お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2023-02-28
13:50
大阪 近畿大学 東大阪キャンパス 非接触音響探査法における送信波形との相関処理による内部欠陥検出に関する検討
杉本恒美中川 裕杉本和子上地 樹桐蔭横浜大)・歌川紀之黒田千歳佐藤工業
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
18:30
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
量子選択CI法 ~ 量子計算により特定した部分空間における多電子ハミルトニアンの対角化 ~
菅野恵太・○甲田昌也今井良輔高 翔中川裕也QunaSys
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-31
16:20
ONLINE オンライン開催 量子多体ダイナミクスに対する局所量子コンパイリング
水田 郁理研)・中川裕也QunaSys)・御手洗光祐藤井啓祐阪大
量子回路上で量子多体系の時間発展演算子を実装することは、量子ダイナミクスや量子位相推定など凝縮系物理・量子化学への応用で... [more]
AP, SANE, SAT
(併催)
2021-07-29
13:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]Wi-Fi RTTを用いた機械学習による屋内位置推定手法の検討
林 遼平中川裕人泉 貴志パナソニック システムネットワークス開発研)・阿部伸也山内弘貴パナソニックAP2021-38
無線通信を利用した位置推定手法として、無線LANやBLEの受信電界強度(RSSI) を利用した位置推定があるが、測距精度... [more] AP2021-38
pp.81-85
QIT
(第二種研究会)
2020-12-10
15:40
ONLINE オンライン開催 摂動的アプローチによる変分量子アルゴリズムの効率的初期化とベンチマーク
御手洗光祐阪大)・鈴木泰成NTT)・水上 渉阪大QIQB)・中川裕也QunaSys)・藤井啓祐阪大
 [more]
SITE, IPSJ-EIP
(連催) [詳細]
2020-06-04
13:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]AIの倫理:パーソナルAIエージェントとその応用
中川裕志理研SITE2020-4
 [more] SITE2020-4
pp.21-28
RECONF 2019-05-09
16:35
東京 東工大蔵前会館 ストリーミングによるデータフィルタリング処理のFPGA実装事例
中川裕貴堤 泰卓・○久我守弘尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大RECONF2019-8
近年IoT(Internet of Things)機器の普及に伴いビッグデータの収集が容易になり,データ解析の需要が高ま... [more] RECONF2019-8
pp.41-46
US 2019-02-22
10:30
神奈川 桐蔭横浜大学 非接触音響探査法を用いた軟性容器内容物粘度の容器外部からの測定に関する研究
川井重弥中川 裕杉本恒美ToinUS2018-108
 [more] US2018-108
pp.1-4
RECONF 2018-09-18
15:15
福岡 LINE Fukuokaカフェスペース ストリーミングによるデータベースフィルタ処理の一検討
中川裕貴久我守弘尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大RECONF2018-33
近年IoT(Internet of Things)機器の普及に伴いビッグデータの収集が容易になり,データ解析の需要が高ま... [more] RECONF2018-33
pp.79-84
US 2018-08-30
14:45
東京 東京工業大学田町キャンパス CCDカメラを用いた葉の固有振動解析による植物の水ストレス状態の推定2
佐野元昭内川千春中川 裕大平武征白川貴志杉本恒美桐蔭横浜大US2018-44
土耕栽培における最適潅水制御を実現するため,我々は葉の固有振動数の変化に着目しており,これまでに,葉の固有振動数は日周変... [more] US2018-44
pp.19-24
US 2018-02-19
13:50
東京 東京都立産業技術研究センター本部 非接触音響探査法を用いた軟性容器の内部気体量の検出に関する研究
川井重弥中川 裕杉本恒美桐蔭横浜大US2017-114
 [more] US2017-114
pp.13-18
US 2018-02-19
16:25
東京 東京都立産業技術研究センター本部 音波振動を用いた航空宇宙部品の検査に関する研究
中川 裕杉本恒美杉本和子小菅信章桐蔭横浜大)・今井 済木村憲志佐藤明良IHIエアロスペースUS2017-119
 [more] US2017-119
pp.43-48
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-06
10:30
熊本 くまもと県民交流館パレア hCODE 2.0: FPGAクラスタシステム向けオープンソース開発管理プラットフォーム
中川裕貴趙 謙尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大VLD2017-27 DC2017-33
近年,AmazonやMicrosoft等の主要なクラウド事業者が,FPGAを用いてクラウドアプリケーションを高性能化して... [more] VLD2017-27 DC2017-33
pp.1-6
US 2017-06-27
15:50
東京 東京大学・本郷キャンパス CCDカメラを用いた葉の固有振動解析による植物の水ストレス状態の推定
佐野元昭内川千春中川 裕大平武征白川貴志杉本恒美桐蔭横浜大US2017-26
土耕栽培において最適潅水制御を行うには,植物の水ストレスを非侵襲的に推定する必要がある.その方法として,我々は葉の固有振... [more] US2017-26
pp.31-36
US 2017-02-21
16:00
茨城 産総研 つくば東事業所 第一会議室(本館1階) 非接触音響探査法を用いたスポット溶接径の推定に関する研究
中川 裕杉本恒美桐蔭横浜大)・田中幹人テクノシステムUS2016-126
現在、車や電車のボディの溶接にスポット溶接と呼ばれる溶接法が使用されている。スポット溶接には溶接部のひずみが少なく、溶接... [more] US2016-126
pp.31-36
MW 2016-05-20
09:45
京都 京都大学 宇治キャンパス TEモード共振器型人工誘電体フィルタの損失メカニズムと特性の検討
中川裕人石崎俊雄龍谷大MW2016-16
人工誘電体は波長より短い金属粒子を結晶構造に配置することで構成され、大きな実効誘電率が得られる。人工誘電体の特性を利用し... [more] MW2016-16
pp.29-33
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(連催)
NC, IBISML
(併催) [詳細]
2015-06-23
11:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 大規模データ・高次元トピックに対応したトピックモデル
横井創磨佐藤一誠中川裕志東大IBISML2015-5
大規模な文書データに対して頻度分布のロングテールに位置する単語は情報量が少ないため,トピックモデルと呼ばれる単語の統計モ... [more] IBISML2015-5
pp.27-31
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(連催)
NC, IBISML
(併催) [詳細]
2015-06-23
13:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 差分プライバシと擬ベイズ事後分布
南 賢太郎荒井ひろみ佐藤一誠中川裕志東大IBISML2015-7
差分プライバシは,個人情報を含むデータから構成した推定量や学習器を外部に公開する場合のプライバシ保護基準として代表的なも... [more] IBISML2015-7
pp.39-46
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(連催)
NC, IBISML
(併催) [詳細]
2015-06-23
16:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 比較バンディット問題における最適なアルゴリズム ~ ランキング手法比較や選好情報学習を目的として ~
小宮山純平本多淳也東大)・鹿島久嗣京大)・中川裕志東大IBISML2015-14
バンディット問題(multi-armed bandit problem)は、情報の活用と探索の間のトレードオフをモデル化... [more] IBISML2015-14
pp.87-94
QIT
(第二種研究会)
2015-05-25
11:20
大阪 大阪大学 量子アニーリングを用いたクラスタ分析
田中 宗早大)・佐藤一誠東大)・栗原賢一Google)・宮下精二中川裕志東大
 [more]
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会