お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ED 2022-04-21
10:10
ONLINE オンライン開催 Structural optimization of new-type perovskite solar cells
Teng MaMasaki KawanoDaisuke TadakiTohoku Univ.)・Michio NiwanoTohoku Fukushi Univ.)・Ayumi Hirano-IwataTohoku Univ.ED2022-3
 [more] ED2022-3
pp.9-11
ED 2022-04-21
10:40
ONLINE オンライン開催 有機強誘電体膜を用いた圧力マッピングセンサの作製
但木大介松本晋太朗山宮 慎馬 騰東北大)・今井裕司仙台高専)・平野愛弓東北大)・庭野道夫東北福祉大ED2022-4
 [more] ED2022-4
pp.12-14
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
17:15
ONLINE オンライン開催 異種の輻輳制御機構間の公平性の改善を目的としたCUBIC TCPの解析モデルの提案
内海哲史福島大)・長谷川 剛東北大NS2020-109
現在、インターネットにおいて、もっともシェアの高いTCP輻輳制御機構は、パケットロスに基づく手法のCUBIC TCPであ... [more] NS2020-109
pp.119-124
IA, IN
(併催)
2020-12-15
09:25
ONLINE オンライン開催 高スループット及び低遅延を実現するためのBBRの送信レート算出アルゴリズムの提案
内海哲史福島大)・長谷川 剛東北大IN2020-37
Google社によって開発されたBBRは、ボトルネックリンクにおけるバッファリング遅延がなく、かつ、帯域利用率が100%... [more] IN2020-37
pp.25-30
AP 2020-03-27
14:55
福井 福井高専
(開催中止,技報発行あり)
[口頭発表]電磁結合による無線電力伝送用アンテナと整流回路の試作
廣居桜子県立福島高校)・加藤 駿佐藤シャチ陳 強東北大
 [more]
CPM 2020-02-29
11:15
東京 東京工科大片研BF1プレゼン室
(開催中止,技報発行あり)
有機強誘電体膜を用いた二次元圧力マッピングセンサの作製
松本晋太朗但木大介山宮 慎馬 騰東北大)・今井裕司仙台高専)・平野愛弓東北大)・庭野道夫東北福祉大CPM2019-107
圧力の多点計測が可能な圧力マッピングセンサは、人工皮膚等の触覚センサなどへの応用のために開発が進められている。マッピング... [more] CPM2019-107
pp.61-63
CPM 2020-02-29
11:30
東京 東京工科大片研BF1プレゼン室
(開催中止,技報発行あり)
局所陽極酸化による構造の異なる酸化チタンナノチューブ膜の同一基板上への形成
市村鳳規田口登生東京工科大)・阿部宏之宮城県産技総合センター)・馬 騰但木大介東北大)・平野愛弓東北大通研/東北大材料科学高等研)・木村康男東京工科大)・庭野道夫東北福祉大CPM2019-108
 [more] CPM2019-108
pp.65-68
ED 2019-04-18
14:15
宮城 東北大・通研 酸化チタンナノチューブアレイによる有機分子の光触媒分解のその場観察
馬 騰東北大)・木村康男東京工科大)・庭野道夫東北福祉大)・平野愛弓東北大ED2019-4
 [more] ED2019-4
pp.13-15
ED 2019-04-18
15:00
宮城 東北大・通研 金チオール修飾表面を用いたPVDF膜中の分極処理
但木大介山宮 慎馬 騰東北大)・今井裕司仙台高専)・平野愛弓東北大)・庭野道夫東北福祉大ED2019-5
 [more] ED2019-5
pp.17-19
ED 2019-04-18
15:45
宮城 東北大・通研 ナノ・マイクロ加工に基づく人工細胞膜デバイスの創成と薬物副作用センサへの応用
平野愛弓但木大介山浦大地加藤美生小宮麻希東北大)・井上 遥戸澤 譲埼玉大)・馬 騰山本英明東北大)・庭野道夫東北福祉大ED2019-7
膜タンパク質の一種であるイオンチャネルは,創薬における主要な開発ターゲットであると同時に薬物副作用を最も引き起こしやすい... [more] ED2019-7
pp.23-26
AP 2019-03-15
