お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 199件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2022-11-24
14:55
福岡 福岡大学文系センター棟 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
B5G高信頼仮想化環境の構築
木全 崇寺田健次郎原井洋明NICT)・小原泰弘桑原世輝上田耕佑NTT Com)・森 優輝秋山秋生中村一彦永野秀尚児島史秀NICT
 [more]
IA 2022-11-21
14:30
新潟 万代市民会館(新潟県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アプリケーション単位のSR-TEシステムのプロトタイプの実装と影響の調査
斎藤龍之介吉田晴信石原真太郎秋山豊和小林和真京都産大)・三島 航NTT Com
 [more]
IA 2022-11-21
14:55
新潟 万代市民会館(新潟県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SR-TEにおけるSFC要件を考慮したPer-Flow Steering実施手法の検討
吉田晴信斎藤龍之介石原真太郎秋山豊和小林和真京都産大)・三島 航NTT Com
 [more]
IA 2022-10-14
15:55
東京 東京大学 小柴ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ShowNet 2022におけるSRv6 Single Stack Backboneの設計と構築
中村 遼東大)・鎌田徹平シスコシステムズ)・清水一貴ジュニパーネットワークス)・廣瀬真人NTTコミュニケーションズ)・渡邊貴之ジュニパーネットワークス)・遠峰隆史NICT
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS, IN, CS, NV
(併催)
2022-09-01
13:25
岩手 マリオス(盛岡地域交流センター)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
BotネットC&Cサーバアーキテクチャを持つ分散型トラフィック発生器によるソフトウェアルータの負荷試験
波多浩昭福井高専)・小原泰弘NTTコミュニケーションズIN2022-28
 [more] IN2022-28
pp.7-12
ICM 2022-07-07
13:50
北海道 とかちプラザ 2F視聴覚室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
対戦型ゲームに対する通信品質の影響に関する検証結果
吉田正之NTTコミュニケーションズ)・渋川浩史ザ・ウェーブ)・○佐藤陽一オープンシステムズラボラトリICM2022-12
ゲーム産業の世界的な発展に伴い eスポーツと呼ばれる対戦ゲームの競技が活発化している。ネットワークを介した対戦ゲームにお... [more] ICM2022-12
pp.11-14
ICM 2022-07-08
11:20
北海道 とかちプラザ 2F視聴覚室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機器設定ファイルからのトポロジモデル抽出による机上検査を含めたネットワーク設計支援システム
田島照久NTTコミュニケーションズ)・川口永一郎滝口敏行BIGLOBE)・萩原 学TIS)・新里康晃OOLICM2022-20
ネットワーク (NW) を意図通りに運用するためには各レイヤ間の設計で整合性を取るだけでなく, 障害時などトポロジが変化... [more] ICM2022-20
pp.54-59
ICM 2022-03-03
11:20
ONLINE オンライン開催 [招待講演]コロナ禍におけるリモートワーク環境に適したデザイン思考とDevOpsを取り入れた新たな開発プロセスの実践
鈴木秀典西江将男NTTコミュニケーションズICM2021-46
我々は通信事業者として保有する高品質・高信頼な広域通信インフラを活用し、イベント模様をリアルタイムに伝える映像伝送サービ... [more] ICM2021-46
pp.23-28
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-ME, ITE-MMS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-21
11:30
ONLINE オンライン開催 グループ行動認識モデルへの時間情報埋め込みに関する考察
熊倉湧太田川憲男都立大)・田良島周平NTTコミュニケーションズ
グループ行動認識の既存研究では,人物の外見や行動を時空間的に関連付ける様々なモデルが提案されているが,それらの学習,推論... [more]
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-ME, ITE-MMS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-22
17:15
ONLINE オンライン開催 複数カメラ複数人物追跡におけるトラックレット外観特徴抽出方法に関する検討
斎藤友博都立大)・田良島周平NTTコミュニケーションズ)・田川憲男都立大
 [more]
