お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 194件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2023-03-17
10:45
沖縄 沖縄県青年会館(那覇市)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
デジタルツインのためのセンサデータ収集・処理の最適化における計算時間短縮手法と観測誤差が与える影響の評価
長谷川 剛東北大)・下西英之村田正幸阪大
 [more]
IN, NS
(併催)
2023-03-02
16:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LPWAを用いた小型IoT機器向け移動エージェントフレームワークの設計と評価
坂本和也東北大)・北形 元盛岡大)・長谷川 剛東北大
 [more]
CQ, CBE
(併催)
2023-01-27
12:40
茨城 つくば国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無線資源占有時間を改善するためのエッジコンピューティングを用いたデータ転送・処理戦略に関する一検討
長谷川 剛東北大)・村田正幸阪大CQ2022-75
 [more] CQ2022-75
pp.79-84
RCS, NS
(併催)
2022-12-16
10:20
愛知 名古屋工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
5G通信技術を用いたC-V2Xにおけるセルラーリソース割当手法の実装と評価
中村 樹荒川伸一阪大)・宮坂拓也田上敦士KDDI総合研究所)・長谷川 剛東北大)・村田正幸阪大NS2022-142
近年の組込みシステム技術や通信技術の進歩に伴い,サイバーフィジカルシステム(CPS)の実用化が進んでいる.
CPSでは... [more]
NS2022-142
pp.70-75
RCS, NS
(併催)
2022-12-16
15:25
愛知 名古屋工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]Beyond 5G/6Gのためのエッジコンピューティングに基づくネットワーク・アプリケーション制御技術に関する研究
長谷川 剛東北大NS2022-148 RCS2022-206
 [more] NS2022-148 RCS2022-206
p.86(NS), p.97(RCS)
IN, IA
(併催)
2022-12-12
12:55
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ネットワーク内制御に基づく輻輳制御アーキテクチャの潜在的な性能に関する一検討
渡邉光裕長谷川 剛東北大IN2022-43
我々の研究グループでは,今後ますます多様化していくインターネットのための,新たな輻輳制御アーキテクチャを提案している.具... [more] IN2022-43
pp.1-6
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2022-11-24
11:10
福岡 福岡大学文系センター棟 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
TWDM-PONフロントホールネットワークを用いたローカル5Gトラヒックの処理機能配置に関する一検討
長谷川 剛東北大)・村田正幸阪大)・中平佳裕鹿嶋正幸OKI)・阿多信吾阪公立大CQ2022-48
 [more] CQ2022-48
pp.7-12
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2022-11-24
13:50
福岡 福岡大学文系センター棟 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
分散映像分析システムの消費電力最適化方式の検討
下西英之村田正幸阪大)・長谷川 剛東北大CQ2022-52
将来のサイバーフィジカル社会に向けては実世界のデジタルツインを大量かつリアルタイムに構築することが求められ、そのための映... [more] CQ2022-52
pp.28-33
NS, IN, CS, NV
(併催)
2022-09-02
15:10
岩手 マリオス(盛岡地域交流センター)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ネットワーク連動型輻輳制御アーキテクチャ
長谷川 剛渡邉光裕東北大NS2022-75 IN2022-35 CS2022-41
 [more] NS2022-75 IN2022-35 CS2022-41
pp.82-85(NS), pp.41-44(IN), pp.15-18(CS)
NS, IN
(併催)
2022-03-10
09:30
ONLINE オンライン開催 モバイルトラヒック推定に基づくネットワークスライス資源最適化に関する一検討
長谷川 剛東北大)・中平佳裕鹿嶋正幸OKINS2021-123
 [more] NS2021-123
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2022-03-11
11:40
ONLINE オンライン開催 多数の自動車のシグナルから環境状態を推定するための時系列および空間データのベイズモデリング手法に関する一検討
小川祐紀雄室蘭工大)・長谷川 剛東北大)・村田正幸阪大IN2021-43
常時インターネットに接続する「つながる車」からのシグナルを活用することで、道路環境の状態をセンシングできるようになると期... [more] IN2021-43
pp.73-78
NS, IN
(併催)
2022-03-11
15:30
ONLINE オンライン開催 サイバーシステム構築のためのセンサデータ収集・処理における消費電力最適化に関する一検討
長谷川 剛東北大)・下西英之村田正幸阪大NS2021-160
 [more] NS2021-160
pp.224-229
PN, MWP, EMT, PEM
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-01-27
16:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]5G/B5Gのためのモバイルネットワークアーキテクチャ
長谷川 剛東北大PN2021-39 EMT2021-55 MWP2021-44
 [more] PN2021-39 EMT2021-55 MWP2021-44
pp.35-40
CQ, CBE
(併催)
2022-01-27
10:00
石川 金沢(石川県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
エッジコンピューティングを考慮した無線ネットワーク資源の占有時間モデル
長谷川 剛東北大)・村田正幸阪大CQ2021-76
 [more] CQ2021-76
pp.1-6
IN, IA
(併催)
2021-12-17
10:50
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
エンド間・ネットワーク内制御に基づく輻輳制御アーキテクチャの提案
長谷川 剛東北大IN2021-22
 [more] IN2021-22
pp.22-27
IN, IA
(併催)
2021-12-17
11:15
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
公平性改善のための競合フローの輻輳制御アルゴリズム推定に関する一検討
前田馨人北形 元長谷川 剛東北大IN2021-23
インターネットの多様化や高速化に伴い,これまでに様々な輻輳制御アルゴリズムが提案され,インターネットには多数のアルゴリズ... [more] IN2021-23
pp.28-33
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-25
09:40
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ローカル5Gサービスのためのトラヒック処理機能配置の最適化
長谷川 剛東北大)・村田正幸阪大)・中平佳裕鹿嶋正幸OKI)・阿多信吾阪市大CQ2021-63
 [more] CQ2021-63
pp.1-6
NS 2021-04-15
10:30
ONLINE オンライン開催 実環境を想定したモバイルコアネットワークノードの資源利用の効率化手法
松山優気北形 元長谷川 剛東北大NS2021-1
通信特性や接続台数が時空間的に大きく変動すると考えられるIoT端末をセルラネットワークに収容すると、モバイルコアネットワ... [more] NS2021-1
pp.1-6
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
17:15
ONLINE オンライン開催 異種の輻輳制御機構間の公平性の改善を目的としたCUBIC TCPの解析モデルの提案
内海哲史福島大)・長谷川 剛東北大NS2020-109
現在、インターネットにおいて、もっともシェアの高いTCP輻輳制御機構は、パケットロスに基づく手法のCUBIC TCPであ... [more] NS2020-109
pp.119-124
IA, IN
(併催)
2020-12-15
09:25
ONLINE オンライン開催 高スループット及び低遅延を実現するためのBBRの送信レート算出アルゴリズムの提案
内海哲史福島大)・長谷川 剛東北大IN2020-37
Google社によって開発されたBBRは、ボトルネックリンクにおけるバッファリング遅延がなく、かつ、帯域利用率が100%... [more] IN2020-37
pp.25-30
 194件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会