お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 115件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2023-12-11
- 2023-12-13
福岡 北九州観光コンベンションAIM-3F
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
協調的問題解決タスク中の視線と不安および失感情症傾向の調査
宮本佳奈田中宏季中村 哲奈良先端大
不安や失感情症などの個人の特性は,視線に影響を与えることが知られている.視線は円滑なコミュニケーションに必要な要素であり... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2023-12-11
- 2023-12-13
福岡 北九州観光コンベンションAIM-3F
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
大規模言語モデルを利用した認知行動療法に基づく対話システムの応答生成
泉 健太田中宏季設樂一碩奈良先端大)・足立浩祥金山大祐工藤 喬阪大)・中村 哲奈良先端大
モバイルヘルスアプリ(mHealth)において、認知行動療法(CBT)などの技法に基づきあらかじめ定義されたシナリオや単... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2023-12-11
- 2023-12-13
福岡 北九州観光コンベンションAIM-3F
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
単一話者特徴を利用したターンテイキング予測モデルの検証
大西一誉田中宏季中村 哲奈良先端大
二者間会話の発話予測は、人間とバーチャルエージェントのターンテイキングを自然にするため重要である。多くのモデルは二者の特... [more]
HIP, HCS
(共催)
(連催) [詳細]
2023-09-11
13:30
愛媛 人間環境大学松山道後キャンパス 高齢者対話における音響的および韻律的エントレインメントの分析
杉本浩之田中宏季中村 哲奈良先端大HCS2023-57 HIP2023-47
会話中のエントレインメント(会話相手に対する話し方の適応)は, 言語的および非言語的特徴において生じる.加えて, エント... [more] HCS2023-57 HIP2023-47
pp.1-6
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
仮想エージェントとの認知行動療法中の心理的ストレスの推定に向けたマルチモーダル特徴量の影響の調査
設樂一碩田中宏季奈良先端大)・足立浩祥金山大祐阪上由香子工藤 喬阪大)・中村 哲奈良先端大
認知行動療法(CBT)は、精神疾患の治療や日常のメンタルヘルスケアとして確立された手法である。対面での自動対話が可能なイ... [more]
NLC, SP
(共催)
IPSJ-NL, IPSJ-SLP
(共催)
(連催) [詳細]
2022-11-30
16:00
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
どう言ったかを何を言ったかで表す ~ フォーカスを含んだ発話及びその含意を反映したテキストを含む英語コーパス ~
鱸 尚晃中村 哲奈良先端大NLC2022-15 SP2022-35
音声対話において,意図は「何を言ったか(言語情報)」と,「どう言ったか(パラ言語情報)」で伝えられる .本研究では,パラ... [more] NLC2022-15 SP2022-35
pp.33-38
HCS 2022-08-26
14:45
兵庫 関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
表情認知課題と視点取り課題を用いた自閉傾向の予測
岩内厚大田中宏季中村 哲奈良先端大HCS2022-38
自閉スペクトラム症は,精神科医が診断基準に基づき,診断を行なっている.臨床診断の精度を向上させるために,自閉特有の行動指... [more] HCS2022-38
pp.14-17
IMQ, HIP
(共催)
2022-07-08
13:00
北海道 札幌市立大学 サテライトキャンパス 仮想エージェントの心の理論の程度・ソーシャルスキルトレーニングがユーザの信頼性に与える影響
田中宏季佐賀健志・○岩内厚大中村 哲奈良先端大IMQ2022-4 HIP2022-35
 [more] IMQ2022-4 HIP2022-35
pp.1-4
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 音楽を用いた感情誘導のための脳波からの感情予測
宮本佳奈田中宏季中村 哲奈良先端大/理研
日常生活において感情の誘導が必要な場面が存在する.音楽は感情を変化させる刺激の一つである.しかし,音楽聴取時の感情には個... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 SNSカウンセリングデータを用いた精神的な悩みの検出と分析
