お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2021-11-30
14:50
ONLINE オンライン開催 フォールト発見数モデルに基づいた安全関連系ソフトウェアの安全度解析
井上真二関西大)・藤原隆次SRATECH Lab.)・山田 茂鳥取大R2021-38
電気・電子・プログラマブル電子(E/E/PE)安全関連系は,機能的側面からシステム全体の安全性を確保するような機能安全を... [more] R2021-38
pp.24-29
R 2020-11-30
13:25
ONLINE オンライン開催 E/E/PE安全関連系ソフトウェアに対する安全度評価に関する一考察
井上真二関西大)・藤原隆次SRATECH Lab. Inc.)・山田 茂鳥取大R2020-24
 [more] R2020-24
pp.7-12
SID-JC
(共催)
ITE-IDY, EID
(連催) [詳細]
2020-10-16
13:05
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]新駆動方式と反射キャビティプロセスを用いた3.9inch LTPS TFTフルカラーマイクロLEDディスプレイ
仲光 翔玉置昌哉青木勝美横山良一伊藤弘晃今泉邦雄山之口勝己西出雅彦Fanny Rahadian松田誠司京セラ)・Erwin LangLutz HoeppelOSRAM
 [more]
R 2019-11-28
16:00
大阪 中央電気倶楽部 機能安全規格準拠のソフトウェア開発の現状と問題点
藤原隆次SRATECH Lab)・井上真二関西大R2019-48
機能安全規格を適用したソフトウェア開発において,安全要求に対する実装の正確性,有効性,妥当性等を確証するために実施要求の... [more] R2019-48
pp.29-34
QIT
(第二種研究会)
2019-11-18
17:00
東京 学習院大学 Ghost imaging for quantum communication applications
Adam VallesChiba Univ.)・Nicholas BornmanWits Univ.)・Jonathan LeachHeriot-Watt Univ.)・Andrew ForbesWits Univ.
 [more]
R 2018-05-25
15:55
愛知 愛知工業大学 本山キャンパス Bootstrap信頼性評価法の車載ソフトウェアへの適用
佐野圭太アイシン精機)・藤原隆次SRATECH Lab)・木村光宏法政大R2018-5
車載ソフトウェアは,製品の特性上高い信頼性が求められるが,進む大規模化および複雑化により限られたコストの中での信頼性の確... [more] R2018-5
pp.25-30
ET 2015-01-31
13:25
東京 目白大学 視線行動を用いた対話型学習環境における学習者習熟度 ~ 対話型環境の構築と対話分解能 ~
坪倉篤志日本文理大/九工大)・松原伸人SRA)・林 敏浩香川大)・西野和典九工大ET2014-78
対話型学習環境における学習者の視線行動や操作行動を用いた学習者支援に取り組んでいる.対話型学習環境では,学習者が習熟する... [more] ET2014-78
pp.33-38
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 ミュージアムにおける展示物への自発的注目を促すための鑑賞補助ツール
亀ヶ森理史川嶋稔夫木村健一公立はこだて未来大)・中小路久美代京大)・山本恭裕東大
博物館において,展示解釈のための支援が必要とされている.多くの支援では展示物に関する内容を,文字や画像を組み合わせること... [more]
ET 2014-01-11
10:05
東京 目白大学 制作課題における評価者視点の学習のための相互評価システムの研究 ~ 評価計測と分析結果 ~
坪倉篤志日本文理大)・松原伸人SRA)・足立 元日本文理大)・林 敏浩香川大)・西野和典九工大ET2013-72
提出課題を通した相互評価から評価者視点の学習を目的としたシステム(evPoints)の構築に取り組んでいる.本システムは... [more] ET2013-72
pp.25-30
SP, IPSJ-SLP
(連催)
2013-12-20
13:15
東京 筑波大学文京キャンパス [招待講演]A Unified Trajectory Tiling Approach to High Quality Speech Rendering
Yao QianFrank K.SoongMSRASP2013-91
In human-machine speech communication, it is challenging to ... [more] SP2013-91
pp.109-114
R 2013-05-17
10:15
