お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2019-07-28
11:10
兵庫 甲南大学 平生セミナーハウス [招待講演]The Relation between Grammar, Understanding, and Learning
Colin PhillipsUniv. of MarylandTL2019-32
 [more] TL2019-32
p.107
TL 2016-07-24
14:15
東京 早稲田大学西早稲田キャンパス Unconscious translation from Japanese kanji to Chinese hanzi by Chinese-Japanese bilinguals: An ERP investigation
Yunzhu WangYingyi LuoWaseda Univ.)・Shota MommaUMD)・Hiromu SakaiWaseda Univ.TL2016-25
ともに漢字で表記される中国語と日本語とのバイリンガルは中国語と日本語の非同根語を処理する際に,中国語-英語バイリンガルの... [more] TL2016-25
pp.71-76
PRMU, BioX
(共催)
2015-03-20
16:40
神奈川 慶応大学矢上キャンパス 人物の関節の三次元データを用いた動作の予測の検討 ~ リー群での相対位置に基づくSkeltonの特徴とMax-Margin Early Event Detectorsを用いた手法 ~
立松直倫大谷 淳早大)・Larry S. DavisMaryland Univ.BioX2014-77 PRMU2014-197
 [more] BioX2014-77 PRMU2014-197
pp.229-234
TL 2014-08-12
14:45
東京 東京大学 駒場キャンパス 18号館ホール 第二言語話者による即時的な文法処理 ~ Eye-trackingによる検討 ~
鈴木祐一イーティン ファンメリーランド大TL2014-18
本研究は、思春期を過ぎた英語の第二言語習得者が即時的な文処理を行うことができるようになるか検証した。母語の中国語において... [more] TL2014-18
pp.37-42
TL 2014-08-13
17:20
東京 東京大学 駒場キャンパス 18号館ホール The timing of verb selection in English active and passive sentences
Shota MommaRobert SlevcColin PhillipsUniv. of MarylandTL2014-37
The current study reports the results from an extended pictu... [more] TL2014-37
pp.139-143
TL 2014-06-21
16:00
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 第二言語の文法知識の自動化の簡易的な測定方法 ~ WEB版SPOTとACTFL口頭能力測定(OPI)の比較 ~
鈴木祐一メリーランド大TL2014-9
SPOT(Simple Performance-Oriented Test)は,第二言語としての日本語能力を素早く正確に... [more] TL2014-9
pp.49-54
PRMU 2014-03-13
17:15
東京 早稲田大学 移動RGB-Dカメラ画像中からの移動物体の特徴点のクラスタリングの検討 ~ Supervoxelとマルチラベルのグラフカットを用いた手法の提案 ~
立松直倫・○大谷 淳早大)・Larry S. Davisメリーランド大PRMU2013-189
 [more] PRMU2013-189
pp.127-132
IT 2006-05-25
09:25
奈良 奈良県新公会堂 On Rate Control of Wireless Multicasting
Jie LuoAnthony EphremidesUniv. of Maryland
 [more] IT2006-14
pp.7-10
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2006-05-11
14:00
愛媛 愛媛大学 Online FPGA Placement Using I/O Routing Information
Mitsuru Tomono・○Masaki NakanishiShigeru YamashitaNAIST)・Kazuo NakajimaUniv. of Maryland)・Katsumasa WatanabeNAIST
 [more] VLD2006-1
pp.1-6
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会