お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 2493件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-28
13:05
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イジングモデル係数へのノイズ付与によるイジングマシン高精度化手法
吉村友和白井達彦多和田雅師戸川 望早大
 [more]
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-28
13:30
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
外部磁場の調整によるイジングマシンへの初期解擬似導入手法
川上蒼馬早大)・大野乾太郎巴 徳瑪八木哲志寺本純司NTT)・戸川 望早大
 [more]
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-28
13:55
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イジングマシンを繰り返し用いるイテレーティブアニーリング手法と組合せ最適化問題の評価
深田佳佑早大)・パリジ マチュー早大/富士通)・富田憲範富士通)・戸川 望早大
 [more]
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-28
14:20
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
基底状態の破壊を検出可能な係数分割によるイジングモデルのビット幅削減
谷地悠太多和田雅師戸川 望早大
 [more]
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-30
16:40
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
消費電力波形の形状を考慮したIoTデバイス異常動作検知手法のFPGAへの適用
久古幸汰戸川 望早大
 [more]
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2022-11-24
10:30
愛知 名古屋工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
City as a Serviceを支えるデジタルツインを持続可能な状態で自己成長させるエコシステム
金井謙治早大)・山崎 託宮田純子芝浦工大)・金光永煥東京工科大)・峯 荒夢ガイアックス)・森 慎太郎福岡大)・中里秀則早大
 [more]
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2022-11-24
10:55
愛知 名古屋工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
コンテンツドリブンな点群ストリーミングシステムの実装と評価
中条夢佳金井謙治甲藤二郎早大
 [more]
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2022-11-24
11:20
愛知 名古屋工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
屋内におけるLiDAR SLAMおよび3D点群マップを使用した移動体の位置推定と可視化手法の性能評価
二村美彩金井謙治甲藤二郎早大
 [more]
NLP 2022-11-25
14:50
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
カオス応答を示すIzhikevichニューロンの発火率を用いた共通入力の再構成
野村亮太早大)・藤原寛太郎東大)・池口 徹東京理科大
 [more]
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2022-11-24
15:20
愛知 名古屋工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Locating the Fruit to Be Harvested and Estimating their Cut Positions from RGBD Images Acquired by a Camera Moved along a Fixed Path Using a Mask-RCNN Based Method
Wentao ZhaoJun OhyaChanjin SeoTakuya OtaniTaiga TanakaKoki MasayaAtsuo TakanishiWaseda Univ.)・Shuntaro AotakeMasatoshi FunabashiSONY CSL
 [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
14:55
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]Performance Evaluation of Intelligent Reflecting Surface Considering the Effect of Blockage
Shota MurokiShuhei SaitoFumiaki MaeharaWaseda Univ.
 [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
16:05
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]ミリ波通信におけるアンテナ高とユーザ位置情報を用いた基地局選択法に関する一検討
細井 元新田光将齋藤周平菅沼碩文前原文明早大
 [more]
HCS 2022-10-27
10:30
ONLINE オンライン開催 仮想空間内での人型オブジェクトの向きが間隙通過選択に与える影響
牧野遼作早大)・児玉謙太郎都立大)・友野貴之札学院)・渡邉克己早大
 [more]
HCS 2022-10-27
13:50
ONLINE オンライン開催 インタラクションによって発生するアニマシー知覚生成過程のモデル化 ~ 対象の停止時間が人間の認知に与える影響の検討 ~
安達優菜田和辻可昌松居辰則早大
 [more]
HCS 2022-10-27
14:20
ONLINE オンライン開催 気分状態が表情認識に与える影響
ファン チィ早大)・伊藤京子京都橘大/阪大)・越川房子早大
 [more]
OPE, OCS, LQE
(共催)
2022-10-21
09:00
愛媛 松山市民会館 小ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Study on silicon photonic crystal slow-light waveguide in a perturbed kagome lattice structure
Deji LiKiyoto TakahataWaseda Univ.
 [more]
BioX 2022-10-03
16:30
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) PPGセンサに対する反射型偽容積脈波提示攻撃の提案
竹久達也NICT/ニッシン)・丑丸逸人NICT/CDI)・牧田大佑有末 大NICT)・三村聡志NICT/イエラエ)・飯島 涼早大)・伊沢亮一井上大介NICT
 [more]
NC, MBE
(併催)
2022-09-30
11:10
宮城 東北大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
恐怖条件付けにおける消去学習と回復を実現する扁桃体の相互抑制機構を考慮した機能仮説
宮本竜也田和辻可昌早大)・山川 宏東大NC2022-41
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] NC2022-41
pp.38-43
ITS, IEE-ITS, IPSJ-ITS
(連催)
2022-09-16
14:20
東京 ワイム貸会議室 お茶の水 RoomD
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
歩行時の加速度の周期性によるスマートグラス端末姿勢推定手法
佐藤大生戸川 望早大ITS2022-9
スマートグラスは,歩行者ナビゲーションシステムやゲーム,業務支援アプリケーションなど,多様な分野でその適用が期待されてい... [more] ITS2022-9
pp.17-22
AI 2022-09-15
16:05
静岡 アクトシティ浜松
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
時間同期を伴うマルチエージェント搬送問題のための自律的なタスク選択アルゴリズムの提案
山内智貴宮下裕貴菅原俊治早大AI2022-25
本研究ではmulti-agent pickup and delivery(MAPD)の拡張であるMAPD with ti... [more] AI2022-25
pp.42-47
 2493件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会