お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 158件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, IA
(併催)
2022-12-13
09:50
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
IoTネットワークにおける強化学習を用いたルーティング方式の高性能化に関する検討
高橋翔太郎井上翔太後藤啓大大崎博之関西学院大
 [more]
IN, IA
(併催)
2022-12-13
09:50
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
大規模ネットワークにおけるノードの中心性不明化に関する検討
河村宇記岩田丈了松尾涼太郎大崎博之関西学院大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, IA
(併催)
2022-12-13
10:40
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
動的グラフにおいてランダムウォークの怠惰性がグラフ探査の効率性に与える影響に関する検討
中川大輝岩田丈了松尾涼太郎大崎博之関西学院大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, IA
(併催)
2022-12-13
11:05
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ネットワークトポロジが分散型オンラインカーネル学習の効率性に与える影響
高森洸希江見太一ハン ネー アウン後藤啓大大崎博之関西学院大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, IA
(併催)
2022-12-13
11:30
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]異なる遷移確率を持つランダムウォークに対する初回接触時間の理解に向けて
辻 七海作元雄輔大崎博之関西学院大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, IA
(併催)
2022-12-13
15:15
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
コントローラエリアネットワーク向け E2E プロファイルを対象とした AUTOSAR エンド間通信におけるメッセージ破壊検出能力の計測
江見太一ハン ネー アウン山崎康広大崎博之関西学院大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-15
17:00
北海道 北海道立道民活動センター (かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報指向ネットワークにおける TCP 輻輳回避アルゴリズムの有効性に関する検討
はん ねー あうん後藤啓大大崎博之関西学院大IA2022-21
 [more] IA2022-21
pp.36-42
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-16
10:25
北海道 北海道立道民活動センター (かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
流体近似法を用いた TCP BBR 輻輳制御機構のモデル化
井上翔太後藤啓大大崎博之関西学院大IA2022-27
 [more] IA2022-27
pp.67-71
CQ, CBE
(併催)
2022-01-27
16:55
石川 金沢(石川県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
異なる遷移確率を持つ複数ランダムウォークの性質の解明に向けた実験的検討
辻 七海豊田郁弥作元雄輔大崎博之関西学院大CQ2021-85
グラフ上のランダムウォークは様々なグラフアルゴリズムに活用されている.ランダムウォークの代表的な指標の一つである初回接触... [more] CQ2021-85
pp.50-55
IN, IA
(併催)
2021-12-16
15:35
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]フローレベル情報指向ネットワークシミュレータの性能ボトルネック分析に関する検討
井上翔太後藤啓大山本創麻大崎博之関西学院大IA2021-35
近年、次世代のインターネットアーキテクチャの一つとして、データを送受信するホストではなく、送受信されるデータに着目した情... [more] IA2021-35
pp.28-30
IN, IA
(併催)
2021-12-16
15:50
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]情報指向ネットワークにおける TCP CUBIC 輻輳回避アルゴリズムの適用性に関する検討
ハン ネー アウン山本創麻大崎博之関西学院大IA2021-36
近年、従来の TCP/IP ネットワークのような情報を転送するホストではなく、転送される情報を中心としたネットワークアー... [more] IA2021-36
pp.31-33
IN, IA
(併催)
2021-12-17
12:40
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]グラフ上の不可逆ランダムウォークの初回到着時間および被覆時間に関する一検討
河岸哲哉萩倉 丈松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-41
近年、グラフ上のランダムウォークの数理的な特性が明らかにされつつあり、不可逆ランダムウォークや、自己回避型ランダムウォー... [more] IA2021-41
pp.56-59
IN, IA
(併催)
2021-12-17
12:55
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]集約された多層ネットワークの分離可能性に関する検討
王 ユウ脇坂悠生松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-42
現実ネットワークに存在するネットワークの多くは、それぞれ異なる属性や性質を持つ異種のネットワークで構成されており、それら... [more] IA2021-42
pp.60-62
IN, IA
(併催)
2021-12-17
17:40
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]通信リンクの不均一性が情報指向遅延耐性ネットワークのコンテンツ配送遅延に与える影響
嵯峨山 央大西美知加松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-49
近年、ノード間の通信リンクが断続するような環境に対して、情報指向ネットワークの通信パラダイムを取
り入れた、 ICDT... [more]
IA2021-49
pp.93-96
IN, IA
(併催)
2021-12-17
17:55
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]ネットワークトポロジの粗視化と 通信ネットワークの QoS の関係に関する検討
澤野紘嘉岩田丈了北浦敬太松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-50
 [more] IA2021-50
pp.97-99
IN, IA
(併催)
2021-12-17
18:10
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]Q学習を利用したグラフ上のランダムウォークの効率化に関する一検討
宮下智行鈴木泰誠松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-51
近年、グラフ上のランダムウォークに代表される、未知のグラフ上でのエージェントの移動モデルや、そのようなエージェントの移動... [more] IA2021-51
pp.100-103
CQ, MIKA
(併催)
2021-09-09
11:35
ONLINE オンライン開催 未知のネットワーク上の影響最大化における幅優先探索の有効性
脇坂悠生松尾涼太郎関西学院大)・津川 翔筑波大)・大崎博之関西学院大CQ2021-42
近年、未知のネットワーク上の影響最大化問題が注目されている。未知のネットワーク上の影響最大化問題は、ネットワークサンプリ... [more] CQ2021-42
pp.29-34
IA 2021-09-08
10:05
ONLINE オンライン開催 疎な協調による多重ランダムウォークの効率化
萩倉 丈松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-15
 [more] IA2021-15
pp.1-6
IA 2021-09-08
10:30
ONLINE オンライン開催 移動の局所性を緩和したグラフ上のランダムウォーク
北浦敬太松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-16
グラフ上のランダムウォークは、直線上もしくは平面上のランダムウォークを、グラフ上に拡張した数理的な移動モデルである。近年... [more] IA2021-16
pp.7-13
IA 2021-09-08
10:55
ONLINE オンライン開催 スペクトラルグラフ理論を用いた遷移確率と移動頻度が異なる多様な複数ランダムウォークの解析
辻 七海豊田郁弥作元雄輔大崎博之関西学院大IA2021-17
ランダムウォークの代表的な指標の一つである初回接触時間はグラフ上の基礎的な問題であるランデブー問題と密接に関わっており,... [more] IA2021-17
pp.14-21
 158件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会