お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
11:15
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
水中音響MIMO-OFDM伝送における時変チャネル推定および信号検出
とんてんほお張 裕淵府川和彦東工大RCS2022-103
水中音響(UWA)通信では,直交サブキャリアによる周波数利用効率の向上が見込め,かつ周波数選択性フェージングに耐性のある... [more] RCS2022-103
pp.36-41
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
11:40
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数アンテナ盗聴者に耐性の有るランダム位相を用いた物理層暗号方式
閻 夢張 裕淵府川和彦東工大RCS2022-104
無線通信の物理層暗号方式は,上位層の暗号方式では対応できない制御信号の盗聴などの物理層攻撃を防ぐことができる.MISO伝... [more] RCS2022-104
pp.42-47
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
10:15
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
定振幅化・非直交多元接続OFDM無線通信システム
王 梓函張 裕淵府川和彦東工大RCS2022-115
無線通信において,複数のユーザ信号を多重して送信する非直交多元接続(NOMA)は,周波数利用効率を大幅に改善できる.NO... [more] RCS2022-115
pp.102-107
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
11:15
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MIMO小セルネットワークにおける圧縮センシングアルゴリズムを用いたニューラルネットワーク送信電力制御
欒 皓翔張 裕淵府川和彦東工大RCS2022-117
小セルネットワークにおいて基地局(BS)をランダムに設置すると,カバレッジエリアが重なるためセル間干渉が増え,システム容... [more] RCS2022-117
pp.114-119
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
11:40
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機械学習に基づく送信電力及び送信ビームフォーミング制御によるセル間干渉制御
玉田直人張 裕淵府川和彦東工大RCS2022-118
移動通信においては,アクセス可能なユーザ数を増やしシステム容量を向上させるために,同一周波数帯を再利用する小セルを高密度... [more] RCS2022-118
pp.120-125
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
12:05
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
セルラー方式におけるマルチエージェント深層Q学習に基づいたセル間干渉制御
劉 昱辰張 裕淵府川和彦東工大RCS2022-119
小セル方式においては,セル間干渉(ICI)が全体のシステム容量を大きく劣化させる可能性がある.このICIを軽減するために... [more] RCS2022-119
pp.126-131
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-02
10:00
ONLINE オンライン開催 ミリ波帯無線通信における位相雑音補償を伴う定振幅OFDM伝送
寺内 優張 裕淵府川和彦東工大RCS2021-251
直交周波数分割多重方式(OFDM)は多くの無線システムで用いられており,将来のミリ波帯無線システムの伝送方式としても採用... [more] RCS2021-251
pp.1-6
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-02
10:25
ONLINE オンライン開催 MIMO無線通信におけるチャネル時間変動に耐性のあるランダム位相・物理層暗号
松本侑里香張 裕淵府川和彦東工大RCS2021-252
無線通信の物理層暗号方式として,AN (Artificial Noise) やAFF (Artificial Fast ... [more] RCS2021-252
pp.7-12
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-03
09:30
ONLINE オンライン開催 ハイブリッド型Massive MIMOにおけるパイロット汚染に耐性の有るチャネル推定法
小野佑貴張 裕淵府川和彦東工大)・須山 聡浅井孝浩NTTドコモRCS2021-270
第5世代移動通信(5G)で導入されるMassive MIMOにおいて,ベースバンド回路とRF回路の数を大幅に削減できる構... [more] RCS2021-270
pp.102-107
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-04
16:00
ONLINE オンライン開催 時間-デジタル変換に基づくOFDM無線受信機