広島 グリーンヒルホテル尾道 2チームによる2段階ソフトウェアテストに基づくテストスキルレベルと信頼性の評価法に関する考察
秦 直道木村光宏法政大)・藤原隆次SRATECH Lab)・井上智貴法政大R2013-1
 [more] R2013-1
pp.1-5
PRMU 2012-10-05
11:10
千葉 幕張メッセ [特別講演]キャラクタアニメーションの制作およびインタラクションのためのインタフェース
白鳥貴亮Microsoft Research AsiaPRMU2012-65
 [more] PRMU2012-65
pp.75-78
AI 2011-11-21
14:30
福岡 九州大学 伊都キャンパス Pcard: 多様な情報端末やサービスを跨いだ個人毎の情報流通支援フレームワーク
小田朋宏中小路久美代SRAAI2011-24
 [more] AI2011-24
pp.43-48
R 2011-11-18
13:00
大阪 中央電気倶楽部(大阪市) 2つのテストチームによる2段階ソフトウェアテストに関する考察
木村光宏法政大)・藤原隆次SRATECH Lab.R2011-33
本研究では,通常ではあまり行われない形式のソフトウェアテストを実際に行った経験から,当該ソフトウェアの信頼性,ここではテ... [more] R2011-33
pp.1-5
ICM, LOIS
(共催)
2011-01-20
13:00
長崎 長崎歴史文化博物館 Pics 'n' Trails: an Open Multimedia Dataset for Lifelog Research
Chaminda de SilvaKiyoharu AizawaUniv. of Tokyo)・Yuki AraseXing XieMicrosoft Research AsiaICM2010-33 LOIS2010-44
 [more] ICM2010-33 LOIS2010-44
pp.1-5
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2011-01-17
15:05
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス プログラム併合によるコンパイラのリグレッションテストの高速化
森本和志石浦菜岐佐関西学院大)・内山裕貴ケイ・オプティコム)・引地信之SRAVLD2010-94 CPSY2010-49 RECONF2010-63
本稿では,テストスイート中のテストプログラムの併合により,コンパイラのリグレッションテストを高速化する手法を提案する.コ... [more] VLD2010-94 CPSY2010-49 RECONF2010-63
pp.63-67
IA 2010-12-17
10:00
東京 機械振興会館 地下 3 階 研修室 1 無線センサネットワークにおける送信電力制御用送受信結合型ファジー論理システム
ハイダ アーメド アブドゥルモーシンターキ ユーニス アブダラバスラ大)・山田茂樹NIIIA2010-58
Wireless Sensor Networks (WSNs) are promising and used in di... [more] IA2010-58
pp.1-6
PRMU, HIP
(共催)
2010-03-16
14:25
鹿児島 鹿児島大 視点位置に依存して変形する三次元メッシュモデルを利用した自由視点画像生成における違和感の低減
伊吹拓也奈良先端大)・佐藤智和奈良先端大/MSR IJARC Fellow)・松下康之マイクロソフトリサーチアジア)・横矢直和奈良先端大PRMU2009-307 HIP2009-192
本報告では,近年盛んに研究されている実写画像に基づく自由視点画像生成において,合成画像上に生じる違和感を低減する手法を提... [more] PRMU2009-307 HIP2009-192
pp.437-442
COMP 2010-01-25
10:55
福岡 九州大学西新プラザ 距離等分の存在
今井桂子中大)・○河村彰星トロント大)・徳山 豪東北大)・イルジ マトウシェクカレル大)・ダニエル レエムイスラエル工科大COMP2009-41
距離空間内の空でない二集合P,Qから等距離にある点の全体をP,Q間の距離二等分という.列C_1,…,C_{k-1}であっ... [more] COMP2009-41
pp.17-22
ET 2007-12-15
11:40
福岡 九州大学 マルチメディアに対応した発表会・展覧会を行うWebシステムの構築 ~ システム構築とアンケート評価 ~
坪倉篤志日本文理大)・松原伸人SRA先端科学技研ET2007-60
演習を伴う授業では、学習した知識や技能への知識を深める為に、演習課題を課す場合がある. 例えば,CG制作や,調査等である... [more] ET2007-60
pp.31-36
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会