お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SP 2017-01-21
15:35
東京 東京大学 発話系列を扱う会話音声合成
福岡維新岩田和彦小林哲則早大SP2016-74
ニュース記事に代表される,あるまとまった量の情報を伝える会話システム向け音声合成器の開発を行っ た.現在の音声合成の大半... [more] SP2016-74
pp.59-64
SP 2014-11-13
15:15
福岡 九州大学筑紫キャンパス [招待講演]会話向け音声合成システム
小林哲則岩田和彦早大SP2014-93
会話の魅力・本質は,パラ言語を含む豊かな情報の即時的インタラクションが実現する効率的な情報伝達にある.本稿では,このよう... [more] SP2014-93
pp.19-24
SP 2012-11-08
14:00
宮城 東北工業大学 一番町ロビー 終助詞とその音調とによって聞き手に伝わる発話意図の分析
岩田和彦小林哲則早大SP2012-77
音声対話システムなどからの応答音声において様々な発話意図を聞き手に確実に伝える表現ができるようにすることを目指して,文末... [more] SP2012-77
pp.31-36
SP, NLC
(共催)
2009-12-22
15:50
東京 東京大学・山上会館 距離感を与える音声の特徴分析と合成
大町 基岩田和彦小林哲則早大NLC2009-25 SP2009-89
合成音声に,相手との距離に応じた距離感を与えることを試みる.
人が,例えば,離れたところにいる相手に話しかけようとして... [more]
NLC2009-25 SP2009-89
pp.159-163
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会