お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP, RCS
(併催)
2023-11-15
14:05
熊本 熊本県労働者福祉会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無線双方向時計比較(Wi-Wi)を利用した分散局間協調無線
滝沢賢一安田 哲志賀信泰NICTRCS2023-157
 [more] RCS2023-157
pp.29-32
MIKA
(第三種研究会)
2023-10-10
15:35
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]無線双方向時刻比較技術(Wi-Wi)の時刻同期オフセットの実測評価:距離依存性の考察
大内駿輝畑木達也赤坂瀬玲菜亀田 卓広島大)・安田 哲志賀信泰NICT
 [more]
MICT, SAT
(共催)
WBS, RCC
(共催)
(併催) [詳細]
2023-05-25
13:00
東京 東京ビッグサイト
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]ドローン間における60GHz帯無線通信と通信タイミング制御のための時空間同期技術の利用
磯谷亮介近藤啓太郎安田 哲志賀信泰単 麟松田隆志三浦 龍松村 武荘司洋三NICTWBS2023-1 RCC2023-1
ドローン間でのミリ波・テラヘルツ帯を使った超高周波帯データ伝送は,Beyond 5Gで目指す非地上系ネットワークの実現に... [more] WBS2023-1 RCC2023-1
pp.1-6
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2023-03-14
13:50
山口 山口大学常盤キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高精度時空間同期技術を活用した秘匿通信
世永公輝志賀信泰安田 哲滝沢賢一吉田真紀NICTIT2022-83 ISEC2022-62 WBS2022-80 RCC2022-80
本研究では,時空間同期技術 Wi-Wi を活用して,位相同期した無線局間における秘匿通信を実現する技術の確立を目指してい... [more] IT2022-83 ISEC2022-62 WBS2022-80 RCC2022-80
pp.97-102
RCS, SR, SRW
(併催)
2023-03-01
13:30
東京 東京工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]時空間同期 ~ CPS、デジタルツインへの展望 ~
志賀信泰安田 哲NICTSR2022-82
 [more] SR2022-82
p.2
SR 2022-11-08
14:00
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[技術展示]無線双方向時刻比較技術(Wi-Wi)の時刻同期オフセット実測評価
赤坂瀬玲菜亀田 卓広島大)・安田 哲志賀信泰NICTSR2022-64
IoT(Internet of things)デバイスの急速な普及に伴う上り回線の大容量化や干渉低減のための手法として,... [more] SR2022-64
pp.101-104
CCS 2019-03-26
15:30
東京 NICT(小金井) [招待講演]時空間同期 ~ 無線双方向時刻同期技術の活用 ~
志賀信泰安田 哲NICTCCS2018-50
 [more] CCS2018-50
pp.21-26
RCS 2017-10-20
10:00
宮城 東北工業大学 製造現場における多種無線通信 ~ 製造現場における電波環境の実例 ~
板谷聡子長谷川 淳長谷川晃朗小林 宰雨海明博尾関 敦辻 聡安田 哲志賀信泰江連裕一郎伊藤 睦丸橋建一児島史秀NICTRCS2017-189
 [more] RCS2017-189
pp.119-124
AP 2016-01-14
15:35
東京 拓殖大 八王子キャンパス [依頼講演]地上デジタル放送波の伝搬遅延を用いた水蒸気推定手法の研究開発 ~ 反射波を用いた実験結果 ~
川村誠治太田弘毅花土 弘山本真之志賀信泰木戸耕太安田 哲後藤忠広市川隆一雨谷 純今村國康藤枝美穂石津健太郎岩井宏徳杉谷茂夫NICTAP2015-176
地上デジタル放送波の伝搬遅延を精密測定することで、水蒸気を面的に常時モニターするシステムの開発を目指している。ソフトウェ... [more] AP2015-176
pp.47-52
QIT
(第二種研究会)
2011-11-21
14:40
大阪 大阪大学基礎工学研究科国際棟 [ポスター講演]原子位相ロックの量子推定論的評価
杉山綱祐山本直樹慶大)・志賀信泰JST)・竹内 誠東大
近年,志賀と竹内によって「原子位相ロック」のアイデアが提案された.原子位相ロックとは,時間発展している原子の重ね合わせ状... [more]
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会