楊 楊府川和彦張 裕淵東工大RCS2021-292
低消費電力かつ低コストのOFDM無線受信機を目指し,本報告ではリアルゼロ(RZ)技術に基づく新しいADC方式を検討する.... [more] RCS2021-292
pp.201-206
SAT, SANE
(併催)
2022-02-24
17:05
ONLINE オンライン開催 衛星搭載AISにおける逐次チャネル推定を用いた衝突パケットの分離検出
野﨑航平張 裕淵府川和彦東工大)・平原大地JAXASAT2021-61
衛星搭載AISは,人工衛星を用いて公海等遠洋上に位置する船舶のAIS(Automatic Identification ... [more] SAT2021-61
pp.51-56
CS 2021-07-16
09:40
ONLINE オンライン開催 MIMO無線通信ネットワークにおける教師なし機械学習に基づく送信電力及びビームフォーミング制御
玉田直人張 裕淵府川和彦東工大CS2021-29
セルを高密度に配置するとシステム容量を大幅に改善するが,隣接するセルが重なり合って移動通信においてセル間干渉(ICI)が... [more] CS2021-29
pp.63-68
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-03
09:45
ONLINE オンライン開催 D2D通信における干渉キャンセル機能付きFog Nodeを用いた無線リソース再利用
京嶋裕幸張 裕淵府川和彦東工大RCS2020-209
次世代移動通信におけるM2M(machine to machine)通信は,大量の無線端末を運用すると共に高い信頼性と短... [more] RCS2020-209
pp.37-42
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-05
09:00
ONLINE オンライン開催 ハイブリッドビームフォーミングを用いたMassive MIMOにおけるマルチクラスター時変動チャネルの適応予測
柘植健太張 裕淵府川和彦東工大)・須山 聡浅井孝浩NTTドコモRCS2020-252
第5世代移動通信(5G)で導入されるMassive MIMOにおいて,ベースバンド回路とRF回路の数を大幅に削減できる構... [more] RCS2020-252
pp.222-227
SANE, SAT
(併催)
2021-02-19
14:55
ONLINE オンライン開催 衛星搭載AISにおける高精度ドップラー周波数推定を用いた衝突パケットの分離検出
野﨑航平高根沢優和張 裕淵府川和彦東工大)・平原大地JAXASAT2020-38
船舶自動識別システム(AIS: Automatic Identification System)は,船舶間や船舶・海岸局... [more] SAT2020-38
pp.48-53
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
13:35
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
カルマンフィルタに基づくスパースチャネル推定のOFDM逐次受信への適用と正規化パラメータの最適化
菊地陽介府川和彦張 裕淵東工大RCS2019-366
 [more] RCS2019-366
pp.233-238
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
14:50
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
無線通信におけるPolar符号の符号化と逐次除去復号の検討
荒木駿生張 裕淵府川和彦東工大RCS2019-369
Polar符号は,第5世代移動通信方式(5G)の制御チャネルの誤り訂正符号として採用されており,誤り易いビットを凍結ビッ... [more] RCS2019-369
pp.251-256
SAT, SANE
(併催)
2020-02-19
14:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣市) 並列干渉キャンセラを用いた衛星搭載AISチャネルにおける衝突パケットの分離検出
高根沢優和張 裕淵府川和彦東工大)・平原大地JAXASAT2019-73
AIS (Automatic Identification System) 信号を公海等遠洋においても受信できる手法とし... [more] SAT2019-73
pp.33-38
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
09:00
愛知 名古屋大学 下り回線MIMO-NOMAにおけるマルチユーザ検出に基づく信号検出
大川貴之張 裕淵府川和彦東工大RCS2019-146
次世代移動通信では,増大するトラフィックに対応するため,MIMOと非直交多元接続(NOMA)を組み合わせたMIMO-NO... [more] RCS2019-146
pp.1-6
RCS, SAT
(併催)
2019-08-23
09:30
愛知 名古屋大学 D2D通信におけるFogNodeを用いるチャネル再利用法
京嶋裕幸張 裕淵府川和彦東工大RCS2019-161
次世代移動通信において,広いサービスエリアでのM2M(machine to machine)通信が検討されている.この様... [more] RCS2019-161
pp.79-84
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会