お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2019-03-15
11:55
徳島 鳴門教育大学 プログラム動作理解を表出する課題における正答・誤答生成機能の開発
小西庸介信州大)・國宗永佳千葉工大)・山本 樹創価大)・新村正明信州大ET2018-90
我々は学習者のプログラムの基本的な概念および動作の理解状況を確認するために,その動作を表に記入させる形式の課題(トレース... [more] ET2018-90
pp.17-22
ET 2019-03-15
13:20
徳島 鳴門教育大学 ビジュアルプログラミング環境ATのハードウェア制御機能を用いた教材の開発と評価
上島 駿信州大)・國宗永佳千葉工大)・山本 樹創価大)・新村正明信州大ET2018-91
プログラミング教材において,画面内で提示される変数の値(数値やテキストなど)より,LEDの点灯や車の模型の動作のような具... [more] ET2018-91
pp.23-28
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2017-12-08
09:00
愛媛 愛媛大学 位相シフト埋め込み法によるSQAM信号復調におけるシンボルサイズ及び計測用参照光傾斜角の影響の検討
山本達貴菅野円隆文仙正俊福岡大MR2017-36
近年,ホログラフィックメモリの大容量化を目的とし,信号光の強度変調と位相変調を併用する空間直交振幅変調(SQAM:Spa... [more] MR2017-36
pp.57-62
ET 2017-12-02
13:00
石川 金沢工業大学 プログラム動作を表出する課題における入力支援機能の実装
小西庸介信州大)・國宗永佳千葉工大)・山本 樹創価大)・新村正明信州大ET2017-71
我々は学習者のプログラムの基本的な概念および動作の理解状況を確認するために,その動作を表に記入させる形式の課題(トレース... [more] ET2017-71
pp.17-20
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2016-12-08
15:20
愛媛 愛媛大学 強度位相変調型ホログラフィックデータストレージにおける再生信号光複素振幅の簡易高速検出法について
文仙正俊吉冨圭史郎山本達貴菅野円隆福岡大MR2016-33
近年,ホログラフィックメモリの大容量化を目的とし,信号光の強度変調と位相変調を併用する空間直交振幅変調(SQAM:Spa... [more] MR2016-33
pp.21-26
ET 2015-05-23
15:45
千葉 千葉工大 文章を対象とした表現ポリシー習得支援機能とその評価
小尻智子大西 挙関西大)・山本 樹尚美学園大ET2015-8
 [more] ET2015-8
pp.39-44
ET 2014-10-18
16:55
石川 金沢大学(角間キャンパス) プログラミング学習の導入を支援するビジュアルプログラミング環境の開発と評価
大浦真暉國宗永佳信州大)・山本 樹尚美学園大)・新村正明信州大ET2014-51
著者らは初学者のプログラミング学習を支援することを目的として,ビジュアルプログラミングからテキストによるプログラミングへ... [more] ET2014-51
pp.73-78
ET 2013-07-27
13:55
熊本 熊本大学 アルゴリズム的思考における問題解決プロセスの検討
山本 樹尚美学園大)・國宗永佳信州大ET2013-21
筆者らはプログラミング教育の前段階として,与えられた問題を対象が解釈できる形に分解・整理するための思考法である「アルゴリ... [more] ET2013-21
pp.13-18
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会