お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-03
16:00
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
コンセプトドリフトに対応した脆弱性記述に基づく脆弱性特性の自動評価 ~ トピック固有単語を用いた特徴抽出手法 ~
中川舜太神戸大)・古本啓祐NICT)・白石善明神戸大)・瀧田 愼兵庫県立大)・毛利公美岐阜大)・森井昌克神戸大ICSS2019-92
ソフトウェアの脆弱性は組織に莫大な損失をもたらす危険性がある.セキュリティ担当者は,脆弱性を狙った攻撃のリスクを最小限に... [more] ICSS2019-92
pp.151-155
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2019-03-08
10:00
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター 脅威情報のモデル化のためのセキュリティレポートからのイベント情報の抽出
中川舜太永井達也神戸大)・金原秀明古本啓祐NICT)・瀧田 愼白石善明神戸大)・高橋健志NICT)・毛利公美岐阜大)・髙野泰洋森井昌克神戸大ICSS2018-78
 [more] ICSS2018-78
pp.89-94
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2019-03-08
10:50
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター Encoder-Decoderモデルを用いたセキュリティレポートに出現する用語の説明文の生成
乾 智裕永井達也中川舜太神戸大)・古本啓祐NICT)・瀧田 愼白石善明神戸大)・毛利公美岐阜大)・髙野泰洋森井昌克神戸大ICSS2018-80
攻撃を未然に防ぐ対策や被害に備えた対応計画を整える準備のための脅威情報の収集元としてセキュリティベンダが発行するセキュリ... [more] ICSS2018-80
pp.101-104
ICSS 2018-11-22
13:30
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 機械学習による脆弱性記述に基づく深刻度推定
中川舜太永井達也神戸大)・金原秀明古本啓祐NICT)・瀧田 愼白石善明神戸大)・高橋健志NICT)・毛利公美岐阜大)・髙野泰洋森井昌克神戸大ICSS2018-64
ソフトウェアの脆弱性は,個人や企業などに大きな損失をもたらす危険性がある.組織においてシステム管理者やセキュリティ担当者... [more] ICSS2018-64
pp.61-66
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会