お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, NS
(併催)
2023-03-03
13:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
共起性に着目したDNSクエリログ集約手法
小林雅季鈴木晃人小林正裕NTT)・木村達明阪大
 [more]
IN 2022-01-18
11:10
ONLINE オンライン開催 通信断エリアの早期復旧のための粒子群最適化によるアンテナチルト制御手法
岩本真尚NTT)・楠 涼太北陸先端大)・鈴木晃人小林正裕NTTIN2021-24
移動体通信は必要不可欠な公共サービスであり,高い可用性を維持する必要がある.
一方で,自然災害や予期せぬ故障に伴い,通... [more]
IN2021-24
pp.1-6
PN, NS, OCS
(併催)
2021-06-25
11:35
ONLINE オンライン開催 仮想ネットワークにおけるQoS劣化時間最小化のための制御スケジューリング最適化手法
岩本真尚鈴木晃人小林正裕NTTNS2021-31
Service Function Chaining(SFC)を用いたネットワークでは,Virtual Network F... [more] NS2021-31
pp.33-38
CQ, CBE
(併催)
2021-01-20
11:15
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]サービス要求品質に基づくネットワーク制御技術
小林正裕原田薫明NTTCQ2020-64
SDN(Software-Defined Networking)やNFV(Network Functions Virtu... [more] CQ2020-64
pp.22-26
CCS, IN
(併催)
2019-08-02
15:20
北海道 KIKI 知床 ナチュラルリゾート アクセスパターンに基づいたトラヒック予測手法
駒井友香NTT)・木村達明阪大)・○小林正裕原田薫明NTTIN2019-22
通信形態の多様化により,通信トラヒックの変動要因が複雑化しており,これらの変動要因を踏まえたトラヒック予測が求められてい... [more] IN2019-22
pp.43-46
IT 2019-07-26
10:30
東京 NATULUCK飯田橋東口 駅前店 f分離可能Bregman歪み尺度における推定方程式の不偏性と推定量の性質
小林真佐大渡辺一帆豊橋技科大IT2019-22
本研究では,単調増加関数$f$とブレグマンダイバージェンスを用いた目的関数のクラスにおける推定方程式の不偏性について議論... [more] IT2019-22
pp.37-42
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]f平均によるディリクレ過程平均法の一般化と影響関数の解析
小林真佐大渡辺一帆豊橋技科大IBISML2018-50
ディリクレ過程平均法はクラスタリングの代表的手法である$K$-平均法を拡張した手法であり,クラスタ数をデータから推定する... [more] IBISML2018-50
pp.45-52
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート DNSクエリの類似性に着目したユーザ利用OSの分類手法
駒井友香小林正裕原田薫明石橋圭介川原亮一NTT)・森 達哉後藤滋樹早大IN2017-89
通信端末の多様化に伴い複雑化するトラヒック変動に対して,適切にトラヒックを制御することが今後求められる.特に,OS特有の... [more] IN2017-89
pp.1-4
PRMU 2017-10-13
11:10
熊本 熊本大学 深層学習と慣性センサを活用した個別ストローク動作開始タイミングの推定手法
大前佑斗東京高専)・小林幹京酒井一樹塩野谷 明高橋弘毅長岡技科大)・宮地 力東大)・櫻井義久スポーツセンシング)・中井一文江崎修央鳥羽商船高専)・秋月拓磨豊橋技科大PRMU2017-90
著者らは,単一の慣性センサを活用した競泳コーチング支援システムの構築を目指している.
