要となる時代、博... [more]
EA 2007-12-07
13:20
東京 NHK放送技術研究所 母音発話MRIデータに基づく声道模型の音響特性
北村達也甲南大)・竹本浩典ATR/NICT)・本多清志ATR/Univ. of Paris IIIEA2007-89
ATR 母音発話MRI データから抽出した声道の音響特性を明らかにするために,このMRI データから日本語5 母音の声道... [more] EA2007-89
pp.19-24
MI 2007-07-11
10:30
東京 Siemens Forum MRIによる歯列計測法 ~ 熱可塑性エラストマー製マウスピースを用いて ~
北村達也甲南大)・平田宏之ATR)・本多清志ATR/LPP)・藤本一郎島田育廣正木信夫ATR-Promotions)・西川員史福井孝太郎高西淳夫早大MI2007-28
熱可塑性エラストマーを成形してマウスピースを作り,これを用いて磁気共鳴
画像法(MRI)により歯列形状を計測する手法を... [more]
MI2007-28
pp.7-10
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会