お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 790件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2022-12-15
15:20
長崎 長崎ブリックホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ALOS-2衛星搭載LバンドSARによる人工埋設物観測の初期結果
植松明久西堀俊幸JAXASANE2022-69
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] SANE2022-69
pp.39-44
SANE 2022-12-16
15:05
長崎 長崎ブリックホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ドップラLIDARへのSi-PM検出器の適用研究
青沼祐介東海大)・水野貴秀JAXA)・田中 真東海大SANE2022-85
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] SANE2022-85
pp.110-115
AP
(第二種研究会)
2022-12-08
11:00
沖縄 沖縄県名護市21世紀の森公園(名護市中央公民館)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
NTNプラットフォーム搭載 100 GHz帯フィーダリンク用アンテナサブシステムの研究開発
岡田 望西堀俊幸木村公洋グェン タットトルンJAXA
 [more]
WPT
(第二種研究会)
2022-12-05
- 2022-12-06
京都 京都大学(宇治キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Nobel experiment plan of wireless power transmission using small satellite. -- A satellite rectenna radio --
Yoshiyuki FujinoYuta NakajimaToyo Univ.)・Koji TanakaISAS/JAXA
A satellite-to-ground space solar power transmission demonst... [more]
SANE 2022-11-10
15:40
千葉 千葉大学 (西千葉キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イベントカメラを用いたスパイキングニューラルネットワークの宇宙機着陸における地形照合航法への適用
東 雄大東大)・福田盛介JAXASANE2022-60
近年、月探査機には、月の特定箇所を調査するために、決められた場所に着陸することが求められている。探査機が自らの位置を推定... [more] SANE2022-60
pp.55-60
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2022-10-13
16:25
秋田 秋田大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CNTを用いた電磁波吸収および遮蔽材料の平板電磁界モデル化に関する一検討
車田英次室賀 翔田中元志秋田大)・上野智永柳 伶旺名大)・日髙貴志夫山形大)・伊藤 彰パナソニック)・嶋田修平粟野穰太川崎 治JAXAEMCJ2022-48 MW2022-94 EST2022-58
カーボンナノチューブを用いた超軽量材料の電磁波吸収・遮蔽機構の明確化を目的に,材料の単純な等価電磁界モデル化を試みた。電... [more] EMCJ2022-48 MW2022-94 EST2022-58
pp.68-71
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
09:50
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イリジウム衛星を用いた南極上空スーパープレッシャー気球の測位誤差の実験評価
加保貴奈鈴木貴登湘南工科大)・斎藤芳隆JAXA)・冨川喜弘国立極地研SAT2022-28
 [more] SAT2022-28
pp.1-6
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
14:45
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]NTNを見据えた衛星搭載機器の研究開発動向
谷 重紀早馬道也江島二葉石原秀樹田中裕之三菱電機)・粟野穰太谷島正信JAXASAT2022-33 RCS2022-108
従来の衛星通信は比較的閉じられたネットワークであったが,NTNの標準化に伴い多種多様なユースケースが検討されはじめている... [more] SAT2022-33 RCS2022-108
pp.25-29(SAT), pp.61-65(RCS)
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
14:45
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]光衛星間通信システム(LUCAS)の初期運用状況について
佐藤洋平星 慎太郎板橋孝昌高野 裕JAXA)・小竹秀明阿部侑真高橋靖宏大倉拓也布施哲治豊嶋守生NICT)・山川史郎JAXASAT2022-40 RCS2022-127
 [more] SAT2022-40 RCS2022-127
pp.61-64(SAT), pp.168-171(RCS)
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
15:20
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光データ中継衛星搭載“LUCAS”を用いた地上-衛星間光通信の初期実験結果
