お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 783件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-24
16:20
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アトミックノルム最小化を用いた相関波の劣決定到来方向推定
尾畑聡一ワンダレ スティーブン市毛弘一横浜国大
 [more]
SCE 2023-01-20
13:20
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]断熱量子磁束パラメトロン回路におけるMajority-Boosterゲートとその応用
小宮 航竹内尚輝山梨裕希吉川信行横浜国大
 [more]
SCE 2023-01-20
13:45
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
断熱量子磁束パラメトロン回路を用いた低電力バイナリニューラルネットの設計
山内智晴傘 昊東京都市大)・吉川信行横浜国大)・陳 オリビア東京都市大
 [more]
AP, WPT
(併催)
2023-01-19
09:50
広島 広島工業大学広島校舎
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
リフレクトアレーによる走査角拡大方法に関する検討
菅谷聡志新井宏之横浜国大
 [more]
AP, WPT
(併催)
2023-01-19
15:20
広島 広島工業大学広島校舎
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
四偏波用二層構造アンテナの設計及び試作
高遠翔大新井宏之横浜国大
 [more]
R 2022-12-15
15:45
ONLINE オンライン開催 IEC/TC 56 総合信頼性(ディペンダビリティ)の動向
川島 興オリエンタルモーター)・佐藤吉信医療の質向上研)・木下佳樹神奈川大)・後藤博之ディ エスエス)・益田昭彦信頼性七つ道具(R7)実践工房)・柳 繁防衛大)・武山 誠神奈川大)・澁谷忠弘横浜国大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCC, ITS, WBS
(共催)
2022-12-13
16:45
滋賀 立命館大学BKC
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
周波数選択性フェージング通信路におけるPolar符号化OFDMの低演算設計手法に関する検討
倉谷悠希落合秀樹横浜国大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCC, ITS, WBS
(共催)
2022-12-14
13:15
滋賀 立命館大学BKC
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
BICM-IDを適用したOFDMシステムにおけるPolar符号およびLDPC符号の特性評価
脇崎凱貴落合秀樹横浜国大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2022-11-18
17:20
ONLINE オンライン開催 格子に基づくFuzzy Signature方式の安全性証明とそのパラメータについて
長谷川裕一佐藤慎悟四方順司横浜国大ISEC2022-45 SITE2022-49 LOIS2022-29
近年, ユーザ認証としてパスワードを用いた認証がよく利用されているが,昨今のサイバー攻撃の高度化や巧妙化により, パスワ... [more] ISEC2022-45 SITE2022-49 LOIS2022-29
pp.92-99
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2022-11-18
17:45
ONLINE オンライン開催 集団検査を用いた集約エンティティ認証
廣瀬勝一福井大/ジャパンデータコム)・四方順司横浜国大/ジャパンデータコムISEC2022-46 SITE2022-50 LOIS2022-30
チャレンジ・レスポンス型のエンティティ認証はMAC関数を用いて実現できる。このようなエンティティ認証方式で,例えばIoT... [more] ISEC2022-46 SITE2022-50 LOIS2022-30
pp.100-106
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2022-11-17
14:15
高知 Kochi Startup BASE
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
DAC帯域3逓倍回路におけるバンド間レベル差の理論式の評価
石井 颯東京理科大)・川原啓輔横浜国大)・楳田洋太郎高野恭弥東京理科大CAS2022-40 MSS2022-23
光送信用回路の広帯域化に向けて,ディジタル・アナログ変換器(DAC)の帯域幅を3倍にする技術 (DAC帯域3逓倍技術)が... [more] CAS2022-40 MSS2022-23
pp.19-24
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-15
11:00
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
28GHz帯屋内基地局用セクタアンテナの指向性によるチャネル容量評価
松本昇太新井宏之横浜国大)・井上祐樹木村泰子NTTドコモAP2022-150
屋内外間の通信は高周波になるとその伝搬損失が非常に大きくなる. そこで屋内でのミリ波を用いた移動通信システムに屋内基地局... [more] AP2022-150
pp.18-23
AP 2022-10-19
09:30
岐阜 岐阜市文化センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]メタサーフェスによる広帯域パッチアンテナの設計
富山尚登田村 成菅谷聡志新井宏之横浜国大AP2022-96
 [more] AP2022-96
pp.11-13
AP 2022-10-19
12:20
岐阜 岐阜市文化センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]ニュートラリゼーションを用いた四偏波パッチアンテナの減結合構造
大串亮人新井宏之横浜国大AP2022-116
四偏波アンテナを小領域で使用する場合, アンテナ間の相互結合が大きくなるという問題がある.子の相互結合を低減するために,... [more] AP2022-116
pp.91-96
AP 2022-10-19
12:20
岐阜 岐阜市文化センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]DAC出力の高調波を利用したアップコンバージョンのシミュレーションによる評価
猿川 聖新井宏之横浜国大AP2022-124
本報告では, DAC出力から得られる高調波イメージをRF信号として直接用いるアップコンバージョンについて,シミュレーショ... [more] AP2022-124
pp.122-124
AP, MW
(併催)
2022-09-14
12:00
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
八木・宇田アンテナの低サイドローブレベル化に関する検討
木村泰子井上祐樹NTTドコモ)・曽我智之水村 慎日本電業工作)・新井宏之横浜国大AP2022-74
 [more] AP2022-74
pp.17-21
AP, MW
(併催)
2022-09-15
14:15
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
28GHz帯室内基地局用マルチセクタアンテナを用いた伝搬試験評価
井上祐樹木村泰子NTTドコモ)・新井宏之横浜国大AP2022-80
Beyond 5G, 6G移動通信システムではさらなる高周波数帯の利用が検討されている.高周波数帯では伝搬損失が大きくな... [more] AP2022-80
pp.50-55
AP, MW
(併催)
2022-09-16
16:15
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Magic-Tを用いた反射型移相器の広帯域化
田村 成新井宏之横浜国大AP2022-91
 [more] AP2022-91
pp.110-114
SCE 2022-08-09
10:25
ONLINE オンライン開催(現地開催は中止) 断熱量子磁束パラメトロン回路における駆動力を強化した多数決論理ゲートに関する研究
小宮 航竹内尚輝山梨裕希吉川信行横浜国大SCE2022-3
 [more] SCE2022-3
pp.12-17
SCE 2022-08-09
13:25
ONLINE オンライン開催(現地開催は中止) 単一磁束量子回路を用いた量子ビット制御用パルス密度変調マイクロ波生成器に関する研究
国広 皓山梨祐希吉川信行横浜国大SCE2022-7
量子ビット制御のためには任意振幅のマイクロ波が要求される.我々は単一磁束量子 (SFQ) 回路を用いた量子ビット制御回路... [more] SCE2022-7
pp.34-38
 783件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会