お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
11:35
ONLINE オンライン開催 準同型暗号上のCNNにおける活性化関数の最適化による分類精度向上
柳生航平竹内 廉ヴォ ゴック コイ グエン西垣正勝大木哲史静岡大IT2021-92 ISEC2021-57 WBS2021-60 RCC2021-67
準同型暗号により,データを暗号化しつつ推論を行う秘匿ニューラルネットワーク技術の開発が進んでいる.秘匿ニューラルネットワ... [more] IT2021-92 ISEC2021-57 WBS2021-60 RCC2021-67
pp.58-65
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-19
16:55
ONLINE オンライン開催 Somewhat準同型暗号に基づく生体テンプレート保護システムの評価
田宮寛人一色寿幸森 健吾NEC)・尾花 賢法政大)・大木哲史静岡大ISEC2021-21 SITE2021-15 BioX2021-22 HWS2021-21 ICSS2021-26 EMM2021-26
準同型暗号を用いて生体情報を秘匿したまま認証を行う生体テンプレート保護システムが多く提案されている.準同型暗号の多くは平... [more] ISEC2021-21 SITE2021-15 BioX2021-22 HWS2021-21 ICSS2021-26 EMM2021-26
pp.68-73
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-20
10:55
ONLINE オンライン開催 Black-box Adversarial Attackによる顔認証へのなりすまし可能性に関する検討
ヴォ ゴック コイ グエン寺田崇倫西垣正勝大木哲史静岡大ISEC2021-22 SITE2021-16 BioX2021-23 HWS2021-22 ICSS2021-27 EMM2021-27
 [more] ISEC2021-22 SITE2021-16 BioX2021-23 HWS2021-22 ICSS2021-27 EMM2021-27
pp.74-79
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
11:30
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 深層学習を用いた異常検知による未知マルウェアファミリ検知手法の検討
竹内 廉水野慎太郎ヴォ ゴック コイ グエン土屋 純西垣正勝大木哲史静岡大ICSS2020-59
マルウェア解析は,マルウェア対策に欠かせないプロセスとなっている.日々多様化する解析対象のマルウェアが,既知のマルウェア... [more] ICSS2020-59
pp.195-200
HWS 2020-04-07
11:15
ONLINE オンライン開催 IoTPoCoFuzz: IoT機器に対する消費電力を考慮したファジング
水野慎太郎西垣正勝大木哲史静岡大HWS2020-4
本稿では,外部からの入力を可能とする事で,IoT機器といった入力やファザーの起動に制限のある機器でファジングを実施可能な... [more] HWS2020-4
pp.19-24
BioX, CNR
(共催)
2020-03-04
17:35
東京 セコム原宿本社セコムホール
(開催中止,技報発行あり)
発汗を用いた生体検知手法の一検討
奥寺瞭介大内結雲塩見祐哉杉本彩歌杉本元輝藤田真浩眞野勇人大木哲史西垣正勝静岡大BioX2019-67 CNR2019-50
 [more] BioX2019-67 CNR2019-50
pp.31-34
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-17
10:30
東京 電気通信大学 眼球-頭部協調運動の個人差を用いた生体反射認証方式に関する検討(その3)
高橋洋介遠藤 将松野宏昭村松弘明大木哲史西垣正勝静岡大BioX2018-35 PRMU2018-139
生体情報は一般的に容易に漏洩するという問題が存在するため,生体情報が漏洩した場合であってもなりすましが困難な生体情報が望... [more] BioX2018-35 PRMU2018-139
pp.37-42
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-17
14:45
東京 電気通信大学 利用環境を考慮したスマートフォン上で取得可能な音声情報を用いた生体ビット列生成手法
原田亜紀山崎 恭北九州市大)・大木哲史静岡大BioX2018-42 PRMU2018-146
 [more] BioX2018-42 PRMU2018-146
pp.79-84
PRMU, BioX
(共催)
2018-03-18
13:55
東京 青山学院大学 青山キャンパス 眼球-頭部協調運動の個人差を用いた生体反射認証方式に関する検討(その2)
高橋洋介遠藤 将松野宏昭村松弘明大木哲史西垣正勝静岡大BioX2017-44 PRMU2017-180
生体情報は一般的に容易に漏洩するという問題が存在するため,生体情報が漏洩した場合であってもなりすましが困難な生体情報が望... [more] BioX2017-44 PRMU2017-180
pp.49-54
PRMU, BioX
(共催)
2018-03-18
14:20
