お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 99件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
10:30
ONLINE オンライン開催 短いメッセージに適した閾値署名の提案
猪本卓也阪大)・宮地充子阪大/北陸先端大IT2021-90 ISEC2021-55 WBS2021-58 RCC2021-65
閾値署名はディジタル署名の一種で,あらかじめ定めた閾値に対し,閾値を超える人数が署名生成に合意したときに初めて署名が生成... [more] IT2021-90 ISEC2021-55 WBS2021-58 RCC2021-65
pp.42-49
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
14:15
ONLINE オンライン開催 有限体上のトレース写像を用いたSearch Ring-LWE問題への攻撃の再考
高橋朋伽奥村伸也宮地充子阪大IT2021-105 ISEC2021-70 WBS2021-73 RCC2021-80
NISTによる耐量子計算機暗号の標準化により,格子暗号は脚光を浴びている.Ring-Learning with Erro... [more] IT2021-105 ISEC2021-70 WBS2021-73 RCC2021-80
pp.130-137
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
14:40
ONLINE オンライン開催 円分体の部分体上におけるRing-LWE問題に対する安全性解析
上杉慧至奥村伸也宮地充子阪大IT2021-106 ISEC2021-71 WBS2021-74 RCC2021-81
量子計算機が提案されてから, 実用化に向けて着実に開発が進められている. 十分に大規模な量子計算機 の実用化時には, 現... [more] IT2021-106 ISEC2021-71 WBS2021-74 RCC2021-81
pp.138-144
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-11
14:55
ONLINE オンライン開催 ストリーム暗号ChaChaにおける多重ビット差分の解析
和泉 海宮地充子阪大IT2021-128 ISEC2021-93 WBS2021-96 RCC2021-103
 [more] IT2021-128 ISEC2021-93 WBS2021-96 RCC2021-103
pp.262-269
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
10:20
ONLINE オンライン開催 AArch64の呼び出し規約に則ったアンワインド情報検査システムの開発
川口哲弘高野祐輝宮地充子阪大ICSS2021-68
高級言語で実装されたプログラム実行時のスタックアンワインドは,DWARFで記述されたデバッグ情報に基づいてなされている.... [more] ICSS2021-68
pp.55-60
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
14:50
ONLINE オンライン開催 スケーラブルな局所差分プライバシの拡張について
山月達太宮地充子阪大)・三本知明阪大/ATRICSS2021-79
 [more] ICSS2021-79
pp.123-128
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
15:10
ONLINE オンライン開催 効率的な更新機能を持つ格子ベースaccumulatorの提案
前野優太宮地秀至宮地充子阪大ICSS2021-80
様々な情報や資産のディジタル化が進む近年では, 署名によるデータの所有証明の技術が盛んに研究されている. その中でも,... [more] ICSS2021-80
pp.129-134
QIT
(第二種研究会)
2021-11-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]有限体上のトレース写像を用いたSearch Ring-LWE問題への攻撃について
髙橋朋伽奥村伸也宮地充子阪大
Ring-Learning with Error(Ring-LWE)問題は耐量子安全性を持ち,準同型暗号を構築できること... [more]
ICSS 2021-11-29
14:15
高知 高知城ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
素数位数の双線形群を用いたリング署名方式の提案
上原真悟デン ヨウコウ宮地充子阪大ICSS2021-49
Forward-Secure 安全性を満たす,リング署名のうち,現在最も効率的な手法が Joseph K.Liu ら (... [more] ICSS2021-49
pp.19-24
ICSS 2021-11-29
15:00
高知 高知城ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
セッション型を用いたプロセス間の安全な通信プロトコルの設計と実装
劉 小竜高野祐輝宮地充子阪大ICSS2021-50
プロセス間通信では, アプリケーションレイヤーの視点で考えると, 渡すデータの型と順番を事前に規定しておく必要がある. ... [more] ICSS2021-50
pp.25-30
IA, ICSS
(共催)
2021-06-21
13:05
ONLINE オンライン開催 メッセージ長を拡張する耐量子コミットメント方式
宮地秀至阪大)・王 イントウ北陸先端大)・宮地充子阪大IA2021-1 ICSS2021-1
