お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IBISML 2022-03-08
14:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]アルゴリズムの平均感度解析
吉田悠一NIIIBISML2021-36
計算機の活躍する場が広がり、アルゴリズムが意思決定に用いられる機会が増えている。しかし既存のアルゴリズムの多くは、入力が... [more] IBISML2021-36
p.29
IE, SIP, BioX
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2021-06-04
10:30
ONLINE オンライン開催 マニューシャマッチングとDPマッチングを組み合わせた筆跡認証
西内信之吉田裕一都立大)・シムコフスキー ピーターサイード カリードビャウィストク工科大SIP2021-8 BioX2021-8 IE2021-8
近年,手書き電子サインの利用が増加しており,それに伴って筆跡による認証技術の必要性が高まると考えられる.実利用時の導入の... [more] SIP2021-8 BioX2021-8 IE2021-8
pp.36-40
BioX, CNR
(共催)
2020-03-05
14:40
東京 セコム原宿本社セコムホール
(開催中止,技報発行あり)
マニューシャを用いた筆跡認証の提案
吉田裕一西内信之首都大東京)・ピーター シムコフスキーカリード サイードBTUBioX2019-74 CNR2019-57
近年, 国際化やキャッシュレス化の進展に伴い,筆跡認証の利用が注目されている.筆跡認証は,オフラインでの静的な認証方式と... [more] BioX2019-74 CNR2019-57
pp.71-74
COMP 2019-12-13
13:00
群馬 群馬大学 伊香保研修所 [招待講演]Spectral Sparsification of Hypergraphs
Tasuku SomaThe Univ. of Tokyo)・Yuichi YoshidaNIICOMP2019-35
 [more] COMP2019-35
p.45
COMP 2019-03-18
15:00
東京 東京大学 [招待講演]劣モジュラ変換に対するチーガー不等式
吉田悠一NIICOMP2018-50
無向グラフに対するチーガー不等式は, グラフのコンダクタンスとその正規化ラプラシアンの第二固有値を結びつける, スペクト... [more] COMP2018-50
p.45
COMP 2018-12-12
13:30
宮城 東北大学 [招待講演]0/1/all CSPs, Half-Integral A-path Packing, and Linear-Time FPT Algorithms
Yoichi IwataNII)・Yutaro YamaguchiOsaka Univ.)・Yuichi YoshidaNIICOMP2018-35
0/1/all CSPは,unit propagationと呼ばれる単純なDFSによって線形時間で解くことが出来る.
... [more]
COMP2018-35
p.23
ITS, IEE-ITS
(連催)
2011-03-11
13:50
京都 京都大学 インターロッキングブロックを用いたM-CubITSのための画像処理の改善について
吉田祐一長谷川孝明埼玉大)・川俣孝治北本康雄和田泰生住友大阪セメントITS2010-74
本稿では,インターロッキングブロックを用いたM-CubITS歩行者WYSIWYASナビゲーションシステムにおける画像処理... [more] ITS2010-74
pp.41-46
COMP 2011-03-09
14:10
東京 中央大学 ナップサック問題に対する定数時間近似アルゴリズム
伊藤大雄・○清島 奨吉田悠一京大COMP2010-51
本稿ではナップサック問題に対する定数時間近似アルゴリズム,
すなわち出力と最適解の絶対誤差が$\epsilon$以下と... [more]
COMP2010-51
pp.29-36
IA 2011-02-18
13:25
東京 機械振興会館 除雪車支援のための3D・GISデータ処理システムの開発と評価
石井惟成山本 寛長岡技科大)・宮下寿幸小島展人くびき野地理空間情報センター)・吉田雄一上越地域活性化機構)・山崎克之長岡技科大IA2010-76
雪国では,除雪車による除雪活動を欠かすことはできない.しかし,除雪車がマンホールや縁石などの障害物に気づかずに除雪を行う... [more] IA2010-76
pp.29-34
IMQ
(第二種研究会)
2010-10-29
15:30
兵庫 宝塚大学(宝塚キャンパス) マルチメディアタワー [招待講演]多原色ディスプレイ技術
