お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-20
17:20
ONLINE オンライン開催 シフト演算を用いた可逆ブルームルックアップテーブル
貞安峻輔野崎隆之山口大IT2021-52 SIP2021-60 RCS2021-220
可逆ブルームルックアップテーブル (IBLT) はkey-valueペアを扱うデータ構造である.
IBLTがサポートす... [more]
IT2021-52 SIP2021-60 RCS2021-220
pp.131-136
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2021-10-08
15:35
ONLINE オンライン開催 Pt/Co/CoO/アモルファスTiOx構造における電圧誘起保磁力変化
野崎友大田丸慎吾甲野藤 真野﨑隆行久保田 均福島章雄湯浅新治産総研MRIS2021-9
近年、磁気抵抗メモリ(MRAM)にも適用可能な低消費電力な書き込みの手段として、電圧による磁気異方性制御(VCMA)効果... [more] MRIS2021-9
pp.13-16
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-22
10:40
ONLINE オンライン開催 最大クリーク列挙を用いた最良な多元単一削除訂正符号の構成
光武 朗野崎隆之山口大)・富田悦次電通大IT2020-89 SIP2020-67 RCS2020-180
本稿では,符号語数の多い多元単一削除訂正符号を構成することを目的とする.
符号の最小Levenshtein距離が4 以... [more]
IT2020-89 SIP2020-67 RCS2020-180
pp.142-147
IT 2020-12-03
10:30
ONLINE オンライン開催 数論的符号のハミング距離分布
野崎隆之山口大IT2020-48
数論的符号はひとつまたは複数の合同式によって定義される符号であり,挿入削除訂正に用いられる.
数論的符号は一般に非線形... [more]
IT2020-48
pp.134-139
IT 2020-07-16
16:15
ONLINE オンライン開催 グラフアンサンブル解析による非適応閾値グループテストに対する距離分布
野崎隆之山口大)・三村和史広島市大IT2020-16
 [more] IT2020-16
pp.31-36
ISEC, IT, WBS
(共催)
2020-03-10
14:25
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド)
(開催中止,技報発行あり)
最大ラン長が制限された単一挿入/削除訂正符号の符号化法
武元玲央南野崎隆之山口大IT2019-105 ISEC2019-101 WBS2019-54
同期誤りによって,送信したデータ系列に挿入/削除が生じることがある.Schoenyらは,ちょうど$b$個の連続したシンボ... [more] IT2019-105 ISEC2019-101 WBS2019-54
pp.101-106
IT 2019-11-26
14:25
鹿児島 霧島国際ホテル [招待講演]シフト演算を利用した噴水符号
野崎隆之山口大IT2019-32
噴水符号はマルチキャストにおいて信頼性のある通信を実現する消失訂正符号である. ジグザグ復号可能な符号とは, 分散ストレ... [more] IT2019-32
pp.1-6
IT 2019-09-06
09:45
大分 日本文理大学 湯布院研修所 低重みな対角小行列を有するブロック三角行列による二元および多元非正則LDPC符号の符号化法
池垰祐汰野崎隆之山口大IT2019-26
本稿では,二元体および非二元体上で定義される非正則LDPC符号それぞれに対して,既存手法より少ない計算量で符号化できる手... [more] IT2019-26
pp.1-6
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2019-06-14
10:45
宮城 東北大学 電圧トルク磁化反転の書き込みエラー率低減に向けた取り組み
山本竜也野崎隆行今村裕志産総研)・塩田陽一京大)・田丸慎吾薬師寺 啓久保田 均福島章雄鈴木義茂湯浅新治産総研MRIS2019-7
 [more] MRIS2019-7
pp.49-52
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-08
15:20
東京 電気通信大学 2元Shifted VT符号と多元Shifted VT符号の組織符号化法
佐伯豊彦野崎隆之山口大IT2018-126 ISEC2018-132 WBS2018-127
Shifted VT 符号は連続する挿入/削除範囲が与えられたときに単一挿入/削除が訂正可能な符号である.
