お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, ASJ-H
(共催)
2022-08-05
10:30
宮城 東北大通研
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
2次系推定誤差が能動騒音制御を不安定化させる原因と対策
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2022-36
本報告では,2次系推定誤差が能動騒音制御を不安定化させる仕組みを明らかにし,その安定化に向けた対策を紹介する.騒音制御の... [more] EA2022-36
pp.48-55
EA, SIP, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2022-03-01
09:20
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]能動正弦波騒音制御に適用される諸方法とその得失
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2021-64 SIP2021-91 SP2021-49
本稿では,フィードバック型にNormalized Least Mean Square (NLMS)法とSub Recur... [more] EA2021-64 SIP2021-91 SP2021-49
pp.1-8
EA, US
(併催)
2021-12-23
09:55
熊本 崇城大学 メインキャンパス SoLA2階 (熊本県熊本市西区池田4-22-1) 周波数変換法に2次非巡回型と1次巡回型フィルタの縦続接続を適用する能動正弦波騒音制御
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2021-61
本稿では,2次巡回型と1次非巡回型フィルタの縦続接続を適用する周波数変換法の有効性を検証する.能動正弦波騒音制御では,到... [more] EA2021-61
pp.24-31
EA, ASJ-H
(共催)
2021-08-20
15:25
ONLINE オンライン開催 能動正弦波騒音制御における周波数変換による到来正弦波の周波数推定法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2021-24
本稿では,周波数変換を利用して到来正弦波の周波数を推定する方法を提案する.周波数変換を利用すれば,到来正弦波と参照正弦波... [more] EA2021-24
pp.19-26
EA, ASJ-H
(共催)
2021-07-15
10:20
ONLINE オンライン開催 能動正弦波騒音制御に適用されるFiltered-x LMS法の周波数変換法への置き換えの効果
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2021-3
本稿では,能動正弦波騒音制御に適用されるFiltered-x LMS (Least Mean Square)法の周波数変... [more] EA2021-3
pp.10-17
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
14:05
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]適応アルゴリズムと二次系フィルタを必要としない能動正弦波騒音低減システムに関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2020-65 SIP2020-96 SP2020-30
本検討では,適応アルゴリズムと2次系フィルタを必要としない正弦波騒音の制御システムの構成法の1つを提案する.ステップサイ... [more] EA2020-65 SIP2020-96 SP2020-30
pp.33-40
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
14:05
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]画像内の物体検出に基づくサウンドスケープ自動生成システムの課題
苣木禎史千葉工大)・堀内俊治KDDI総合研究所EA2020-66 SIP2020-97 SP2020-31
本研究では,音の無い動画や静止画にサウンドスケープを付与するために,
画像を分析し,音像を適切に制御し,オブジェクトの... [more]
EA2020-66 SIP2020-97 SP2020-31
pp.41-44
EA 2020-12-14
11:35
ONLINE オンライン開催 Filtered-x法のための高周囲騒音下における低減効果向上法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2020-51
本報告では,騒音検出マイクロホンに混入する周囲騒音によって生じるバイアス誤差の補正法の1つを提案する.学習同定法の1次巡... [more] EA2020-51
pp.31-38
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
フィードバック型能動騒音制御システムにおける事前推定適応フィルタのステップサイズ制御法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2019-143 SIP2019-145 SP2019-92
本報告では,フィードバック型能動騒音制御システムで構成される帰還系を推定する適応フィルタの所要推定誤差による収束判定法の... [more] EA2019-143 SIP2019-145 SP2019-92
pp.243-250
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]画像の物体検出に基づくサウンドスケープ自動生成システムの設計