吉田育弘吉田悠一森 智彦長谷川 誠冨沢一成吉田明子吉山和良古川浩之今井繁規シャープ
多原色ディスプレイ技術は、世の中に存在するほぼ全ての物体色が表示可能な広色域の実現だけではなく、数々の側面からディスプレ... [more]
HPB
(第二種研究会)
2010-06-15
16:45
東京 東大本郷 アンドロイドを含めた三者間でのバランス理論の検討
浅田真奈奈良女子大)・嶋田倫博吉川雄一郎阪大)・才脇直樹奈良女子大)・石黒 浩阪大
 [more]
IA 2010-02-19
11:10
東京 機械振興会館 除雪車支援ICTシステムにおけるデータ転送方式の検討
添田勝真長岡技科大)・宮下寿幸小島展人くびき野地理空間情報センター)・吉田雄一浅野一志上越地域活性化機構)・山崎克之長岡技科大IA2009-85
除雪作業時は道路状況の把握が困難である。状況を把握しないままでは設備の破壊や運行への支障などの問題を生じる可能性がある。... [more] IA2009-85
pp.17-22
COMP 2010-01-25
15:00
福岡 九州大学西新プラザ An Almost Optimal Algorithm for Winkler's Sorting Pairs in Bins
Hiro Ito・○Junichi TeruyamaYuichi YoshidaKyoto Univ.COMP2009-45
 [more] COMP2009-45
pp.45-49
PRMU 2009-11-26
10:40
石川 石川県地場産業振興センター Visual wordとwordの共起確率モデルを使った画像ラベリング
吉田悠一安倍 満デンソーアイティーラボラトリPRMU2009-99
本論文では,インターネット上にあるWikipediaや画像検索エンジンから収集した文章と画像のセットを学習データとし,未... [more] PRMU2009-99
pp.39-44
PRMU 2009-11-27
15:40
石川 石川県地場産業振興センター 事前知識を用いたNon-negative Matrix Factorization
安倍 満吉田悠一デンソーアイティーラボラトリPRMU2009-130
Divergence は情報理論の観点から定義された距離尺度であり,ヒストグラムや確率密度分布同士の距離尺度として有用で... [more] PRMU2009-130
pp.265-270
PRMU 2008-12-19
10:45
熊本 熊本大 領域間で共通する特徴点の数を利用した代表画像への自動アノテーション手法
吉田悠一安倍 満デンソーアイティーラボラトリPRMU2008-176
本研究では,既存の画像検索サービスから得られる画像に対し,検索キーワードが示す領域にアノテーションを施す手法を提案する.... [more] PRMU2008-176
pp.171-176
PRMU 2008-12-19
11:45
熊本 熊本大 VisualRankの多クラスへの拡張:画像特徴量を用いた類似画像の自動分類とランキング付け手法
安倍 満吉田悠一デンソーアイティーラボラトリPRMU2008-178
本論文では,VisualRankによる検索結果の多様性を高める手法であるMulticlass VisualRankを提案... [more] PRMU2008-178
pp.183-188
EMCJ 2008-07-17
16:30
東京 機械振興会館 CIP-MOC法を用いた落雷によって発生する電磁界の数値シミュレーション
大久保 寛首都大東京)・吉田雄一竹内伸直秋田県立大EMCJ2008-39
本研究では,落雷によって発生する電磁界に対してCIP 法を用いた数値シミュレーションの検討を行っている.放電路モデルとし... [more] EMCJ2008-39
pp.77-82
COMP 2008-06-16
16:10
石川 北陸先端科学技術大学院大学 無向グラフのk点連結性の検査
吉田悠一伊藤大雄京大COMP2008-22
We present an algorithm for testing $k$-vertex-connectivity ... [more] COMP2008-22
pp.49-55
AP 2007-09-06
14:50
東京 機械振興会館 Asymmetric FDTD (A-FDTD)法を用いた電磁波伝搬解析の数値分散評価 ~ Standard FDTDとHigher order FDTDによる非対称定式化 ~
大久保 寛首都大東京)・吉田雄一秋田県立大)・土屋隆生同志社大)・竹内伸直秋田県立大)・田川憲男首都大東京AP2007-84
Standard FDTD 法はMaxwell の方程式中の微分を空間2 次精度の中心差分近似によって解く手法であるため... [more] AP2007-84
pp.61-65
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会