お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 279件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ 2022-05-20
15:50
京都 キャンパスプラザ京都
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]車載ネットワーク関連のEMC規格と評価法の動向
和田修己京大)・王 建青矢野佑典名工大)・松嶋 徹九工大)・石田武志ノイズ研EMCJ2022-13
自動車の電動化や自動運転に向けたADAS の進展により、車載ネットワークに対する信頼性要求が高まり、通信規格と関連するE... [more] EMCJ2022-13
pp.27-32
MW 2022-05-19
16:20
京都 京都大学 宇治キャンパス木質ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]非相反右手/左手系複合メタマテリアル線路の周波数分散設計
上田哲也京都工繊大MW2022-15
 [more] MW2022-15
pp.3-7
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2021-11-25
14:40
ONLINE オンライン開催 TCP輻輳制御アルゴリズムにおける成功優先DCFの性能評価
宮崎亮太梅原大祐京都工繊大CS2021-65 IE2021-24
近年,携帯電話やIoT (Internet of Things)機器などの無線通信機器 (Station, STA)が広... [more] CS2021-65 IE2021-24
pp.31-34
RISING
(第三種研究会)
2021-11-17
11:00
東京 東京都内+EventIn
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
D2D通信におけるCOREの性能評価
出原佑弥梅原大祐京都工繊大
D2D (Device-to-Device)通信は基地局を介さずに端末間で直接通信を行う技術であり,エネルギー効率や通信... [more]
RISING
(第三種研究会)
2021-11-17
11:00
東京 東京都内+EventIn
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
成功優先DCFを用いたPerformance Anomalyの改善
小柳直也梅原大祐京都工繊大
近年、PCやスマートフォンなどの無線LANを内蔵する電子機器が増加している. 無線 LAN を内蔵した電子機器の増加に伴... [more]
RISING
(第三種研究会)
2021-11-17
11:00
東京 東京都内+EventIn
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
屋内Wi-Fi位置推定のためのインパルス応答推定アルゴリズムの評価
松浦充裕梅原大祐京都工繊大
近年Wi-Fiを用いた屋内位置推定の研究が盛んである.本報告では,一台の複数アンテナを有するアクセスポイント(Acces... [more]
EMT, IEE-EMT
(連催)
2021-11-04
11:15
ONLINE オンライン開催 非磁性素子を用いた非相反右手/左手系複合線路
安田秀史上田哲也京都工繊大)・小寺敏郎明星大EMT2021-40
本稿では,非磁性素子を用いた非相反右手/左手系複合(CRLH)線路を提案する.CRLH 線路を構成 する基板には,磁気回... [more] EMT2021-40
pp.62-66
MW, AP
(併催)
2021-09-09
15:25
ONLINE オンライン開催 [チュートリアル講演]電磁メタマテリアル共振器とアンテナ応用
上田哲也京都工繊大AP2021-59
電磁メタマテリアルとして,右手/左手系複合(CRLH)伝送線路からなる共振器とアンテナへの応用について解説する.まず,ゼ... [more] AP2021-59
pp.14-17
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-10
15:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]成功優先DCFの性能解析モデリング
梅原大祐吉川大和京都工繊大CS2021-50
Wi-Fiのメディアアクセス制御(Medium Access Control, MAC)プロトコルとして,ランダムアクセ... [more] CS2021-50
pp.44-46
EMCJ 2021-05-14
15:00
ONLINE オンライン開催 較正系と試験系の違いによるTWCの妨害波注入特性の変化
矢野佑典名工大)・遠藤光太和田修己京大EMCJ2021-8
 [more] EMCJ2021-8
pp.7-11
MSS, SS
(共催)
2021-01-26
15:05
