お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP 2021-12-17
10:25
大分 J:COM ホルトホール大分 強化学習ベース多船航路探索法における安全性を考慮した航法の無視
田中幹人神尾武司広島市大)・田中隆博海上保安大)・三堀邦彦拓殖大)・藤坂尚登広島市大NLP2021-44
 [more] NLP2021-44
pp.7-12
MSS, NLP
(併催)
2020-03-10
16:45
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘
(開催中止,技報発行あり)
トラッキング制御を導入した強化学習ベース多船航路探索法
木村拓貴冨原崇寛神尾武司広島市大)・田中隆博海上保安大)・三堀邦彦拓殖大)・藤坂尚登広島市大NLP2019-131
我々は多船航路探索のためのマルチエージェント強化学習システム(Multi-Agent Reinforcement Lea... [more] NLP2019-131
pp.103-108
NLP, MSS
(併催)
2019-03-14
14:20
福井 福井大学 文京キャンパス 強化学習ベース多船航路探索法によるニアミス航路の改善
冨原崇寛神尾武司広島市大)・田中隆博海上保安大)・三堀邦彦拓殖大)・藤坂尚登広島市大NLP2018-127
船舶では,安全性と効率性を勘案した航路を事前に選定することは極めて重要である.我々は,航路の適切さや船舶間の相互作用を議... [more] NLP2018-127
pp.17-22
NLP, CAS
(共催)
2017-10-06
13:25
新潟 まちなかキャンパス長岡 強化学習ベース多船航路探索法に参照航路の更新が与える影響
神尾武司広島市大)・田中隆博海上保安大)・三堀邦彦拓殖大)・藤坂尚登広島市大CAS2017-38 NLP2017-63
船舶では,安全性と効率性を勘案した航路を事前に選定することは極めて重要である.我々は,航路の適切さや操船行動の相互作用を... [more] CAS2017-38 NLP2017-63
pp.75-80
NLP 2017-03-14
10:50
青森 ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 参照航路が強化学習ベース多船航路探索法に与える影響
神尾武司保井俊祐広島市大)・田中隆博海上保安大)・三堀邦彦拓殖大)・藤坂尚登広島市大NLP2016-108
船舶では,安全性と効率性を勘案した航路を事前に選定することは極めて重要である.我々は,航路の適切さや操船行動の相互作用を... [more] NLP2016-108
pp.13-18
NLP, CCS
(共催)
2015-06-12
09:25
東京 早稲田大学 知的移動ロボット群による迷路探索の実装に向けて
石原 淳三堀邦彦拓殖大NLP2015-55 CCS2015-17
本研究の目的は実ロボット群による迷路の調査である。各ロボットは周囲の情報を集めるセンサを持ち、自律的に動作するためのマイ... [more] NLP2015-55 CCS2015-17
pp.97-102
NLP 2013-07-08
13:50
沖縄 宮古島マリンターミナル 待ち行列の長さに基づき目的地を選ぶ非同期的なマルチエージェントシステム
風間裕太三堀邦彦拓殖大NLP2013-32
本稿はマルチエージェントシステムに基づく、歩行者と待ち行列の間の相互作用を考慮した歩行者のモデルを考察する。我々はその顕... [more] NLP2013-32
pp.31-36
NLP 2013-03-14
09:30
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス 強化学習ベース多船航路探索法における行動選択制限の改良
谷川大洋神尾武司広島市大)・三堀邦彦拓殖大)・田中隆博海上保安大)・藤坂尚登生岩量久広島市大NLP2012-144
船舶は重要な輸送手段である. 他船航路問題は船舶にかかわる工学分野で扱ってきたものである. しかし, 船舶同士の衝突を避... [more] NLP2012-144
pp.1-5
NLP 2012-07-05
14:20
鹿児島 鹿児島県産業会館 マルチエージェントシステムに基づくイベント会場の参加者の流れのモデル
前沢郁哉三堀邦彦拓殖大NLP2012-42
本稿は、マルチエージェントシステムに基づくイベント会場の参加者の流れの新しいモデルを提案する。イベント会場には、参加者と... [more] NLP2012-42
pp.23-28
NLP 2012-07-05