小竹秀明阿部侑真高橋靖宏大倉拓也布施哲治NICT)・佐藤洋平板橋孝昌山川史郎JAXA)・辻 宏之豊嶋守生NICTSAT2022-41
情報通信研究機構(NICT)と宇宙航空研究開発機構(JAXA) は,光フィーダリンクの実⽤化に向けて,地上-衛星間光通信... [more] SAT2022-41
pp.65-70
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
15:45
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光データ中継衛星搭載“LUCAS”を用いた大気揺らぎパラメータの初期解析結果
阿部侑真小竹秀明斉藤嘉彦Kolev Dimitar高橋靖宏大倉拓也布施哲治NICT)・佐藤洋平板橋孝昌山川史郎JAXA)・辻 宏之豊嶋守生NICTSAT2022-42
 [more] SAT2022-42
pp.71-75
SANE 2022-08-18
16:55
北海道 室蘭市生涯学習センター きらん
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
NTNプラットフォームに搭載する100GHz帯フィーダリンク用アンテナサブシステムの研究開発
西堀俊幸岡田 望木村公洋JAXASANE2022-41
 [more] SANE2022-41
pp.44-49
SANE 2022-08-18
17:45
北海道 室蘭市生涯学習センター きらん
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
宇宙‐地上間光通信の光地上局構築と着実な技術獲得 ~ 宇宙光直接通信技術 ~
向井達也橋本洋輔水田栄一荒木智宏JAXA)・高山佳久東海大SANE2022-43
従来の電波技術に加え、宇宙機関は大容量データを宇宙から地上へ伝送するため、より高速化を実現する光技術の採用を計画している... [more] SANE2022-43
pp.56-61
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-27
10:50
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別講演]MADOCAを用いたPPPの紹介と利用に向けた検討
山田英輝小暮 聡JAXASAT2022-17
宇宙航空研究開発機構(JAXA)では,準天頂衛星による測位技術の利活用拡大や我が国の測位システムの高度化を目的として,精... [more] SAT2022-17
pp.1-6
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-29
14:30
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
次世代光データ中継衛星システムに適した通信路符号化手法の検討
岡本英二山下裕真名工大)・佐藤洋平中台光洋板橋孝昌山川史郎JAXASAT2022-27
衛星通信の高速化は継続的に求められており,その一つとして地球観測衛星搭載センサの高性能化などによるユーザ衛星から地上局へ... [more] SAT2022-27
pp.57-62
MWPTHz 2022-06-03
13:55
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]テラヘルツ波を用いた月面の広域な水エネルギー資源探査
笠井康子NICT)・宮本英昭東大)・西堀俊幸JAXA)・本多哲也SpaceBD)・前澤裕之阪公立大)・永島 隆アクセルスペース
 [more]
EE, IEE-HCA
(連催)
2022-05-27
13:00
ONLINE オンライン開催 [特別講演]宇宙用プラズマ推進の電源の研究開発
松永芳樹JAXA)・高橋 徹高橋電機製作所)・梶原一宏黒川不二雄長崎総合科学大)・艸分宏昌JAXAEE2022-3
本論文では, 人工衛星の推進器として急速に普及しつつあるホールスラスタと呼ばれる宇宙用プラズマ推進器の電源について, 人... [more] EE2022-3
pp.12-17
RCC, WBS, SAT, MICT
(共催)
2022-05-26
13:50
ONLINE オンライン開催 イリジウム衛星ショートバースト通信を用いた南極上空の通信実験
加保貴奈湘南工科大)・斎藤芳隆JAXA)・冨川喜弘NIPRWBS2022-8 RCC2022-8 SAT2022-8 MICT2022-8
南極昭和基地に設置したPANSYレーダーとスーパープレッシャー気球を用いて南極上空の大気の波動(大気重力波)を測定する実... [more] WBS2022-8 RCC2022-8 SAT2022-8 MICT2022-8
pp.34-39
MSS, NLP
(共催)
2022-03-29
14:55
ONLINE オンライン開催 Little-JILを用いた宇宙機システム運用シナリオのモデル検証
染谷一徳JAXA)・平石邦彦北陸先端大MSS2021-78 NLP2021-149
X線天文衛星「ひとみ」の異常事象のように、運用シナリオに不備がある場合、衛星損失につながる可能性がある。そこで、Mode... [more] MSS2021-78 NLP2021-149
pp.121-126
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2022-03-10
09:00
ONLINE オンライン開催 Deep Cascade Road Extraction Network: a Multi-task Method for Road Extraction
Yubo WangWaseda Univ.)・Zhao WangYuusuke NakanoKen NishimatsuNTT)・Katsuya HasegawaJAXA)・Jun OhyaWaseda Univ.PRMU2021-60
In this work, we present an end-to-end cascade neural networ... [more] PRMU2021-60
pp.1-6
 790件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会