お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2023-03-17
13:15
沖縄 沖縄県青年会館(那覇市)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
VVCにおけるブロック分割の符号化処理量削減に関する一検討
齋藤雄太木谷佳隆加藤晴久河村 圭KDDI総合研究所
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2022-12-08
15:55
愛媛 愛媛大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CoFeB/Sb2Te3の相制御による磁気緩和定数の増大
諸田美砂子齊藤雄太畑山祥吾内田紀行産総研MRIS2022-23
Sb_2Te_3やBi_2Te_3などのカルコゲナイド材料は、結晶とアモルファスの相の違いにより抵抗率が変化する相変化材... [more] MRIS2022-23
pp.28-31
MVE 2019-10-10
14:25
北海道 北海道 斜里町 ウトロ漁村センター ドローンを用いた空中遭遇型ハプティックインタフェースにおける粗さ感覚提示時の振動による影響
斎藤悠太磯山直也奈良先端大)・ラサミー ポチャラ阪大)・酒田信親奈良先端大)・黒田嘉宏筑波大)・清川 清奈良先端大MVE2019-24
VRやARにおける遭遇型ハプティックインタフェースでは主にロボットアームを用いることが多いが,ド ローンを用いることで体... [more] MVE2019-24
pp.5-8
AP 2019-03-14
13:05
福島 旅館 湯乃家(福島・飯坂温泉) 60GHz帯ダイポール装荷8×2素子円偏波ポスト壁導波路スロットアレーアンテナの設計
齊藤雄太戸村 崇広川二郎東工大AP2018-186
ポスト壁導波路を用いた60GHz帯ダイポール装荷8×2素子円偏波スロットアレーアンテナを設計する.本稿では設計と解析結果... [more] AP2018-186
pp.1-6
RCS, AP
(併催)
2018-11-20
11:35
沖縄 沖縄産業支援センター 60GHz帯発振回路チップへ埋め込んだセミリジッドケーブルモノポールアンテナの放射特性
齊藤雄太戸村 崇広川二郎岡田健一東工大AP2018-105
 [more] AP2018-105
pp.19-22
AP, SAT, SANE
(併催)
2017-07-26
15:55
愛知 名古屋工業大学 発振回路チップへ埋め込む60GHz帯セミリジッドケーブルモノポールアンテナの基礎検討
齊藤雄太戸村 崇広川二郎岡田健一東工大AP2017-48
60GHz帯発振回路チップにセミリジッドモノポールアンテナを埋め込む構造を提案する.誘電体基板に穴を開けモノポールアンテ... [more] AP2017-48
pp.19-22
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 だれでも良いから喋ってよ...:話し出しやすい会話の「場」をデザインする独り言ロボット
藤森 亮斎藤夏生齋藤悠太石井勇輝大島直樹武川直樹東京電機大
従来の会話ロボットは発話の宛て先(アドレス)を明確にして,人と人との多人数会話に参与するに対し,本研究の独り言ロボットは... [more]
IMQ 2015-11-27
16:05
京都 京都工芸繊維大学 雰囲気メガネのもたらす注意変化の基礎的検討
斎藤雄太丸山大岳浦壁沙綾真塩 武飯塚 岳山田光穗東海大IMQ2015-24
近年,道路交通システムや運転支援装置へITS技術の実用化が進んでいる.我々は,運転中の注意度の変化を注視時の固視微動の分... [more] IMQ2015-24
pp.19-24
IMQ 2015-07-10
14:25
静岡 静岡大学 4Kドライビングシミュレーターによる注視点分析
斎藤雄太飯塚 岳山田光穗東海大IMQ2015-8
近年,道路交通システムや運転支援装置へITS技術の実用化が進んでいる.同時にドライバーの内的な状態を把握して,運転をより... [more] IMQ2015-8
pp.5-8
IMQ 2015-07-10
14:50
静岡 静岡大学 4Kドライブシミュレータを用いた生理データの測定
飯塚 岳斎藤雄太山田光穗東海大IMQ2015-9
本研究では、運転者の内的な状態を把握し、自動車運転をより快適・安全に誘導できる手法の提案を目指し、運転中により高い臨場感... [more] IMQ2015-9
pp.9-14
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-04
14:00
神奈川 YRP 仮想MIMOシステムを用いた上り回線における所要送信電力に関する検討
斉藤裕大小川恭孝大鐘武雄西村寿彦北大RCS2008-223
将来の高速移動通信は,現在よりも高い周波数を使用することが考えられ,無線伝搬の減衰は深刻な問題となる.上り回線においては... [more] RCS2008-223
pp.65-70
RCS 2008-08-27
10:50
北海道 北海道大学 仮想MIMOシステムにおける周波数オフセットと送信ウエイトのフィードバック量削減に関する検討
斉藤裕大小川恭孝西村寿彦大鐘武雄北大RCS2008-57
将来の高速移動通信は,現在よりも高い周波数を使用することが考えられる.この場合,端末の電源がバッテリーであるため,上り回... [more] RCS2008-57
pp.25-30
RCS, AP
(併催)
2007-11-08
11:20
東京 電通大 仮想MIMOシステムにおける端末周波数オフセットの影響を補償する上り回線ウエイトの検討
斉藤裕大小川恭孝大鐘武雄西村寿彦北大AP2007-107
将来の高速移動通信は現在よりも高い周波数帯を使用すると考えられる.この場合,端末の電源がバッテリーであるため,上り回線の... [more] AP2007-107
pp.31-36
AP 2006-12-14
13:30
東京 機械振興会館 人体ファントム近傍における携帯端末用不平衡給電ダイポールアンテナの特性評価
斉藤雄太山本 学野島俊雄北大AP2006-106
 [more] AP2006-106
pp.59-62
OFT, OCS
(併催)
2005-08-25
17:20
秋田 秋田大学 光ファイババイオセンサによる代謝酵素検出技術とその食品品質評価への応用
齋藤雄太北海道工大)・山川 功数坂昭夫アドヴァンストテクノロジ)・青柳圭亮北海道工大)・佐々木一正北海道工大/アドヴァンストテクノロジ
環境からの汚染や医薬品,添加物としてさまざまな化学物質が食品に混入され,健康被害が憂慮されている.生体は,化学物質の侵入... [more] OFT2005-25
pp.45-49
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会