ONLINE オンライン開催 テキスト分類による不具合予測システムの実装と企業環境での評価
水野 修黒田翔太京都工繊大)・石原一宏バルテス)・山下大輔バルテス・モバイルテクノロジーMSS2020-32 SS2020-17
ソフトウェア開発工程において,不具合(バグ)を早期に発見できれば,修正の労力を少なく抑えることができる.そのため,バグ予... [more] MSS2020-32 SS2020-17
pp.19-24
MSS, SS
(共催)
2021-01-26
15:30
ONLINE オンライン開催 オープンソースソフトウェアにおける議論間隔の調査
近藤将成京都工繊大)・斎藤 忍飯村結香子NTT)・崔 恩瀞水野 修京都工繊大MSS2020-33 SS2020-18
IT人材が不足する中で効率的にソフトウェア開発を進めるために,クラウドソーシングやインナーソーシ ングを利用す... [more] MSS2020-33 SS2020-18
pp.25-30
RCS 2020-10-22
09:30
ONLINE オンライン開催 6Gへの機械学習・数理最適化応用に向けた共有データセット構想
丸田一輝東工大)・井田悠太山口大)・侯 亜飛岡山大)・牟田 修九大)・岡田 啓名大)・西村寿彦北大)・岡本英二名工大)・眞田幸俊慶大)・村田英一京大)・田野 哲岡山大RCS2020-92
無線通信システムにおける諸課題に対して機械学習や数理最適化を適用する研究においてはトレーニングに用いるデータセットが重要... [more] RCS2020-92
pp.1-6
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]半導体ナノ構造作製プロセスにおける畳み込みニューラルネットワークの活用
田上智基北村恭子京都工繊大)・吉田昌宏末永幸平石崎賢司野田 進京大
フォトニック結晶レーザーは, 半導体ナノ構造(フォトニック結晶)を用いた面発光型半導体レーザーであり, 大面積・高出力化... [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-27
13:55
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [依頼講演]成功優先ランダムアクセスプロトコル
梅原大祐京都工繊大
無線ネットワーク用の自律分散型ランダムアクセスプロトコルに成功優先のコンセプトを導入する.成功優先の機能とは,データフレ... [more]
CS 2019-10-31
11:05
鹿児島 霧島ホテル 成功優先非持続型CSMAにおけるコンテンションウィンドウ分散制御方式
梅原大祐京都工繊大CS2019-65
成功優先権を有する非持続型CSMA (NP-CSMA)において,チャネルビジーを検出もしくはフレーム衝突を検出したときに... [more] CS2019-65
pp.15-20
RCS 2019-10-25
14:10
神奈川 横須賀リサーチパーク (YRP) [依頼講演]分散共同MIMO受信のためのデジタルRoHR
梅原大祐京都工繊大RCS2019-198
本稿では,無線周波数資源を効果的に活用するため,高周波数帯で空間分割多重信号をデジタル転送することで空間信号分離を実現す... [more] RCS2019-198
pp.109-114
CS 2019-07-04
14:20
鹿児島 奄美市福祉協議会 奄美市社会福祉センター [招待講演]非持続型CSMAにおける成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズムの解析と設計
梅原大祐京都工繊大CS2019-36
本稿では,非持続型CSMA (Non-persistent Carrier-Sense Multiple Access)... [more] CS2019-36
pp.101-106
CAS, CS
(共催)
2019-03-09
13:35
神奈川 湘南工科大学 非持続型CSMAにおける成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズム
梅原大祐京都工繊大CAS2018-152 CS2018-120
バッテリー駆動の無線センサによる広域大規模データ収集において,無線通信デバイスのエネルギー効率を高めるためには持続型キャ... [more] CAS2018-152 CS2018-120
pp.75-79
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-07
13:45
広島 サテライトキャンパスひろしま 遅延を抑えたスタック構造によるSOIプロセス向け耐ソフトエラーFFの提案および実測評価
榎原光則山田晃大古田 潤小林和淑京都工繊大VLD2018-69 DC2018-55
 [more] VLD2018-69 DC2018-55
pp.203-208
 279件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会