お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP 2022-03-06
16:00
ONLINE オンライン開催 解集合プログラミングを用いた制約を満たすラベル付きグラフの列挙
中畑 裕奈良先端大COMP2021-36
制約を満たすグラフの列挙は,グラフ理論の研究や,実用上のテストケース生成のために重要である.本稿では解集合プログラミング... [more] COMP2021-36
pp.26-30
COMP 2021-12-03
11:10
石川 金沢商工会議所会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Token Sliding on Directed Graphs
Takehiro ItoTohoku Univ)・Yuni IwamasaYasuaki KobayashiKyoto Univ)・Yu NakahataNAIST)・○Masahiro TakahashiKyoto Univ)・Yota OtachiNagoya Univ)・Kunihiro WasaToyohashi TechCOMP2021-23
given a directed graph and two sets of pairwise nonadjacent ... [more] COMP2021-23
pp.11-18
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2019-05-11
10:40
熊本 熊本大学 ZDDを用いたグラフ細分構造の列挙索引化
中畑 裕川原 純京大)・堀山貴史埼玉大)・湊 真一京大COMP2019-3
グラフ $H$ の細分とは,$H$ の各辺にいくつかの頂点を挿入して得られるグラフである.
本研究では,グラフ $G$... [more]
COMP2019-3
pp.51-58
COMP 2018-10-26
15:55
京都 京都大学 [依頼講演]SEA2018発表報告および最近の研究について
中畑 裕川原 純奈良先端大COMP2018-29
グラフを複数の連結成分にバランスよく分割する問題は様々な応用を持つ.
多目的な問題においては,1つの解を見つけるだけで... [more]
COMP2018-29
p.57
COMP 2018-09-18
15:20
福岡 九州工業大学(飯塚キャンパス) 非同型な2端子直並列グラフの列挙とランダムサンプリング
伝住周平東大)・堀山貴史埼玉大)・栗田和宏北大)・中畑 裕奈良先端大)・鈴木浩史北大)・○和佐州洋NII)・山崎一明北陸先端大COMP2018-17
2端子直並列グラフとは,2つの頂点とそれらをつなぐ1つの辺からなるグラフに対して,次の2種類の操作を繰り返し適用すること... [more] COMP2018-17
pp.55-62
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会