お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2022-08-18
16:20
北海道 室蘭市生涯学習センター きらん
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
サーバおよび組込GPU環境における圧縮センシングSAR画像再生の並列化
後町将人三菱電機)・上田和紀早大SANE2022-40
 [more] SANE2022-40
pp.38-43
SAT, SANE
(併催)
2022-02-25
10:55
ONLINE オンライン開催 局所ヒストグラム生成に基づく衛星SAR画像変化検出処理のCPU内蔵GPUによる高速化
後町将人三菱電機)・上田和紀早大SANE2021-101
本稿では, 観測時期の異なる複数SAR画像からの変化検出を対象としたCPU内蔵GPU向け並列化手法を提案する. 対象とす... [more] SANE2021-101
pp.21-25
ICM 2019-07-12
09:00
北海道 旭川市国際会議場 対称性の高い大規模ICTシステム更新に対する効率的な更改手順の自動計画手法
桑原拓也NEC)・恒川雄太郎齋藤諒人上田和紀早大ICM2019-15
ICT システムの更新を人手で行う負荷を軽減するため,モデル化された ICT システム上の初期状態から目的状態までの有効... [more] ICM2019-15
pp.53-58
SS, MSS
(共催)
2016-01-25
18:05
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB ハイブリッドシステムのシミュレーションにおける精度保証数値計算と数式処理との連携
松本翔太上田和紀早大MSS2015-51 SS2015-60
本研究の目的は離散変化と連続変化の両方を伴う動的システム
(ハイブリッドシステム)の精度保証シミュレータの開発である.... [more]
MSS2015-51 SS2015-60
pp.93-98
CPSY, DC
(併催)
2014-07-29
15:40
新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター Hash Compaction を利用したグラフ書換え系モデル検査の大規模化とその評価
吉田健人小沼 賢上田和紀早大DC2014-19
グラフ書換え系モデル検査とはグラフ書換え系をモデリング言語として, そのモデルが取りうる全ての状態を網羅的に探索すること... [more] DC2014-19
pp.9-16
DC, CPSY
(併催)
2011-07-28
16:15
鹿児島 かごしま県民交流センター 基数制約に対応するクラスタ向け並列SATソルバとその評価
徐 暁雋山根裕二上田和紀早大DC2011-17
実問題から生成される構造的な問題に含まれる基数制約は,真理値のみを扱う SAT ソルバにとってホ&#12... [more] DC2011-17
pp.13-18
CPSY, DC
(併催)
2010-08-03
- 2010-08-05
石川 金沢市文化ホール 強連結成分の特性を用いた並列モデル検査アルゴリズムSCC-OWCTYの設計と評価
川端聡基小林史佳上田和紀早大DC2010-16
モデル検査は状態空間の網羅的探索に基づく自動検証手法であり,その一つであるLTL モデル検査はオートマトンの受理サイクル... [more] DC2010-16
pp.13-18
CPSY, DC
(併催)
2010-08-03
- 2010-08-05
石川 金沢市文化ホール LMNtalモデル検査器における状態爆発対策
後町将人上田和紀早大DC2010-17
システム検証技術として注目を集めるモデル検査は, 必要なメモリと時間が爆発的に増加(状態爆発)する問題を抱えており, 大... [more] DC2010-17
pp.19-24
MSS 2009-01-30
09:55
神奈川 神奈川県産業振興センター会議室(第一会議室) 微分制約論理式によるハイブリッドシステムのモデリングと検証
石井大輔上田和紀早大)・細部博史NIICST2008-53
本研究ではハイブリッドシステムの到達可能性検証のための有界モデル検査法(bounded model checking)を... [more] CST2008-53
pp.67-70
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会