お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2018-12-06
11:15
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 盲ろう者のコミュニケーションを支援するフット・インタフェース ~ 異質な触覚刺激を組み合わせた情報伝達方式の検討 ~
中村拓矢米村俊一芝浦工大WIT2018-46
我々は,盲ろう者向けに手指を占有しないコミュニケーションツールとして,足底に指点字のパターンで刺激を与える「フット・イン... [more] WIT2018-46
pp.77-82
CNR 2018-08-21
16:00
北海道 札幌市資料館 ユーザとの信頼関係構築を目的としたロボット対話におけるペーシングの評価
中村卓矢西村祥吾奈良先端大)・川波弘道津山高専)・神原誠之奈良先端大)・萩田紀博ATR/奈良先端大CNR2018-17
生活環境の変化により,独居世帯の数が増加し,日常的な発話不足に陥る人が増加している.対話ロボットによるコミュニケーション... [more] CNR2018-17
pp.33-38
CNR 2018-06-14
16:00
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス(東京) 対話意欲向上を目的としたロボット対話における同調的音声合成に関する検討
中村卓矢西村祥吾奈良先端大)・川波弘道津山高専)・神原誠之奈良先端大)・萩田紀博ATRCNR2018-8
生活環境の変化により,独居世帯の数が増加し,日常的な発話不足に陥る人が増加している.対話ロボットによるコミュニケーション... [more] CNR2018-8
pp.39-42
PRMU, CNR
(共催)
2018-02-20
11:15
和歌山 和歌山大学 自動走行時の乗り物酔い防止を目的としたTV雑談ロボットの検討
中村卓矢松本愼太郎坂本大生磯部良太澤邊太志神原誠之奈良先端大)・萩田紀博ATRPRMU2017-168 CNR2017-46
車両の自動走行化に伴い, 従来運転手であった人が搭乗者の一人となり, 自車の車両挙動を予測することが難しくなる. さらに... [more] PRMU2017-168 CNR2017-46
pp.133-138
MoNA 2018-01-19
11:15
京都 キャンパスプラザ京都(京都市下京区) 強化学習による自律的無線LANアクセスポイント選択手法の検討
中村拓哉西尾理志守倉正博山本高至京大)・鍋谷寿久東芝MoNA2017-51
様々な事業者による公衆無線LANサービスの提供により,利用者は複数のネットワークを利用することができる.多くの場合,ユー... [more] MoNA2017-51
pp.57-62
EA, US
(併催)
2017-01-25
10:30
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 [ポスター講演]光位相コントラスト法と音響ホログラフィー的解析を用いた超音波パルス音場の定量測定
中村拓也花山洋貴高木 亮吉澤 晋梅村晋一郎東北大US2016-73
現在,医用超音波は診断から治療に至るまで幅広く利用されておりその安全性を担保するためには高速かつ正確な音場測定手法の確立... [more] US2016-73
pp.5-10
US 2016-10-07
16:25
福島 日本大学工学部 音場のシャドウグラフにおける位相復元を目的とした光伝搬シミュレーションの検討
花山洋貴中村拓也高木 亮吉澤 晋梅村晋一郎東北大US2016-48
現在,医療分野において様々な超音波デバイスが研究開発されているが,高速かつ正確な超音波音場の測定手法の確立がさらなる発展... [more] US2016-48
pp.23-27
ET 2014-01-11
15:55
東京 目白大学 Javaプログラミング学習支援システムのコード作成問題におけるJavadocを用いたヒント機能
中村拓哉舩曵信生中西 透天野憲樹岡山大ET2013-87
Java は,信頼性,可搬性,学習性に優れたプログラミング言語として,多くの大学や専門学校で教育が行
われている.この... [more]
ET2013-87
pp.115-120
ET 2012-09-29
13:00
岡山 岡山理科大学 Javaプログラミング学習支援システムにおけるコード設計学習機能の実装
中村拓哉舩曵信生中西 透渡邊 寛天野憲樹岡山大ET2012-31
Java は,信頼性,可搬性,学習性に優れたプログラミング言語として,多くの大学や専門学校で教育が行われている.このJa... [more] ET2012-31
pp.17-22
IT, ISEC, WBS
(共催)
2012-03-01
10:55
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 印刷インクを用いた人工物メトリクスに基づくオブジェクト認証システム
小林貴史中村拓也佐藤弘季中大)・ナッタポン アッタラパドゥン産総研)・今井秀樹中大/産総研IT2011-47 ISEC2011-74 WBS2011-48
人工物メトリクスは、人工物固有の特徴を利用した認証や真偽判定などの技術への応用がある。これまでにもいくつかの研究があった... [more] IT2011-47 ISEC2011-74 WBS2011-48
pp.9-13
ITE-HI, ITE-CE
(共催)
HIP
(連催) [詳細]
2011-11-10
16:00
