お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 84件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICTSSL 2024-05-16
14:45
東京 ネクスコ東日本エンジニアリング(東京)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
拡張されたグラフの距離彩色におけるいくつかの結果について
田村 裕中大)・宮北和之中野敬介新潟大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ICTSSL 2024-05-17
10:05
東京 ネクスコ東日本エンジニアリング(東京)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報フローティングの性能評価に関する一考察
中野敬介宮北和之新潟大)・田村 裕中大
 [more]
CAS, CS
(共催)
2024-03-15
11:30
沖縄 大濱信泉記念館 障害物を考慮した次世代移動通信システムにおける基地局配置について
紅林照也田村 裕中大CAS2023-130 CS2023-123
 [more] CAS2023-130 CS2023-123
pp.105-109
CAS, CS
(共催)
2024-03-15
14:45
沖縄 大濱信泉記念館 ニューラルネットワークにおける一様収束の探索と汎化誤差への影響
宗 先哲田村 裕中大CAS2023-135 CS2023-128
 [more] CAS2023-135 CS2023-128
pp.134-139
ICTSSL, CAS
(共催)
2024-01-26
11:25
神奈川 東海大学(湘南キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報フローティングによる知識共有・検索システムに関する考察(第2報)
中野敬介・○宮北和之新潟大)・田村 裕中大CAS2023-101 ICTSSL2023-54
移動体同士が直接無線通信と移動することで情報を拡散しながら伝達を行うような手法は,DTN(Delay Tolerant ... [more] CAS2023-101 ICTSSL2023-54
pp.92-96
ICTSSL, CAS
(共催)
2024-01-26
11:50
神奈川 東海大学(湘南キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
拡張されたグラフの距離彩色と色数の範囲について
田村 裕中大)・宮北和之中野敬介新潟大CAS2023-102 ICTSSL2023-55
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.これまでの研... [more] CAS2023-102 ICTSSL2023-55
pp.97-100
IN, ICTSSL, IEE-SMF
(連催) ※学会内は併催
2023-10-19
14:30
福岡 福岡大学 文系センター棟15階 第7会議室 情報フローティングによる知識共有・検索システムに関する考察
中野敬介宮北和之新潟大)・田村 裕中大ICTSSL2023-29
移動体間の直接無線通信の送信を,指定された送信可能エリア(Transmittable Area: TA)内だけで行うこと... [more] ICTSSL2023-29
pp.29-32
IN, ICTSSL, IEE-SMF
(連催) ※学会内は併催
2023-10-19
14:55
福岡 福岡大学 文系センター棟15階 第7会議室 多次元ネットワークの近接と近隣による点の中心性
仙石正和事業創造大)・田村 裕中大ICTSSL2023-30
近年ビッグデータ、AIなどの進展に伴い、社会ネットワークの複雑化が進んで、複雑なネットワークを研究する上で、点の中心性が... [more] ICTSSL2023-30
pp.33-38
ICTSSL 2023-07-27
13:25
熊本 東海大学(阿蘇くまもと臨空キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報フローティングにおける情報配信場所の制御に関する考察(第2報)
中野敬介・○宮北和之新潟大)・田村 裕中大ICTSSL2023-14
情報フローティング(Information Floating : IF)は,所望の地域(宛先エリア)の移動体への情報伝達... [more] ICTSSL2023-14
pp.5-8
ICTSSL 2023-07-28
10:25
熊本 東海大学(阿蘇くまもと臨空キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
グラフの拡張された距離彩色について
田村 裕中大)・中野敬介新潟大ICTSSL2023-20
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] ICTSSL2023-20
pp.37-40
ICTSSL 2023-05-19
10:50
新潟 湯沢東映ホテル(越後湯沢)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報フローティングにおける情報配信場所の制御に関する考察
中野敬介宮北和之新潟大)・田村 裕中大ICTSSL2023-11
情報フローティング(Information Floating : IF)は,移動体からの直接無線通信による送信を送信可能... [more] ICTSSL2023-11
pp.58-61
ICTSSL 2023-05-19
11:15
新潟 湯沢東映ホテル(越後湯沢)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
グラフにおける色数が最大となる彩色の出現確率について
田村 裕中大)・中野敬介新潟大ICTSSL2023-12
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] ICTSSL2023-12
pp.62-65
CAS, CS
(共催)
2023-03-01
09:30
福岡 北九州国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
畳み込みネットワークによる数独の学習の修正と比較
石井宏一郎田村 裕中大CAS2022-96 CS2022-73
数独とは,9×9のマス目において,すでに埋まっている数字をヒントに残りを埋めていく論理パズルである。近年,グラフ構造に対... [more] CAS2022-96 CS2022-73
pp.1-5
ICTSSL, CAS
(共催)
2023-01-26
12:30
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報フローティングを自動的に再開するための手法に関する考察(第3報)
宮北和之新潟国際情報大)・田村 裕中大)・中野敬介新潟大CAS2022-67 ICTSSL2022-31
情報フローティング(Information Floating : IF)とは,移動体が直接無線通信による送信を送信可能エ... [more] CAS2022-67 ICTSSL2022-31
pp.28-33
ICTSSL, CAS
(共催)
2023-01-26
12:50
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
呼の終了を想定したチャネル割当とグラフのGrundy coloring
田村 裕中大)・中野敬介新潟大CAS2022-68 ICTSSL2022-32
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] CAS2022-68 ICTSSL2022-32
pp.34-38
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2022-11-18
09:30
高知 Kochi Startup BASE
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
グラフのマッチング彩色における最大色数での彩色方法
豊田佳奈子田村 裕中大CAS2022-47 MSS2022-30
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題について関連性が示され,様々な研究がされておりその多くは色数の最... [more] CAS2022-47 MSS2022-30
pp.51-54
ICTSSL, IN, NWS, IEE-SMF
(連催) ※学会内は併催
2022-10-27
14:05
長野 信州大学 長野(教育)キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報フローティングを自動的に再開するための手法に関する考察(第2報)
中野敬介新潟大)・宮北和之新潟国際情報大)・田村 裕中大ICTSSL2022-17
情報フローティング(Information Floating : IF)とは,移動体が直接無線通信による送信を送信可能エ... [more] ICTSSL2022-17
pp.1-5
ICTSSL 2022-07-29
14:45
大阪 関西大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
チャネル干渉を考慮したグラフ彩色とGrundy coloring
田村 裕中大)・中野敬介新潟大ICTSSL2022-15
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] ICTSSL2022-15
pp.26-29
ICTSSL 2022-05-27
10:35
富山 富山大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報フローティングを自動的に再開するための手法に関する考察
中野敬介新潟大)・宮北和之新潟国際情報大)・田村 裕中大ICTSSL2022-1
情報フローティング(Information Floating : IF)とは,移動体による直接無線通信による送信を送信可... [more] ICTSSL2022-1
pp.1-5
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-21
16:25
ONLINE オンライン開催 サル視覚皮質と深層畳み込みニューラルネットワークに基づく物体識別モデルの画像情報表現
我妻伸彦東邦大)・日高章理東京電機大)・田村 弘阪大NC2021-36
 [more] NC2021-36
pp.30-33
 84件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会