お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2022-05-19
14:05
東京 機械振興会館 伝達マトリックス法を用いた非線形特性を導入したランジュバン振動子の駆動特性解析
横山広大東大/日本特殊陶業)・笠島 崇日本特殊陶業)・三宅 奏森田 剛東大US2022-7
ボルト締めランジュバン型振動子は圧電体の非線形効果により高い応力条件下での振動速度の飽和や共振周波数の低下が生じることが... [more] US2022-7
pp.26-31
US 2022-05-19
14:30
東京 機械振興会館 チューブ型DPLUSにおける超音波伝搬過程の解明
山田恭平陳 康東大)・入江喬介マイクロソニック)・飯島高志産総研)・三宅 奏森田 剛東大US2022-8
DPLUSは二重放物面と細径導波路を有する超音波振動子であり,広帯域 (20 kHz-2.5 MHz) の強力超音波を局... [more] US2022-8
pp.32-37
US 2021-06-18
13:25
ONLINE オンライン開催 二重反射面構造による円筒型導波路への強力超音波導入(チューブ型DPLUS)
山田恭平陳 康東大)・入江喬介マイクロソニック)・飯島高志東京理科大)・三宅 奏森田 剛東大US2021-9
DPLUSは二重反射面構造により広帯域(0-2.5 MHz)かつ高出力(数MPa)の超音波を細棒先端に局所的に生成できる... [more] US2021-9
pp.6-11
US 2021-05-17
16:20
ONLINE オンライン開催 Reveal the vibration characteristics of DPLUS: the selection criteria of piezoelectric materials
Chen KangUniv. of Tokyo)・Irie TakasukeMicrosonic)・Iijima TakashiTokyo Univ. of Science)・Kasashima TakashiNGK)・Yokoyama KotaSusumu MiyakeMorita TakeshiUniv. of TokyoUS2021-6
 [more] US2021-6
pp.24-29
US 2018-02-19
16:00
東京 東京都立産業技術研究センター本部 強力超音波応用圧電材料の特性評価方法
三宅 奏東大)・笠島 崇山崎正人沖村康之日本特殊陶業)・永田 肇東京理科大)・森田 剛東大US2017-118
圧電材料のハイパワー駆動時には、大振幅の歪みに依存した非線形弾性・非線形弾性損失によって振動速度の飽和や共振周波数変化が... [more] US2017-118
pp.37-42
US 2017-12-11
16:45
東京 日本大学 非線形弾性係数を導入した圧電縦効果の伝達マトリクスによるランジュバン振動子のモデル化
岩間成裕三宅 奏森田 剛東大US2017-81
ボルト締めランジュバン振動子は、圧電体への圧縮予圧によりハイパワー駆動を可能としているが、最適予圧の導出方法は確立されて... [more] US2017-81
pp.37-40
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会