PRMU 2021-12-16
15:25
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]プラントシミュレータを用いた時系列因果探索手法の評価
小山和輝藤原大悟切通恵介大川内智海泉谷知範NTTコミュニケーションズ)・浅原啓輔清水昌平滋賀大PRMU2021-34
工場・プラントではセンサなどの時系列データで構成されるプロセスデータの利用が広がっているが,運転の改善のためには,新たな... [more] PRMU2021-34
pp.57-60
PRMU 2021-10-08
13:30
ONLINE オンライン開催 事業会社における研究開発のライフサイクル
切通恵介NTTコミュニケーションズ
 [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
11:20
ONLINE オンライン開催 対戦型ゲームに対する通信品質の影響に関する一検討
吉田正之NTTコミュニケーションズ)・渋川浩史ザ・ウェーブ)・佐藤陽一オープンシステムズラボラトリICM2020-28
ゲーム産業の世界的な発展に伴いeスポーツと呼ばれる対戦ゲームの競技が活発化している。対戦ゲームにおいてネットワークの品質... [more] ICM2020-28
pp.44-48
NS 2020-04-17
11:35
ONLINE オンライン開催 5G xHaul共用に向けたONF TAPIを用いたスライス実装と評価
馬場宏基平井志久東條琢也中村孝幸福田亜紀瀬戸三郎安川正祥NTT)・田中宏茂NTTコミュニケーションズ)・山崎太樹山崎里仁安部則孝OOLNS2020-8
5G無線アクセスネットワーク(RAN)でCentralized Unit (CU),Distributed Unit (... [more] NS2020-8
pp.63-68
NS, IN
(併催)
2020-03-06
10:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
[技術展示]5Gに向けたエッジコンピューティングのユースケース ~ FPGA及びOpenVINOによる学習モデルを用いた高速画像解析デモ ~
角田佳史沖縄オープンラボラトリ)・加島伸悟NTTコミュニケーションズNS2019-210 IN2019-101
 [more] NS2019-210 IN2019-101
p.187(NS), p.147(IN)
ICM 2020-03-02
11:25
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
[招待講演]大規模国際イベントを支える映像伝送サービスの運用監視システム
鈴木秀典平原千里西江将男NTTコミュニケーションズICM2019-46
大規模かつ重要な国際イベントでは、その模様をリアルタイムに伝える映像伝送サービスが欠かせない。リアルタイムな映像伝送では... [more] ICM2019-46
pp.25-30
ICM 2020-03-03
10:40
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
大規模クラウドサービス故障復旧における ゼロタッチオペレーションシステムの拡張方式の提案
宮崎友貴NTTコム エンジニアリング)・辻 明香里沼田晋作NTTコミュニケーションズ)・小山和邦NTTコム エンジニアリング)・澤田昌克NTTコミュニケーションズICM2019-52
 [more] ICM2019-52
pp.61-66
AP 2020-02-21
13:25
静岡 静岡大学 浜松キャンパス [依頼講演]時速280km超の高速移動環境における4.6GHz帯及び28GHz帯ドップラースペクトル特性
久野伸晃山田 渉淺井裕介鷹取泰司NTT)・猪又 稔須山 聡NTTドコモ)・中川一郎一瀬正則NTTコミュニケーションズAP2019-192
第5世代移動通信システム(5G)の実現に向け,日本では2017年度より総務省主導のもと様々な利活用分野の関係者が参加し「... [more] AP2019-192
pp.63-68
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [依頼講演]自動構築スクリプトを用いた構成管理情報による障害原因自動特定・復旧機能の実装と評価
沼田晋作橋本昭二柏 大NTTコミュニケーションズ
情報システムの運用では、システムに発生する障害に対応するために、運用手順書やRCA(RouteCauseAnalysis... [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-22
15:20
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 大規模クラウドサービス故障復旧におけるゼロタッチオペレーションシステムの開発と評価
辻 明香里NTTコミュニケーションズ)・宮崎友貴NTTコム エンジニアリング)・沼田晋作NTTコミュニケーションズ)・小山和邦NTTコム エンジニアリング)・澤田昌克NTTコミュニケーションズICM2019-28
近年様々な業界でクラウドサービスの活用が進み,クラウドサービス提供事業者間での競争も激化している中で,クラウドサービス提... [more] ICM2019-28
pp.39-44
 199件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会