お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITS, IEE-ITS
(連催)
2022-03-11
15:20
ONLINE オンライン開催 実車走行データを用いたEV電力消費推定モデルの構築
森岡達也内田英明太田 豊山口容平下田吉之阪大ITS2021-71
電気自動車(EV)は,運輸部門における二酸化炭素排出量を低減するための解決策のひとつである.しかし,普及拡大による電力需... [more] ITS2021-71
pp.44-47
NS, IN
(併催)
2022-03-10
11:00
ONLINE オンライン開催 Payment Channel Networkにおけるサプライチェーン情報と連動した経路制御方式の検討
西間木 哲宮前 剛小櫻文彦中村允一岡部貴之岡 達也須加純一森永正信富士通NS2021-131
近年,ブロックチェーンの低いトランザクションスループットや高額な手数料の問題を解決するために,Payment Chann... [more] NS2021-131
pp.53-58
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-04
14:30
ONLINE オンライン開催 スマートコントラクトとCAを用いた動的周波数共用の自動化
鈴木信雄ATR/近畿大)・前山利幸拓殖大)・吉岡達哉長谷川晃朗横山浩之ATRSR2021-119
5Gをはじめ,さらに高度な移動通信システムを実現するためには,既存の周波数資源を活用することが有効である.そのために,周... [more] SR2021-119
pp.146-153
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2021-10-08
11:10
ONLINE オンライン開催 高速デジタル伝送信号波形の品質評価
片岡竜也柴田随道東京都市大EMCJ2021-45 MW2021-57 EST2021-47
近年,大規模集積回路においてトランジスタ素子の微細化による高速動作が可能となっている.それに伴い基板・配線など伝送線路に... [more] EMCJ2021-45 MW2021-57 EST2021-47
pp.86-91
SANE, SAT
(併催)
2021-02-18
10:35
ONLINE オンライン開催 敵対的生成ネットワークを用いた深層学習による地中レーダ画像からの誘電率差の小さい深部埋設物の検出
園田 潤仙台高専)・國岡達也高橋 信大西正浩ミライトSANE2020-60
 [more] SANE2020-60
pp.13-18
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-28
11:35
ONLINE オンライン開催 現場での安全意識醸成に向けた作業バランス測定手法の検討
藤井唯史吉田 寛酒井理恵NTT)・田中和哉帝京科学大)・國岡達也森山徳秀小出正信永塚弘晃ミライト)・柴田朋子NTTCAS2020-43 ICTSSL2020-28
 [more] CAS2020-43 ICTSSL2020-28
pp.25-30
SR 2021-01-25
10:25
ONLINE オンライン開催 動的・自律分散を指向した周波数共用システムの一検討
小國治也前山利幸拓殖大)・吉岡達哉ATR)・鈴木信雄近畿大)・長谷川晃朗横山浩之ATRSR2020-48
近年の移動通信システムの発展に伴い,周波数資源のひっ迫が懸念されている.そのため,周波数を効率的に使用すべく,様々な技術... [more] SR2020-48
pp.9-14
SR 2019-12-06
10:00
沖縄 石垣市民会館(石垣島) ブロックチェーンを用いた周波数共用研究の現状と課題
鈴木信雄吉岡達哉長谷川晃朗前山利幸ATRSR2019-100
第5世代移動通信システムをはじめとして,さらに高度な移動通信システムを実現するためには,既存利用の周波数資源を活用するこ... [more] SR2019-100
pp.63-68
AP, RCS
(併催)
2019-11-21
10:15
佐賀 佐賀大学 周波数共用のための機械学習を用いた電波利用状況予測に関する検討
細井宏樹前山利幸拓殖大)・吉岡達哉ATR)・鈴木信雄近畿大RCS2019-216
近年,トラヒックが急増し,周波数資源の枯渇が懸念されている.有限である周波数資源の効率的な利用方式として,時間や場所毎に... [more] RCS2019-216
pp.79-84
SR 2018-05-25
