お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, RCS, NV
(併催)
2020-05-22
10:35
ONLINE オンライン開催 LTE環境における応答遅延特性の時系列モデリングによる分析
山本航平若宮直紀阪大)・中野 亮藤原亮介日立IN2020-5
産業用モニタリングシステムにおける運用管理コストの低減のため,迅速な障害検知・予測,ならびに原因の特定と対処法の提示が求... [more] IN2020-5
pp.19-24
ASN
(第二種研究会)
2018-11-30
11:20
海外 ハノイ工科大学、ベトナム Environment-aware data collection mechanism for industrial sensor networks with dynamic requirements.
Yuichi IgarashiRyo NakanoHitachi)・Naoki WakamiyaOsaka Univ.
(事前公開アブストラクト) Generally speaking, industrial systems require... [more]
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
13:10
北海道 函館アリーナ 鉄道分野での活用を想定した無線トモグラフィによるプライバシーに配慮した物体検知システムの開発
原田 諭坂本憲靖JR東日本)・五十嵐悠一中野 亮高橋政俊日立ASN2018-22
 [more] ASN2018-22
pp.37-42
ASN
(第二種研究会)
2017-11-30
11:20
海外 Eastparc Hotel(ジョグジャカルタ) Development of Multi-rate Data Collecting technology for Wireless Communication based Remote Monitoring System in Substation
Yuichi IgarashiRyo NakanoJumpei HondaHiroshige KashiwabaraTsukasa FujimoriMunenori DegawaHitachi
(事前公開アブストラクト) We have developed a wireless communication bas... [more]
ASN 2016-05-12
10:25
東京 構造計画研究所 本所新館 無線センサネットワークの耐故障性を保証する最少リレーノード配置手法
市川 嵩若宮直紀阪大)・中野 亮五十嵐悠一日立ASN2016-2
ノードの設置箇所に制約のある無線センサネットワークにおいて,メッセージ中継に特化したリレーノードを追加配置することによっ... [more] ASN2016-2
pp.7-12
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2015-01-26
09:25
和歌山 南紀白浜温泉 ホテルむさし 無線センサネットワークにおける干渉を考慮した自律分散的なバックアップ経路構築手法の提案と評価
進藤亜湖若宮直紀村田正幸阪大)・中野 亮高谷幸宏日立ASN2014-108
スマートグリッドなどでの応用が期待されている低消費電力,高損失な無線センサネットワークにおいては,通信障害や端末故障によ... [more] ASN2014-108
pp.7-12
RCC, ASN, NS, RCS, SR
(併催)
2014-07-30
14:20
京都 京都テルサ [奨励講演]大規模無線マルチホップネットワークにおける機器配置支援手法の検討と実証実験
中野 亮原田 諭五十嵐悠一佐藤弘起高谷幸宏門田和也日立ASN2014-42
近年,社会インフラ向けシステムとして,数百~数千台規模の端末からデータ収集を行う大規模無線マルチホップネットワークが数多... [more] ASN2014-42
pp.13-18
ET 2014-03-08
17:05
高知 高知工業高等専門学校 知的財産法学習のためのARCSモデルに基づく教材設計・開発
東本崇仁松村 駿中野亮太赤倉貴子東京理科大ET2013-120
知的財産に関する知識の習得の重要性は周知であるが,必修科目に設定している大学は多くはない.効果的に学習を行うためには,講... [more] ET2013-120
pp.165-170
ASN 2013-11-28
10:00
東京 機械振興会館 [ポスター講演]社会インフラ向け大規模無線マルチホップネットワークに関する検討と実証実験
中野 亮原田 諭五十嵐悠一佐藤弘起門田和也日立ASN2013-90
近年,自動検針システムやセンサネットワークを始め,数百~数千台規模の端末からデータ収集を行う大規模無線マルチホップネット... [more] ASN2013-90
pp.17-18
IN, NS
(併催)
2011-03-04
08:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター 秘書問題を応用した移動中継端末へのメッセージ転送スケジューリング手法
中野 亮塚本和也鶴 正人尾家祐二九工大NS2010-225
近年,従来の有線・無線通信と移動端末の物理的移動による運搬を組み合わせてメッセージを中継する蓄積運搬型通信が提案されてい... [more] NS2010-225
pp.357-362
NS, IN
(併催)
2010-03-05
14:00
宮崎 宮崎シーガイア 蓄積運搬型通信を用いた自動車情報ネットワークの実証実験
中野 亮九工大)・山田 浩富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・山村新也永田 晃NICT)・鶴 正人尾家祐二九工大NS2009-253
我々は,蓄積運搬型通信をスケーラブルに機能させるために,蓄積運搬型通信を適用するエリアを仮想的なセグメントに分割する事で... [more] NS2009-253
pp.511-516
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会