東京 青山学院大学 青山キャンパス 利用環境認識機能を用いた多要素認証に関する一検討
東 知明山崎 恭北九州市大)・大木哲史静岡大BioX2017-45 PRMU2017-181
近年,スマートフォンやタブレットPC などのスマートデバイスの急速な普及に伴い,スマートデバイスにおけるユーザ認証技術と... [more] BioX2017-45 PRMU2017-181
pp.55-60
PRMU, BioX
(共催)
2018-03-19
10:00
東京 青山学院大学 青山キャンパス 使い捨て可能な生体認証の提案 ~ 爪の模様を用いたマイクロ生体認証 ~
杉本元輝藤田真浩眞野勇人大木哲史西垣正勝静岡大BioX2017-57 PRMU2017-193
生体認証は,忘却・紛失・盗難の恐れがないという利点があるため,さまざまな場面で用いられている.近年,ATMなどの重要なサ... [more] BioX2017-57 PRMU2017-193
pp.127-132
BioX 2017-10-12
14:10
沖縄 大濱信泉記念館 使用リソースを考慮したスマートデバイス上での継続認証に関する一検討
阿川登生東 知明山崎 恭北九州市大)・大木哲史静岡大BioX2017-25
急速に普及が進むスマートフォンやタブレットPCなどのスマートデバイスにおいて,より安全かつ便利なユーザ認証手段が必要とな... [more] BioX2017-25
pp.1-6
BioX 2017-10-13
09:25
沖縄 大濱信泉記念館 スマートフォン上のイニシャルを対象とした生体ビット列の生成手法に関する一検討
山神 亮山崎 恭宮崎 武北九州市大)・大木哲史静岡大BioX2017-32
スマートフォン上でのユーザ認証手段として,特殊なセンサを必要としないタッチパネルから取得可能な 生体情報に基づく生体認証... [more] BioX2017-32
pp.39-44
BioX 2017-10-13
09:50
沖縄 大濱信泉記念館 秘匿順列インデックスに基づく1:Nキャンセラブル生体認証の高速化
藤田 亮村上隆夫産総研)・大木哲史静岡大)・加賀陽介藤尾正和高橋健太日立BioX2017-33
 [more] BioX2017-33
pp.45-49
BioX, ITE-ME, ITE-IST
(連催)
2017-05-22
15:10
石川 石川四高記念文化交流館 多目的室5 スマートデバイスを用いた利用環境に基づくマルチファクタ認証システムの安全性に関する一検討
中尾祐樹東 知明山崎 恭北九州市大)・大木哲史静岡大BioX2017-1
スマートフォンやタブレットPCなどのスマートデバイスが急速に普及し,より安全で便利なユーザ認証手段が必要となっている.そ... [more] BioX2017-1
pp.17-22
MBE, BioX, NC
(共催)
2016-10-22
16:30
大阪 大阪電気通信大学 利用環境を考慮したマルチファクタ認証システムの認証精度向上に関する一検討
東 知明岡部 稜山崎 恭北九州市大)・大木哲史産総研BioX2016-29 MBE2016-43 NC2016-28
急速に普及が進むスマートデバイスにおいて,より安全かつ便利なユーザ認証を実現するための一手段として,著者らは「コンテキス... [more] BioX2016-29 MBE2016-43 NC2016-28
pp.67-72
MBE, BioX, NC
(共催)
2016-10-22
16:55
大阪 大阪電気通信大学 スマートデバイスのタッチパネルを利用した生体ビット列の生成手法に関する一検討
砂田 賢峙 泰稀山崎 恭宮崎 武北九州市大)・大木哲史産総研BioX2016-30 MBE2016-44 NC2016-29
スマートデバイス上での安全かつ便利なユーザ認証手段
として,特殊なセンサを必要としないタッチパネルから
取得可能な生... [more]
BioX2016-30 MBE2016-44 NC2016-29
pp.73-76
PRMU, BioX
(共催)
2016-03-24
13:00
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館 スマートデバイスを用いたコンテキストアウェアネスに基づくマルチファクタ認証システム
岡部 稜東 知明山崎 恭北九州市大)・大木哲史産総研BioX2015-47 PRMU2015-170
スマートフォンやタブレットPCなどのスマートデバイスを用いたユー
ザ認証では,端末が様々な環境で利用されることから,認... [more]
BioX2015-47 PRMU2015-170
pp.37-42
BioX 2014-10-17
11:25
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 薄型表示装置を用いた偽生体提示攻撃の検出性能評価
竹久達也ニッシン)・大木哲史大塚 玲産総研)・井沼 学城西大BioX2014-38
近年,偽生体を用いることで,生体認証装置を騙すなりすまし行為(Presentation Attack)が問題となっており... [more] BioX2014-38
pp.55-59
BioX
(第二種研究会)
2013-08-28
14:45
大阪 大阪大学 産業科学研究所 生体認証装置に対するなりすまし攻撃とその安全性評価法について
大木哲史大塚 玲寳木和夫産総研
 [more]
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会