宮城 東北大学電気通信研究所2号館4F大会議室 学習時の眼球運動が物体名称記憶に及ぼす影響
瀧田茂樹中村拓也蒲池みゆき工学院大HIP2011-47
 [more] HIP2011-47
pp.23-28
OPE, EMT, LQE, PN, IEE-EMT
(共催)
2010-01-28
17:40
京都 京大桂キャンパス、Bクラスター事務管理棟 、大会議室_A会場、桂ラウンジ_B会場 波長1μm帯高速成長InGaAs量子ドットレーザの電流低閾値化
中村拓也首都大東京)・赤羽浩一山本直克川西哲也NICT)・菅原宏治首都大東京PN2009-48 OPE2009-186 LQE2009-168
波長1um帯量子ドットレーザを試作・評価したので報告する。 高速MBE成長を用いて、高密度InGaAs量子ドットを形成し... [more] PN2009-48 OPE2009-186 LQE2009-168
pp.71-74
OPE, EMT, MW
(共催)
2008-07-24
09:25
北海道 千歳アルカディア・プラザ 統合型光無線システムの研究開発 ~ RF信号の光無線伝送に関する検討 ~
若森和彦Kamugsha KazauraAlam ShahPham Dat鈴木敏司高橋浩一大前和憲松本充司佐藤拓朗早大)・東野武史油川雄司中村卓也塚本勝俊小牧省三阪大MW2008-48 OPE2008-31
統合型光無線システムは,光ファイバ整備が困難なエリアに対して,光ファイバと同等の性能でかつ容易にブロードバンドサービスを... [more] MW2008-48 OPE2008-31
pp.7-12
OPE, EMT, MW
(共催)
2008-07-24
09:50
北海道 千歳アルカディア・プラザ 統合型光無線システムの研究開発 ~ 光無線伝送モジュールの設計と評価 ~
高橋浩一若森和彦Kamugisha KazauraAlam ShahPham Dat鈴木敏司大前和憲松本充司佐藤拓朗早大)・東野武史油川雄司中村卓也塚本勝俊小牧省三阪大MW2008-49 OPE2008-32
デジタルデバイドを解消し,ユビキタス社会の実現に有効な光通信手段として,統合型光無線(RoFSO)システムを提案し,研究... [more] MW2008-49 OPE2008-32
pp.13-18
USN, CQ, MoNA
(併催)
2008-01-25
11:20
静岡 浜松アクトシティ研修交流センター [技術展示]統合型光無線システムの研究開発
東野武史中村卓也高橋浩一油川雄司塚本勝俊小牧省三阪大)・若森和彦鈴木敏司Kamugisya KazauraAlam Mohammad Shah大前和憲松本充司早大MoMuC2007-88 USN2007-81
電波にとって自由空間と同じ広帯域性と透明性を有する光波に,種々のワイヤレスサービスをそのまま閉
じこめて伝送する R... [more]
MoMuC2007-88 USN2007-81
pp.91-92(MoMuC), pp.107-108(USN)
EMT, OPE, MW
(共催)
2007-08-02
15:20
北海道 室蘭工業大学 Radio on Free Space Optics リンク評価手法の検討 ~ 光増幅器と無線増幅器の利得配分に関する一考察 ~
小野寺秀昭Kim Kyung-Hwan東野武史中村卓也高橋浩一油川雄司塚本勝俊小牧省三阪大)・若森和彦鈴木敏司Kamugisha KazauraMohamad Shah Alam大前和憲松本充司早大MW2007-61 OPE2007-48
本稿では,各種無線サービスをそのままの信号形式で一括して光ファイバ伝送を行うRoF(Radio on Fiber)技術を... [more] MW2007-61 OPE2007-48
pp.109-114
MW, ED
(共催)
2007-01-18
16:15
東京 機械振興会館 石膏ボードと抵抗膜を用いた二周波対応型無線LAN用電波吸収体
中村卓哉大塚健二郎・○祥雲勇一橋本 修青学大
本研究では建材として多用される石膏ボード及び抵抗膜を用いて,無線LANに使
用されるIEEE\ 802.11g(2.4... [more]
ED2006-224 MW2006-177
pp.131-135
MW 2006-11-21
15:15
福岡 早稲田大(北九州市) 金網を裏打ちした損失磁性被覆円筒棒列によるETC電波環境改善に関する検討
北本篤史松本好太中村卓哉青学大)・青柳貴洋東工大)・橋本 修青学大)・宮本隆志神戸製鋼所
 [more] MW2006-136
pp.29-34
EMCJ, MW
(共催)
2005-10-27
10:25
秋田 秋田大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリ(VBL)2階大セミナー室 ETCレーン間に用いる円筒棒列電波吸収体に関する一検討
小澤 健中村卓哉松本好太青学大)・青柳貴洋東工大)・橋本 修青学大)・宮本隆志神戸製鋼所
本研究では,磁性損失材料を用いた円筒棒吸収体を周期的に配置した,ETCレーン間
に用いるための円筒被覆棒列電波吸収体に... [more]
EMCJ2005-82 MW2005-88
pp.13-17
EMCJ 2005-04-22
15:25
神奈川 東海大学 湘南校舎 磁性材料を用いたETC用被覆棒列電波吸収壁の実験的検討
中村卓哉谷 健祐熊田健人橋本 修青学大)・宮本隆志神戸製鋼所
 [more] EMCJ2005-6
pp.29-33
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会