10:00
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレステクノロジー・パーク(WTP)2018会場内) [技術展示]都市部伝搬環境における動的周波数共用システムの性能評価
吉岡達哉鈴木信雄ATR)・狐塚正樹國弘和明NEC)・山下翔大山本高至京大)・小泉佑揮長谷川 亨阪大SR2018-14
第5世代移動通信システムでは,通信性能に対する高速,低遅延,多数のデバイス収容などの様々な要求を満たすため,更なる周波数... [more] SR2018-14
pp.81-86
SAT, SANE
(併催)
2018-02-23
14:40
山口 山口商工会議所 上空エリアの電波強度推定を目指した基本検討
鈴木利則東北学院大)・松野宏己吉岡達哉鈴木信雄ATRSAT2017-71
 [more] SAT2017-71
pp.81-86
AP, WPT
(併催)
2018-01-19
17:00
奈良 ATR 上空の電波環境可視化に向けた電力分布の測定
松野宏己吉岡達哉鈴木信雄ATR)・鈴木利則ATR/東北学院大AP2017-175
 [more] AP2017-175
pp.137-141
RCS 2017-10-19
15:05
宮城 東北工業大学 [依頼講演]第5世代移動通信システムにおける動的な周波数共用のための機能間連携評価
吉岡達哉松野宏己・○鈴木信雄玉井森彦ATR)・狐塚正樹國弘和明NEC)・山下翔大山本高至京大)・小泉佑揮長谷川 亨阪大RCS2017-181
第 5世代移動通信システムでは,性能に対する 世代移動通信システムでは,性能に対する 世代移動通信システムでは,性能に対... [more] RCS2017-181
pp.75-80
ITS, IPSJ-ITS, IEE-ITS
(連催)
2017-09-04
13:50
富山 富山県総合情報センター プローブカーの位置情報の高速かつ大域的評価によるマップマッチング手法 ~ 動的計画法とリンク接続判定の高速化を用いたマップマッチング手法 ~
濱岡達哉富士通テン)・水 将人・○横田孝義鳥取大ITS2017-8
自動車の位置情報などのいわゆるプローブ情報を分析することによって道路交通の現状を把握したり諸問題を明らかにする
ことが... [more]
ITS2017-8
pp.17-22
SR 2016-10-28
15:05
大阪 大阪大学 中之島センター 異種信号波形混在時におけるMUSTを適用したスケジューリング処理の初期評価
吉岡達哉新保宏之ATRSR2016-75
第5世代(5G)移動通信システムでは,M2Mの普及などにより膨大な数の接続機器で発生する多様なトラヒックを,限られた周波... [more] SR2016-75
pp.115-120
ITS 2016-05-28
15:35
北海道 北海道大学 VANETにおける車両の運動予測モデルを用いた安定経路構築のためのルーティングアルゴリズム
山本 遼清岡達也河野隆二横浜国大ITS2016-2
高度交通システム(ITS)の分野の1つとして,車々間を対象としたアドホックネットワークであるVANETがある.
VAN... [more]
ITS2016-2
pp.7-12
RCC, MICT
(共催)
2015-05-28
14:55
東京 機械振興会館 通信ネットワークにおける異なる能力を持つノードを考慮したルーティングアルゴリズム
清岡達也中川皓史河野隆二横浜国大RCC2015-8 MICT2015-8
近年,無線通信端末を直接接続しネットワークを構築するアドホックネットワークが注目されている.基地局などの既存の通信インフ... [more] RCC2015-8 MICT2015-8
pp.31-36
NLP 2013-10-28
09:45
香川 サンポートホール高松 2つのテンプレートを交互に配置したCNNでの画像処理の調査
舛岡辰哉夏野一成上手洋子西尾芳文徳島大NLP2013-70
 [more] NLP2013-70
pp.5-8
RCS, AN, SR, USN
(併催)
2011-10-28
15:30
東京 上智大 有相関MIMOチャネルのための空間直交制御型固有モード伝送
吉岡達哉佐波孝彦千葉工大RCS2011-185
固有モード伝送や優性固有モード伝送(DET:~dominant eigenmode transmission)は送受信機... [more] RCS2011-185
pp.267-272
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会