苣木禎史千葉工大)・堀内俊治KDDI総合研究所EA2019-144 SIP2019-146 SP2019-93
本研究の目的は,音の無い動画や静止画にサウンドスケープを付与するために,
画像を分析し,音像を適切に制御し,さらには音... [more]
EA2019-144 SIP2019-146 SP2019-93
pp.251-254
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]プライバシーを考慮したサウンドスケープ自動生成システムの設計
苣木禎史千葉工大)・堀内俊治KDDI総合研究所EA2018-109 SIP2018-115 SP2018-71
音風景は人が聴覚を介して日常生活で触れているものであり,その重要性は自明である。
視覚情報である景観や物体の移動と聴覚... [more]
EA2018-109 SIP2018-115 SP2018-71
pp.61-64
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]防災行政無線屋外拡声レベルのU50に基づく最適設計
西村竜一NICT)・坂本修一東北大)・苣木禎史千葉工大)・崔 正烈東北大EA2017-146 SIP2017-155 SP2017-129
防災行政無線屋外拡声器による放送は,迅速な報知ばかりでなく,地震により公衆無線回線網のシステム障害やアクセス集中による通... [more] EA2017-146 SIP2017-155 SP2017-129
pp.245-250
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]屋外拡声システムにおける回復力のあるノード間ネットワークの設計と実装
上田祐己苣木禎史千葉工大)・坂本修一東北大)・西村竜一NICT)・崔 正烈東北大EA2017-147 SIP2017-156 SP2017-130
屋外拡声放送には,隣接している子局からの放射音の重複により明瞭度が低下する問題が存在する。
明瞭度の低下を軽減する一案... [more]
EA2017-147 SIP2017-156 SP2017-130
pp.251-254
EA 2018-02-15
15:30
広島 県立広島大学 屋外拡声放送を用いた反射位置推定システムのGUIに関する検討
鈴木優太苣木禎史千葉工大EA2017-95
屋外拡声放送は避難勧告など,重要な役割を担っている。
しかし,1つの屋外スピーカから放射された音が山などの自然物や建物... [more]
EA2017-95
pp.13-18
EA, EMM
(共催)
2015-11-12
13:30
熊本 熊本大学 ピッチ及びパワーに着目した屋外拡声アナウンスへの自動ポーズ挿入手法
坂本 充小野口 平苣木禎史熊本大EA2015-25 EMM2015-46
著者らは既報にて,屋外拡声装置の放射タイミング制御に起因する受聴点での情報伝達の遅延軽減を目的とし,構文情報である品詞情... [more] EA2015-25 EMM2015-46
pp.7-11
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-02
09:25
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) モノラル信号に含まれる直接音と反射音の到来時間差推定手法の検討
小野口 平Irwansyah苣木禎史熊本大EA2014-73 SIP2014-114 SP2014-136
異なる音源から観測点までの信号の到来時間差を用いた音源定位手法が複数提案されている。また,反射音を鏡像音源から到来する信... [more] EA2014-73 SIP2014-114 SP2014-136
pp.7-12
EA 2014-08-19
13:00
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス インテリジェント拡声システムにおけるタイミング制御に与える誤差要因の検討
小野口 平村上 弾苣木禎史熊本大EA2014-12
本稿では,既存の屋外拡声システムにおいて放射音の明瞭度を低下させる要因の 1 つである,隣接スピーカ間の放射音重複を低減... [more] EA2014-12
pp.1-6
ET 2014-01-11
10:30
東京 目白大学 FCF学生証とAndroid端末による出席管理システムのMoodleへの実装
仲島悠平前川嵩博永井孝幸喜多敏博苣木禎史宇佐川 毅熊本大ET2013-70
授業における学生の出席の記録は授業を管理する為に必要であるが,教員にとって手間のかかるものであり,授業時間を浪費する原因... [more] ET2013-70
pp.13-18
IBISML 2012-11-08
15:00
東京 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 Usage of Winnowing Algorithms and WordNet for Recognizing the Possibilities of Paraphrasing Sentences in Academic Papers
Diana PurwitasariUmi Laili YuhanaDaniel Oranova SiahaanAchmad AffandiITS)・Yoshifumi ChisakiTsuyoshi UsagawaKumamoto Univ.IBISML2012-81
 [more] IBISML2012-81
pp.335-341
EA 2012-08-02
13:30
宮城 東北学院大学 骨伝導アクチュエータによるラウドネスと加速度特性の関連性について ~ 耳道挿入型および下顎頭装着型アクチュエータ ~
福田吉真苣木禎史宇佐川 毅熊本大EA2012-62
近年,10 kHz 程度の周波数帯域が確保できる骨伝導アクチュエータが市場に普
及しているが,アクチュエータの加速度特... [more]
EA2012-62
pp.49-54
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会