 [more] IA2021-1 ICSS2021-1
pp.1-7
IA, ICSS
(共催)
2021-06-21
13:30
ONLINE オンライン開催 サイドチャネル攻撃に安全な同種写像暗号CSIDH
新井颯斗宮地充子阪大IA2021-2 ICSS2021-2
CSIDH(Commutative Supersingular Isogeny Diffie Hellman)は同種写像... [more] IA2021-2 ICSS2021-2
pp.8-13
IA, ICSS
(共催)
2021-06-21
13:55
ONLINE オンライン開催 An initial evaluation between C language and PRSafe for developing eBPF programs
Mahadevan Sai VeeryaTakano YuukiMiyaji AtsukoHandaiIA2021-3 ICSS2021-3
 [more] IA2021-3 ICSS2021-3
pp.14-19
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
10:15
ONLINE オンライン開催 Salsa20の入力/出力差分の新たな線形バイアスの解析
渡辺 瞭宮地充子阪大IT2020-120 ISEC2020-50 WBS2020-39
暗号技術の中でもストリーム暗号であるSalsa20は,TLS 1.3に選定されたChaCha20の前身であり,その安全性... [more] IT2020-120 ISEC2020-50 WBS2020-39
pp.52-57
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
11:20
ONLINE オンライン開催 相対次数が偶数の場合における探索Ring-LWE問題への攻撃について
奥村泰久奥村伸也宮地充子阪大IT2020-122 ISEC2020-52 WBS2020-41
Ring-Learning with Errors (Ring-LWE) 問題は準同型暗号の構成に用いられる問題であり,... [more] IT2020-122 ISEC2020-52 WBS2020-41
pp.66-72
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
09:35
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 失効機能をもつカメレオンハッシュの提案
松原功樹阪大)・宮地充子阪大/北陸先端大)・Tian Yangguang阪大ICSS2020-42
ブロックチェーン上に登録されたデータは変更ができないが,Derlerら(2019)によるPolicy-based Cha... [more] ICSS2020-42
pp.96-101
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
15:20
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) ストリーム暗号Salsaの線形確率について
李 君如阪大)・宮地充子阪大/北陸先端大ICSS2020-51
Salsa20 は 2005 年に D.J.Bernstein によって設計されたストリーム暗号である.Salsa20 ... [more] ICSS2020-51
pp.150-153
SITE, ISEC, HWS, EMM, BioX, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2020-07-21
13:50
ONLINE オンライン開催 定数出力局所性を持つ準同型性コミットメント方式
宮地秀至宮地充子阪大ISEC2020-28 SITE2020-25 BioX2020-31 HWS2020-21 ICSS2020-15 EMM2020-25
 [more] ISEC2020-28 SITE2020-25 BioX2020-31 HWS2020-21 ICSS2020-15 EMM2020-25
pp.93-98
SITE, ISEC, HWS, EMM, BioX, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2020-07-21
16:35
ONLINE オンライン開催 Secure and Compact Elliptic Curve LR Scalar Multiplication
Yaoan JinAtsuko MiyajiOsaka UnivISEC2020-31 SITE2020-28 BioX2020-34 HWS2020-24 ICSS2020-18 EMM2020-28
Elliptic curve cryptography (ECC) can ensure an equivalent s... [more] ISEC2020-31 SITE2020-28 BioX2020-34 HWS2020-24 ICSS2020-18 EMM2020-28
pp.111-118
ISEC, IT, WBS
(共催)
2020-03-10
15:10
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド)
(開催中止,技報発行あり)
Division Step改良による逆元計算の効率化
池田暢哉宮地充子阪大IT2019-96 ISEC2019-92 WBS2019-45
 [more] IT2019-96 ISEC2019-92 WBS2019-45
pp.45-50
 99件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会