14:45
鹿児島 鹿児島県産業会館 マルチエージェントシステムに基づく歩行者の流れのモデルに従うデジタル回路の設計
豊福貴士三堀邦彦拓殖大NLP2012-43
近年、多くの研究者がセルオートマトンによる歩行者の流れのモデルの構築を試みている。そうしたモデルはマルチエージェントシス... [more] NLP2012-43
pp.29-34
NLP 2012-01-24
10:10
福島 會津稽古堂 状態と時間に依存して発火するカオス的スパイク発振器の解析
四辻和希今井聡志法政大)・三堀邦彦拓殖大)・斎藤利通法政大NLP2011-136
本論文では時間と状態に依存して発火するカオス的スパイク発振器について考察する。
状態に依存するスイッチのみを用いた場合... [more]
NLP2011-136
pp.69-73
NLP 2011-11-09
13:15
沖縄 宮古島マリンターミナル2F研修室 2つのしきい値を有するカオス的スパイキング発振器の基本動作
田中伸也斎藤利通法政大)・三堀邦彦拓殖大NLP2011-98
本論文では、2つのしきい値を有する区分定数カオス的スパイキング発振回路の典型的な現象について考察する。
同回路ではカオ... [more]
NLP2011-98
pp.37-42
NLP 2010-03-09
10:20
東京 上智大学 先見的知識を導入したマルチエージェント強化学習による船舶航路探索
神尾武司広島市大)・三堀邦彦拓殖大)・田中隆博海上保安大)・安 昌俊藤坂尚登生岩量久広島市大NLP2009-161
 [more] NLP2009-161
pp.21-26
NLP 2009-03-11
14:50
京都 キャンパスプラザ京都 強化学習による多船航路探索法
菅生翔平神尾武司広島市大)・三堀邦彦拓殖大)・田中隆博海上保安大)・安 昌俊藤坂尚登生岩量久広島市大NLP2008-167
 [more] NLP2008-167
pp.93-98
NLP 2009-02-28
09:20
神奈川 法政大学梶野町校舎西館W203教室 強化学習アルゴリズムに基づく4輪車の経路決定と切り返しの導入
五十嵐 陽三堀邦彦拓殖大NLP2008-131
本稿は、強化学習アルゴリズムに基づく4輪車の経路決定について議論する。我々は、壁に沿って駐車する例題である「縦列駐車」を... [more] NLP2008-131
pp.1-6
NLP 2009-02-28
09:40
神奈川 法政大学梶野町校舎西館W203教室 マルチエージェント環境における経路決定問題への強化学習アルゴリズムの適用
増田健司三堀邦彦拓殖大NLP2008-132
近年、多くの研究者がセルオートマトンによる歩行者の流れのモデルの構築を試みている。人工知能の分野では、そうしたモデルがマ... [more] NLP2008-132
pp.7-11
NLP 2008-03-28
11:40
兵庫 神戸大学 ファジィARTMAPにおけるガテゴリの拡大と縮小に関する一考察
神尾武司広島市大)・三堀邦彦拓殖大)・安 昌俊藤坂尚登生岩量久広島市大NLP2007-171
ファジィARTMAP(FAM)は超次元長方形で表現されるカテゴリによって入力空間を適応的に分割する教師あり学習システムで... [more] NLP2007-171
pp.25-30
NLP 2005-06-23
13:15
広島 広島市立大学 船舶航路決定と強化学習アルゴリズム
三堀邦彦海上保安大)・神尾武司広島市大)・田中隆博海上保安大
2隻の船が相手との衝突を互いに避けつつ航行する状況に的を絞り、それらの航路を決定する強化学習アルゴリズムについて議論する... [more] NLP2005-19
pp.19-24
NLP 2005-06-23
13:55
広島 広島市立大学 ARTニューラルネットワークによる強化学習のための状態生成器の改良
中村太亮神尾武司広島市大)・三堀邦彦海上保安大)・藤坂尚登広島市大
強化学習の研究では“探査と知識利用の間のトレードオフ”がしばしば議論される。これは、探査と知識利用が解のクオリティと学習... [more] NLP2005-20
pp.25-30
NLP 2005-03-26
11:25
東京 東京大学(本郷,山上会館) 適応的な状態空間分割を考慮した強化学習による操船経路決定
神尾武司森 賢児藤坂尚登広島市大)・三堀邦彦海上保安大
潮流のある海域での適切な操船経路の決定は重要かつ困難な問題である。我々はこのタスクを強化学習で解くための枠組みを提案して... [more] NLP2004-129
pp.25-30
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会