13:15
福島 旅館 湯乃家(福島・飯坂温泉) (口頭発表)近傍磁界結合による無線電力伝送の実験
菊田優奈県立福島高校)・内田和宏小林 頌陳 強東北大
 [more]
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
09:30
東京 電気通信大学 仙骨上皮膚電気刺激による歩行速度と筋電図の変化
細井一輝二見亮弘福島大)・三橋幸聖昭和大)・半田康延東北大MBE2018-104
仙骨上皮膚電気刺激(SES)により歩行速度が上昇することが報告されている.その要因としては,主観的押され感が生じることに... [more] MBE2018-104
pp.93-96
CPM 2019-03-01
11:30
東京 電通大 人工脂質二分子膜系と無細胞合成系の融合に基づくhERGチャネルに対する薬物副作用の定量
横田澪央加藤美生山浦大地常田悠介佐藤まどか但木大介小宮麻希山本英明東北大)・井上遥香戸澤 譲埼玉大)・庭野道夫東北福祉大)・平野愛弓東北大CPM2018-119
我々はイオンチャネルを人工脂質二分子膜に包埋した再構成系に基づく薬物スクリーニング系の開発を目指しており、シリコン(Si... [more] CPM2018-119
pp.75-76
ED 2018-04-19
13:30
山形 山形大学 金属細線を包埋したPVDFフレキシブル圧力センサの作製
但木大介山宮 慎馬 騰東北大)・今井裕司仙台高専)・平野愛弓東北大)・庭野道夫東北福祉大ED2018-1
 [more] ED2018-1
pp.1-3
ED 2018-04-19
16:00
山形 山形大学 Lateral charge transport in perovskite solar cells
Teng MaDaisuke TadakiTohoku Univ.)・Michio NiwanoTohoku Fukushi Univ.)・Ayumi Hirano-IwataTohoku Univ.ED2018-6
 [more] ED2018-6
pp.21-23
ED 2018-04-20
10:10
山形 山形大学 微細加工に基づく人工細胞膜の安定化と薬物副作用センサへの応用
平野愛弓但木大介山浦大地荒田航平大堀 健東北大)・井上遥香埼玉大)・馬 騰山本英明東北大)・戸澤 譲埼玉大)・庭野道夫東北福祉大ED2018-10
 [more] ED2018-10
pp.37-40
ED 2018-04-20
11:25
山形 山形大学 イオンチャネル計測に用いられる脂質二重膜内のマイクロドメインのホスファチジルエタノールアミン濃度依存性
メルヴィン ゴー ウェイ シェン豊橋技科大)・平野愛弓東北大)・庭野道夫東北福祉大)・手老龍吾豊橋技科大ED2018-13
細胞膜は脂質二重膜を基本構造とし,膜内での脂質ドメインは細胞膜を介した物質輸送に関わる要因の1つである.本研究では,支持... [more] ED2018-13
pp.49-52
HIP 2017-12-25
14:15
宮城 東北大学電気通信研究所 視覚障害者における場の雰囲気知覚手がかりに関する考察
大内 誠東北福祉大)・坂本修一東北大HIP2017-83
視覚障害者が,どのような情報に基づいて場の雰囲気を知覚しているのか調査した.その結果,声のトーン,会話の間,声の音程,相... [more] HIP2017-83
pp.9-12
MBE, NC
(併催)
2017-11-24
16:00
宮城 東北大学 モジュール構造型神経回路モデルにおける同期活動のメカニズム
守谷 哲山本英明井手克哉秋間学尚平野愛弓東北大)・庭野道夫東北福祉大)・久保田 繁山形大)・佐藤茂雄東北大NC2017-30
生体脳の構造や機能を模倣した非ノイマン型アーキテクチャに基づくハードウェアの開発が急ピッチで進められている.近年,生物の... [more] NC2017-30
pp.19-23
MBE, NC
(併催)
2016-03-22
14:15
東京 玉川大学 仙骨部表面電気刺激の歩行に対する効果の検討
三橋幸聖昭和大)・津田智博二見亮弘福島大)・関 和則半田康延東北大MBE2015-111
我々は,歩行障害者および健常者に対し,歩行中に仙骨部表面電気刺激(sacral surface electrical s... [more] MBE2015-111
pp.45-50
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会