お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 132件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ 2024-01-19
15:40
熊本 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市) 大電力機器筐体面から漏洩する近傍磁界抑制法に関する研究
坂口悠自山本真一郎相河 聡兵庫県立大EMCJ2023-100
 [more] EMCJ2023-100
pp.72-75
EMCJ 2024-01-19
16:00
熊本 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市) 金属パターン周期配列構造を利用する周波数選択型メタマテリアル電波吸収体に関する研究
竹田蒼麻山本真一郎相河 聡兵庫県立大)・笠置映寛山陽小野田市立山口東京理科大EMCJ2023-101
 [more] EMCJ2023-101
pp.76-80
CS 2023-11-10
10:35
静岡 プラサヴェルデ 歩行状態で測定したデータを用いた機械学習によるエリア推定
中山将太相河 聡山本真一郎兵庫県立大CS2023-76
本研究では,エリア内の様々な場所を歩きながら計測したデータを用いた機械学習によるエリア推定を提案する.ここでは,ユーザが... [more] CS2023-76
pp.53-57
CS 2023-11-10
11:00
静岡 プラサヴェルデ 電波環境の異なるデータを用いたFingerprint位置推定
尾﨑遼河相河 聡山本真一郎兵庫県立大CS2023-77
 [more] CS2023-77
pp.58-63
AP, SANE, SAT
(併催)
2023-07-13
10:10
北海道 北海道立道民活動センター(かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
一次放射器の位相中心位置制御によるリフレクトアレーアンテナの広帯域化の提案
山田竜生高尾昌誠牧野 滋金沢工大)・山本伸一西岡泰弘三菱電機AP2023-43
リフレクトアレーアンテナは,一次放射器であるホーンアンテナと平面よりなる反射鏡と構成されたアンテナである.設計周波数以外... [more] AP2023-43
pp.65-69
EMCJ 2023-01-27
11:10
岡山 WASHU BLUE RESORT 風籠かさご
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
導電膜格子状配列シートと誘電体を用いるマイクロ波帯用空間フィルターの設計
谷口雄視山本真一郎相河 聡兵庫県立大)・松岡茂樹長尾正揮日本ジッパーチュービングEMCJ2022-78
筆者らはこれまで,金属格子と誘電体を積層させた構造は,所望の周波数帯域の透過波や反射波を制御することができる空間フィルタ... [more] EMCJ2022-78
pp.33-38
EMCJ 2023-01-27
11:30
岡山 WASHU BLUE RESORT 風籠かさご
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
メタルバックを用いないミリ波帯用電波吸収体の設計及び反射特性評価
蔭川慎之介山本真一郎畠山賢一兵庫県立大)・伊藤盛通阪産技研)・戸川 斉キーパーEMCJ2022-79
近年開発されている自動車衝突防止レーダー等の情報通信技術では,ミリ波帯の周波数が利用されていることから,ミリ波帯における... [more] EMCJ2022-79
pp.39-44
EMT, IEE-EMT
(連催)
2022-11-17
13:50
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]Characteristic Basis Function Methodを用いた電磁波散乱解析の基礎について
田中 泰山本伸一三菱電機EMT2022-50
領域分割型のモーメント法であるCBFM(Characteristic Basis Function Method)は,従... [more] EMT2022-50
pp.36-41
EMT, IEE-EMT
(連催)
2022-11-18
11:10
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
集束ビーム給電系を有する反射鏡アンテナの通過位相の測定および調整方法
山本伸一阿戸弘人関 竜哉西岡泰弘三菱電機EMT2022-64
近年、70m級の大型反射鏡アンテナの代替として、複数台の32m級の中型の反射鏡アンテナをアレー状に配置して用いることが検... [more] EMT2022-64
pp.111-116
CS 2022-07-14
10:20
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Fingerprint位置推定におけるCNNを特徴抽出器として用いたデータの選別手法
小西楊平相河 聡山本真一郎兵庫県立大CS2022-10
屋内位置推定として,FingerprintにCNN(Convolutional Neural Network)を適用した... [more] CS2022-10
pp.1-2
CS 2022-07-14
10:50
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Fingerprint位置推定におけるWi-FiのAP数とCNN,ResNetの設計に関する研究
坂西 優相河 聡山本真一郎兵庫県立大CS2022-13
 [more] CS2022-13
pp.14-15
CS 2022-07-15
14:20
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]屋内位置推定におけるCNN推定手法への状態空間モデルの適用
堀 開慎相河 聡山本真一郎兵庫県立大CS2022-36
現在,屋外の位置推定技術としてGNSSを用いた位置推定が高精度である.一方,屋内では衛星電波 が届きづらいため,GNSS... [more] CS2022-36
pp.100-103
SANE 2022-05-24
16:00
神奈川 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ペンシルビームを有するTM01モード励振グリッド装荷ステップ反射鏡アンテナ
山本伸一縫村修次瀧川道生三菱電機SANE2022-12
高出力マイクロ波装置から生成される電波を空間に放射する反射鏡アンテナを検討している。高出力マイクロ波装置からは、円形導波... [more] SANE2022-12
pp.61-66
AP 2022-03-10
13:10
ONLINE オンライン開催 展開式シリンドリカル反射鏡アンテナの基礎検討
中嶋宏昌山本伸一瀧川道生稲沢良夫三菱電機AP2021-186
合成開口レーダでは,広い観測領域と高い分解能を両立するために,衛星の進行方向では狭ビーム,それと直交する方向では広ビーム... [more] AP2021-186
pp.26-29
EMCJ 2022-01-21
14:55
ONLINE オンライン開催に変更 正方形および十字型金属パターン周期配列シートを用いるマイクロ波帯用電波吸収体の設計
藤井洸平山本真一郎相河 聡兵庫県立大)・笠置映寛山陽小野田市立山口東京理科大EMCJ2021-69
 [more] EMCJ2021-69
pp.46-50
EMCJ 2022-01-21
15:20
ONLINE オンライン開催に変更 導電膜周期配列シートを用いる2.4GHz帯空間フィルターの設計
江原隆太山本真一郎相河 聡兵庫県立大)・松岡茂樹長尾正揮日本ジッパーチュービングEMCJ2021-70
 [more] EMCJ2021-70
pp.51-56
EMT, IEE-EMT
(連催)
2021-11-05
10:25
ONLINE オンライン開催 二次反射波を用いた小型なバイスタティックRCS測定法の基礎検討
末延 博大橋諒太郎山本伸一瀧川道生稲沢良夫三菱電機EMT2021-46
バイスタティックRCS(Radar Cross Section: レーダ断面積)の角度特性を測定する場合,所望のバイスタ... [more] EMT2021-46
pp.94-97
CS 2021-10-14
10:15
ONLINE オンライン開催 CNN, ResNetを用いたFinger Printにおける位置推定精度向上の実験的検討
坂西 優相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-52
GPS推定に誤りが生じやすい屋内環境での位置推定技術として無線LANを用いた方法を検討する. 推定手法にはFinger ... [more] CS2021-52
pp.1-5
CS 2021-10-14
10:40
ONLINE オンライン開催 RNNを用いたWi-Fi Finger Printにおけるシミュレーション歩行データの有効性
天田翔也相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-53
 [more] CS2021-53
pp.6-10
CS 2021-10-14
11:05
ONLINE オンライン開催 無線LANを電波を用いたNeural Networkによる二段階位置推定の実験的検討
高島勇也相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-54
 [more] CS2021-54
pp.11-14
 132件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会