お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DC, SS
(共催)
2022-10-25
13:00
福島 コラッセふくしま
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]AIの倫理的な品質特性としてのプライバシー
中島 震NIISS2022-25 DC2022-31
 [more] SS2022-25 DC2022-31
p.22
DC, SS
(共催)
2022-10-25
14:15
福島 コラッセふくしま
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
畳み込みニューラルネットワーク(CNN)における学習プログラムの欠陥とモデルの歪みの関係性
土屋拓実岡野浩三小形真平信州大)・中島 震NIISS2022-26 DC2022-32
近年, 機械学習ソフトウェアの品質問題が重要視されている. 機械学習ソフトウェアの品質を考えるとき, 標準的な評価方法は... [more] SS2022-26 DC2022-32
pp.23-28
DC, SS
(共催)
2022-10-25
14:40
福島 コラッセふくしま
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
畳み込みニューラルネットワークにおける評価データの網羅性指標の比較
横山友杜岡野浩三小形真平信州大)・中島 震NIISS2022-27 DC2022-33
Deep Neural Network (DNN) の評価データのテスト品質を測定する指標としてNeuron Cover... [more] SS2022-27 DC2022-33
pp.29-34
SS 2022-03-07
11:20
ONLINE オンライン開催 テスト実行結果を自動分類するための機械学習モデルを利用した実行トレースのアブレーションとメソッド単位でのバグ箇所推定
池田拓真岡野浩三小形真平信州大)・中島 震NIISS2021-44
テスト実行の結果を自動的に分類する課題はテストオラクル問題と呼ばれる. これはテスト自動化における重要な課題である.
... [more]
SS2021-44
pp.13-18
SS, MSS
(共催)
2022-01-12
09:15
長崎 長崎県建設総合会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
テスト実行結果を自動分類するためのメソッドにおける近接情報を活用した実行トレースの符号化
池田拓真岡野浩三小形真平信州大)・中島 震NIIMSS2021-46 SS2021-33
テスト実行の結果を自動的に分類する課題はテストオラクル問題と呼ばれる. これはテスト自動化における重要な課題である. 本... [more] MSS2021-46 SS2021-33
pp.83-88
SS 2020-03-04
14:20
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
訓練済み機械学習モデル歪みの定量指標
中島 震NIISS2019-44
 [more] SS2019-44
pp.19-24
SS, MSS
(共催)
2020-01-15
10:30
広島 広島市立大学 サテライトキャンパス 機械学習ソフトウェア・テスティングの技術動向
中島 震NIIMSS2019-51 SS2019-35
 [more] MSS2019-51 SS2019-35
pp.61-66
SS 2019-03-05
15:00
沖縄 沖縄産業支援センター 機械学習ソフトウェアの品質評価保証レベル
中島 震NII)・妹尾義樹大岩 寛磯部祥尚産総研SS2018-79
 [more] SS2018-79
pp.163-168
KBSE, SC
(共催)
2018-11-09
13:00
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 機械学習ソフトウェアの品質:製品,サービス,プラットフォーム
中島 震NIIKBSE2018-31 SC2018-26
 [more] KBSE2018-31 SC2018-26
pp.19-24
SS 2018-03-07
15:30
沖縄 南大東島 品質保証からみた機械学習ソフトウェアの不確かさ
中島 震NIISS2017-77
 [more] SS2017-77
pp.75-80
SS 2017-03-09
10:20
沖縄 てんぶす那覇 純戦略ゲームのデバッグ
中島 震NIISS2016-62
 [more] SS2016-62
pp.13-18
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-13
09:50
北海道 北海道立道民活動センター テスト不可能プログラム中の準テスト可能コアのテスティング
中島 震NII)・Bui Ngoc HaiVNUSS2016-1 KBSE2016-7
 [more] SS2016-1 KBSE2016-7
pp.1-6
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2015-07-24
10:40
北海道 札幌市教育文化会館 AlloyとEvent-Bを用いる2段階モデリング手法
中島 震NIISS2015-32 KBSE2015-25
 [more] SS2015-32 KBSE2015-25
pp.161-166
SS 2015-03-09
10:20
沖縄 沖縄県青年会館 SNIPER: An LLVM-based Automatic Fault Localization Tool for Imperative Programs
Si-Mohamed LamraouiShin NakajimaNIISS2014-57
 [more] SS2014-57
pp.13-18
SS 2014-10-24
10:00
高知 高知市文化プラザかるぽーと 有界な時区間におけるコスト制約問題としての電力消費解析
中島 震NIISS2014-30
 [more] SS2014-30
pp.29-34
SS 2014-03-11
14:00
沖縄 てんぷす那覇:第1・2会議室 省電力プロセッサのアンドロイド・アプリ電力消費モデルへの影響
中島 震NIISS2013-78
 [more] SS2013-78
pp.37-42
SS, KBSE
(共催)
2013-07-25
11:30
北海道 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) Automated Error Localization with Weighted Partial Maximum Satisfiability
Si-Mohamed LamraouiShin NakajimaNIISS2013-13 KBSE2013-13
 [more] SS2013-13 KBSE2013-13
pp.1-6
SS 2013-01-10
14:00
沖縄 沖縄県石垣市民会館 リファインメント・プランニング
中島 震NII
 [more] SS2012-48
pp.13-18
SS 2011-10-28
11:15
石川 北陸先端科学技術大学院大学 有限Alloy記述の段階的な構築について
小飼 敬茨城高専)・中島 震NII)・上田賀一茨城大SS2011-36
Alloy記述を作成する過程では,記述の確認を行う繰り返し作業の際に,探索スコープを限定したコマンドで解析することが多い... [more] SS2011-36
pp.55-60
SS 2011-06-30
11:00
海外 高麗大(韓国) Verification of BPEL Workflows Design using Model Checking
Ryosuke NakashiroYasutaka KameiNaoyasu UbayashiKyushu Univ.)・Shin NakajimaNII)・Akihito IwaiDensoSS2011-2
 [more] SS2011-2
pp.7-10
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会