お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EE, CPM, OME
(共催)
2023-12-08
16:35
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
倍電流整流回路の逆結合インダクタを考慮したLLC共振コンバータの共振タンク設計について
森 鴻輝田畑彰人石塚洋一長崎大EE2023-34 CPM2023-90 OME2023-61
LLC共振コンバータは,シンプルで単純な構造かつ高電力効率であることから幅広いアプリケーションに用いられている.しかしな... [more] EE2023-34 CPM2023-90 OME2023-61
pp.53-57
IN, IA
(併催)
2022-12-13
11:05
広島 広島大学 東千田キャンパス 未来創生センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ネットワークトポロジが分散型オンラインカーネル学習の効率性に与える影響
高森洸希江見太一ハン ネー アウン後藤啓大大崎博之関西学院大IA2022-58
ネットワーク上に分散したそれぞれのノードにおいて観測した非線形データから、それらのデータを一箇所に集約することなく、非線... [more] IA2022-58
pp.56-59
SCE 2022-11-04
15:55
宮城 東北大学 電気通信研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
電子ニュートリノ検出を目的としたインジウム標的超伝導検出器の開発
風早和也石野宏和Stever Samantha Lynn岡山大)・山森弘毅産総研)・高久諒太東大)・松村知岳Kavli IPMUSCE2022-12
ppニュートリノの実時間観測を目的としたインジウム標的超伝導検出器システムの開発を行った。ppニュートリノは太陽のエネル... [more] SCE2022-12
pp.15-19
SANE 2020-01-31
10:55
長崎 長崎県美術館 アスファルトを加味したコンクリート中のひび割れ検出システム作製
森 高紀井上翔太郎田中俊幸森山敏文藤本孝文藤島奈記板井 葵長崎大)・大橋タケル春田瑛介IHISANE2019-91
 [more] SANE2019-91
pp.39-44
SANE 2020-01-31
11:45
長崎 長崎県美術館 ダイポールアンテナと電磁波レーダによるコンクリートの電気定数分布の測定
板井 葵田中俊幸中村賢太森 高紀藤島奈記長崎大SANE2019-93
非破壊検査によるコンクリートの電気定数分布の測定を行った。今回の実験ではダイポールアンテナによるコンクリートの電気定数分... [more] SANE2019-93
pp.51-54
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2019-03-07
10:00
徳島 グランドエクシブ鳴門 ネットワーク管理者によるTLS証明書検証の低コスト化
森 公希居石峻寛大平健司徳島大SITE2018-68 IA2018-60
TLS暗号通信のネゴシエーションで行われるサーバ証明書の検証は,通常はクライアントのソフトウェアで行われるが,検証が不十... [more] SITE2018-68 IA2018-60
pp.1-8
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
ASN, MoNA
(併催) [詳細]
2016-03-01
10:30
東京 東京理科大学 協調処理を実現する広域センサネットワークシステムのためのフレームワーク
森 香樹野口 拓立命館大ASN2015-107
電源容量が限られたセンサノードで構成された無線センサネットワークでは,不必要な環境観測を削減し,センサノードをできるだけ... [more] ASN2015-107
pp.129-134
PN 2014-11-27
14:25
東京 NTT武蔵野R&Dセンター [招待講演]NTT R&Dの通信ネットワークにおける省電力化に向けた取り組み
田中百合子櫻井 敦斉藤景一田中 徹岩戸 健浅木森孔貴浦田穣司NTTPN2014-21
NTTグループにおける環境負荷低減を目的に,R&Dでは,将来のトラヒック増加に伴うICT装置の電力消費の増加に歯止めをか... [more] PN2014-21
pp.7-11
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会