この要件の一つに,試技内で遂行す... [more]
PRMU2017-90
pp.155-160
NS, IN
(併催)
2017-03-02
11:00
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル NFVにおける制御アルゴリズム間の連携による統合制御手法
鈴木晃人小林正裕NTT)・高橋洋介NTTコミュニケーションズ)・原田薫明川原亮一NTTIN2016-103
NFVにより,仮想ネットワークリソース(VR)や仮想ネットワーク機能(VNF)を柔軟に組み合わせ,膨大な種別のサービス提... [more] IN2016-103
pp.37-42
OCS, NS, PN
(併催)
2016-06-23
14:10
北海道 北海道大学 複数ポリシに基づいた仮想ネットワークリソース割当法
小林正裕松村龍太郎木村卓巳土屋利明則武克誌NTTNS2016-35
次世代の通信ネットワークでは,サービス事業者の要望に基づいて作成された仮想ネットワーク(VN:Virtual Netwo... [more] NS2016-35
pp.41-46
NS 2016-01-21
14:50
福岡 博多バスターミナル 貸ホール サービス収容度を用いた効率的な仮想ネットワークへのリソース割り当て手法の検討
小林正裕松村龍太郎木村卓巳土屋利明則武克誌NTTNS2015-151
近年,NFV(Network Functions Virtualization)やSFC(Service Functio... [more] NS2015-151
pp.29-34
PRMU, CNR
(共催)
2015-02-19
13:30
宮城 東北大学 [特別講演]ネットワークロボットの法律問題について ~ 実用化を迎えたネットワークロボットが直面する法的課題と解決の方向性 ~
小林正啓大阪弁護士会PRMU2014-120 CNR2014-35
ネットワークロボットが産業化され、実世界に進出しようとしているが、円滑な社会実装を推進するためには、様々な法的問題につい... [more] PRMU2014-120 CNR2014-35
p.49
EMCJ 2013-09-13
14:15
北海道 北大 外部の電界分布を用いた放射源推定に関する研究
南條裕太戸花照雄小林征広笹森崇行礒田陽次秋田県立大EMCJ2013-55
本稿では,プリント回路基板が発生する不要電磁波の遠方電界分布から回路基板構造をアンテナとして考えた時の励振電圧分布を推定... [more] EMCJ2013-55
pp.35-38
IA 2012-09-21
15:40
東京 IIJ神保町三井ビル [特別講演]コンテンツ配信を中心とした国内インターネットの構造分析
亀井 聡NTTコミュニケーションズ)・小林正裕NTT西日本)・斎藤 洋NTTIA2012-19
 [more] IA2012-19
pp.43-46
IN, NWS
(併催)
2012-06-22
13:45
北海道 函館市民会館 大規模コンテンツ配信事業者によるCDN導入状況判別法と国内における配信動向の分析
小林正裕亀井 聡斎藤 洋NTTIN2012-32
近年,Hyper Giantsと呼ばれる大規模コンテンツ配信事業者によるトラヒックが増加している.これらコンテンツ配信事... [more] IN2012-32
pp.49-54
RCS, AN, SR, USN
(併催)
2011-10-28
10:10
東京 上智大 マルチユーザ分散アンテナシステムにおけるスケジューリング方式毎の最適クラスタサイズの検討
小林正寛山本高至村田英一吉田 進京大)・梅原大祐京都工繊大)・田野 哲岡山大)・守倉正博京大RCS2011-174
無線通信における周波数利用効率の拡大を図る手段の一つとして,分散アンテナシステムがある.分散アンテナシステムは基地局アン... [more] RCS2011-174
pp.201-206
NS 2011-10-14
11:15
愛知 名古屋工業大学 大容量ビデオコンテンツ配信に向けたトランジット・カスタマISPにおける分散キャッシュ連携方式
小林正裕亀井 聡斎藤 洋NTTNS2011-102
大容量ビデオトラヒックの増加により,トランジット・カスタマISP(Internet Service Provider)で... [more] NS2011-102
pp.109-114
AN 2011-05-20
13:20
東京 機械振興会館 マルチユーザ分散アンテナシステムの送信および受信クラスタサイズの検討
小林正寛山本高至村田英一吉田 進京大)・梅原大祐京都工繊大)・田野 哲岡山大)・守倉正博京大AN2011-1
無線通信における周波数利用効率の拡大を図る手段の一つとして,分散アンテナシステムがある.分散ア ンテナシ... [more] AN2011-1
pp.1-6
IN 2011-01-20
10:45
大阪 大阪大学 大規模ビデオコンテンツ配信に向けたキャッシュ連携方式の評価
小林正裕亀井 聡斎藤 洋NTTIN2010-122
ビデオトラヒックの増加により,通信事業者では設備コスト削減に向け,キャッシュ技術に再び注目が集まっている.しかし,動画共... [more] IN2010-122
pp.25-30
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会