Abdel... [more]
IT2018-126 ISEC2018-132 WBS2018-127
pp.307-312
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-08
15:45
東京 電気通信大学 シフト演算を利用した噴水符号のシフト分布の詳細化
立田維吹野崎隆之山口大IT2018-127 ISEC2018-133 WBS2018-128
噴水符号はUser Datagram Protocol (UDP) を用いたマルチキャストに高い信頼性を与える消失訂正符... [more] IT2018-127 ISEC2018-133 WBS2018-128
pp.313-318
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-07-06
14:55
東京 早稲田大学 [招待講演]不揮発性メモリMRAMの最近の進展
湯浅新治薬師寺 啓野崎隆行福島章雄久保田 均産総研
 [more]
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-08
14:15
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) 符号化スロット化ALOHAに対する時間シフトの適用
江本智和野崎隆之山口大IT2017-113 ISEC2017-101 WBS2017-94
ランダムアクセス方式とは,定められた規則に則り,ユーザがパケットを無作為に送信する方式である.
この方式では複数のユー... [more]
IT2017-113 ISEC2017-101 WBS2017-94
pp.61-66
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-09
10:50
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) シフト演算を利用した噴水符号に対するスケジューリングを用いた逐次的反復復号法の効率化
村山佳大野崎隆之山口大IT2017-129 ISEC2017-117 WBS2017-110
噴水符号はインターネットにおけるマルチキャストの信頼性を向上させる消失訂正符号である.
シフト演算を利用した噴水(ZD... [more]
IT2017-129 ISEC2017-117 WBS2017-110
pp.155-160
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-09
11:15
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) バースト削除/挿入が訂正可能な多元符号の構成
佐伯豊彦野崎隆之山口大IT2017-130 ISEC2017-118 WBS2017-111
連続したシンボルの削除/挿入をバースト削除/挿入という.
Levenshtein は,最大の符号語数を持つバースト削除... [more]
IT2017-130 ISEC2017-118 WBS2017-111
pp.161-166
IT 2017-07-13
13:30
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) シフト演算と排他的論理和を用いた消失訂正符号に対する組織符号化
花木勇太野崎隆之山口大IT2017-20
信頼性のある分散ストレージシステムを実現するには,消失訂正符号を利用する必要がある.
本稿ではシフト演算と排他的論理和... [more]
IT2017-20
pp.21-26
IT 2017-07-13
15:20
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) Asymptotic Analysis of Breakdown Probability of Wireless Sensor Networks with Unreliable Relay Nodes
Takayuki NozakiYamaguchi Univ.)・Takafumi NakanoTadashi WadayamaNITechIT2017-24
 [more] IT2017-24
pp.43-48
EMM 2017-03-06
14:30
沖縄 宮古島マリンターミナルビル(沖縄) [ポスター講演]多元LDPC符号を用いた電子透かし法とJPEG圧縮に対する評価
佐伯豊彦野崎隆之川村正樹山口大EMM2016-87
多元LDPC符号を用いた電子透かし法を提案し,JPEG圧縮耐性を評価する.
電子透かしは,JPEG圧縮された画像から,... [more]
EMM2016-87
pp.7-12
SDM 2017-01-30
14:00
東京 機械振興会館 [招待講演]電圧トルクMRAM (VCM) 向け読み出し/書き込み回路と大容量キャッシュメモリへの応用
塩田陽一産総研)・野口紘希池上一隆安部恵子藤田 忍東芝)・野崎隆行湯浅新治産総研)・鈴木義茂阪大SDM2016-135
電圧トルク MRAM は、電圧パルスによる磁化反転を書き込み原理に利用する MRAM である。磁化反 転に電流を必要とせ... [more] SDM2016-135
pp.21-24
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
11:15
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) シフト演算と排他的論理和を用いたMDS符号
花木勇太野崎隆之山口大IT2016-54 SIP2016-92 RCS2016-244
最大距離分離(MDS)符号は,符号化ブロックの中から情報ブロックの数だけ取り出すと情報ブロックが導出できる性質がある.
... [more]
IT2016-54 SIP2016-92 RCS2016-244
pp.47-52
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会