設樂一碩田中宏季奈良先端大)・浅田留美子東山佳代大阪府)・足立浩祥金山大祐阪上由香子工藤 喬阪大)・中村 哲奈良先端大
SNSを用いた遠隔でのカウンセリングは、移動制限、時間の制限、心理的抵抗を克服するために不可欠である。カウンセリング窓口... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 情動認知刺激の種類を考慮した眼球運動からの精神疾患の鑑別
岩内厚大田中宏季奈良先端大)・岡﨑康輔岩坂英巳松田康裕浦谷光裕盛本 翼奈良県立医科大)・中村 哲奈良先端大
自閉スペクトラム症 (以下,ASD),統合失調症 (以下,Sz) の人々は社会性,コミュニケーションに困難を有している.... [more]
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 局所的な句構造の情報を用いたニューラル音声合成
海木延佳サクティ サクリアニ中村 哲奈良先端大SP2021-23
自然な韻律をもつ日本語音声を合成するため、局所的な句構造に基づくフレーズ成分を表す韻律記号をend-to-end音声合成... [more] SP2021-23
pp.107-112
MW, ED
(共催)
2021-01-29
14:25
ONLINE オンライン開催 界面不純物低減によるGaN基板上GaN-HEMTの高効率化
熊崎祐介多木俊裕小谷淳二尾崎史朗富士通/富士通研)・新井田佳孝富士通研)・美濃浦優一富士通/富士通研)・西森理人富士通)・岡本直哉富士通/富士通研)・佐藤 優中村哲一富士通研)・渡部慶二富士通/富士通研ED2020-34 MW2020-87
 [more] ED2020-34 MW2020-87
pp.34-37
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 マルチモーダル情報を用いたソーシャルスキルの客観的推定
佐賀健志田中宏季奈良先端大)・岩坂英巳奈良県立医科大)・中村 哲奈良先端大
ソーシャルスキルトレーニングは、日常のコミュニケーション中に適切なソーシャルスキルを習得するために使われる効果的な方法で... [more]
MICT, WBS
(共催)
2020-07-21
14:15
ONLINE オンライン開催 光無線MIMOシステムの通信性能に及ぼす光素子配置の影響
中村哲也ベンナイラ シャドリア名大)・小林健太郎名城大)・岡田 啓片山正昭名大WBS2020-4 MICT2020-3
高速通信用の4×4 光無線MIMO(Multiple-Input Multiple-Output) 通信システムの送受信... [more] WBS2020-4 MICT2020-3
pp.13-18
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2020-05-14
15:50
ONLINE オンライン開催 感情誘導に向けた音楽生成及び脳波からの感情推定の検討
宮本佳奈田中宏季中村 哲奈良先端大HCS2020-9 HIP2020-9
音楽を用いた感情誘導に関する研究は行われているが,感情の誘発程度には個人差がある.そこで我々は,脳波から推定したユーザの... [more] HCS2020-9 HIP2020-9
pp.41-45
NS, NWS
(併催)
2020-01-23
17:15
沖縄 石垣島商工会館 [招待講演]オープンソースコミュニティにおけるネットワーク仮想化の取り組み ~ コミュニティ活動の苦労とノウハウ ~
高田直樹中村哲朗松井健一NTTNS2019-167
現在のコンピュータシステムは非常に多くのソフトウェアから構成され、その中でオープンソースソフトウェア(OSS)が利用され... [more] NS2019-167
pp.37-42
PRMU 2019-12-20
16:10
大分 大分大学 セマンティックセグメンテーションと閉領域内のラベル投票によるアニメ線画の自動彩色
石井大地久保尋之品川政太朗舩冨卓哉奈良先端大)・前島謙宣オー・エル・エム・デジタル/IMAGICA GROUP)・中村 哲向川康博奈良先端大PRMU2019-63
アニメ制作における彩色の工程は,大量の線画に対して色見本で指示された通りに彩色する必要があり,ツールの補助は受けているも... [more] PRMU2019-63
pp.105-110
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 時系列注意機構モデルによる脳波を用いた音声文の意味誤り検出
本村駿乃介田中宏季中村 哲奈良先端大
音声文中の意味誤りを検出するため,単一試行脳波信号を用いた注意機構付きリカレントニューラルネットワークによる手法を提案す... [more]
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2019-07-20
11:15
新潟 風鈴屋(新潟県月岡温泉) [招待講演]マルチモーダルマシンスピーチチェーンの実現に向けて
サクティ サクリアニ中村 哲奈良先端大/理研SP2019-7
 [more] SP2019-7
pp.3-7
 115件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会