お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP 2022-08-02
14:40
ONLINE オンライン開催 エルゴード的セルオートマトンを用いた蝸牛モデルの非線形音声処理
久保田一季法政大)・武田健太郎香川大)・鳥飼弘幸法政大NLP2022-34
本研究では,エルゴード的セルオートマトンを用いた蝸牛モデルを提案する.提案モデルは単音刺激に対して周波数選択性を持つ.ま... [more] NLP2022-34
pp.29-34
CCS 2021-11-19
09:55
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
エルゴード的セルオートマトンを用いた蝸牛モデル
久保田一季鳥飼弘幸法政大CCS2021-25
本研究では,エルゴード的セルオートマトンを用いた蝸牛モデルを提案する.提案モデルは単音刺激に対して周波数選択性を持つ.ま... [more] CCS2021-25
pp.43-48
SIP, RCS
(共催)
2013-02-01
11:15
広島 ビューポートくれ(呉) NMRにおけるデータ抽出のためのデータ分類手法の一提案
田谷 悠阿部俊弘東京理科大)・河合剛太千葉工大)・古川利博東京理科大)・久保田 一千葉工大SIP2012-103 RCS2012-260
DNAやタンパク質の構造を解析する手法としてNMRが注目されており,
NMRでは大量のデータの中から構造解析の対象とな... [more]
SIP2012-103 RCS2012-260
pp.133-137
EA 2012-12-14
11:15
東京 国立情報学研究所 帯域抽出を用いた極推定法における適切な抽出帯域幅
村田恵介古川利博東京理科大)・久保田 一千葉工大EA2012-115
帯域抽出を用いた極推定法は,その信号の生成モデルであるARシステムの係数推定と,その係数を有する高次方程式を解くことに基... [more] EA2012-115
pp.35-39
CAS, CS, SIP
(共催)
2012-03-08
15:10
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 ARモデルに基づくFID信号の周波数と減衰率の推定における高い減衰率が推定精度に与える影響
田谷 悠古川利博東京理科大)・久保田 一千葉工大CAS2011-117 SIP2011-137 CS2011-109
現在、核磁気共鳴分光法(NMR:Nuclear Magnetic Resonance)における自由誘導減衰(FID:Fr... [more] CAS2011-117 SIP2011-137 CS2011-109
pp.61-64
EA, SIP, SP
(共催)
2011-05-13
10:25
大阪 立命館大学 スパースなスペクトルを有する系に対する高精度な極推定法とNMRスペクトル解析への応用
中尾朋喜村田恵介古川利博東京理科大)・久保田 一千葉工大EA2011-22 SIP2011-22 SP2011-22
 [more] EA2011-22 SIP2011-22 SP2011-22
pp.125-130
EA 2010-10-22
13:25
石川 金沢市近江町交流プラザ 圧電超音波モータを用いたスピーカの駆動方式の改良
大賀寿郎芝浦工大/ミックス音研)・根岸廣和ミックス音研)・鈴木涼介武田 元斉藤宏輝江川達也千葉工大)・大平郁夫自営)・前田和昭TOA)・久保田 一千葉工大EA2010-77
著者らのチームは回転進行波型及び直動型の2種類の圧電超音波モータを用いた直接放射型スピーカの検討をすすめている。前者につ... [more] EA2010-77
pp.115-120
EA 2010-10-22
14:15
石川 金沢市近江町交流プラザ 時間遅延推定のためのケプストラム解析による残響抑圧法
永瀬竜道千葉工大)・大石邦夫東京工科大)・久保田 一千葉工大EA2010-79
 [more] EA2010-79
pp.127-132
EA 2010-07-16
13:30
東京 リオン(株) 最小2乗型同時対角化問題を用いた周波数領域におけるブラインド信号分離とその性能評価
齋藤晋哉千葉工大)・大石邦夫東京工科大)・久保田 一千葉工大EA2010-39
本論文では,周波数領域において観測信号の空間相関行列の逆行列に最小 2 乗型同時対角化問題を適用して,分離行列を推定す... [more] EA2010-39
pp.7-12
RCS, SIP
(共催)
2010-01-21
14:30
福岡 九大 過剰に高次な推定系における推定極からの極の選抜による高精度な極推定手法の提案
中尾朋喜千葉工大)・村田恵介東京理科大)・久保田 一千葉工大SIP2009-84 RCS2009-218
 [more] SIP2009-84 RCS2009-218
pp.65-70
EA 2009-10-23
10:05
新潟 長岡技科大 最小2乗型同時対角化問題を用いたブラインド信号分離のための分離行列の推定法
齋藤晋哉千葉工大)・大石邦夫東京工科大)・久保田 一千葉工大EA2009-68
 [more] EA2009-68
pp.73-78
SIP, CAS, VLD
(共催)
2009-07-02
11:30
北海道 釧路市生涯学習センター 極の平均二乗誤差による極推定評価法の一提案
中尾朋喜千葉工大)・村田恵介東京理科大)・久保田 一千葉工大CAS2009-16 VLD2009-21 SIP2009-33
 [more] CAS2009-16 VLD2009-21 SIP2009-33
pp.85-89
EA, SIP, SP
(共催)
2009-05-29
14:15
兵庫 兵庫県立大学 帯域抽出による偏分布極の高精度な推定法
村田恵介古川利博東京理科大)・久保田 一千葉工大EA2009-13 SIP2009-13 SP2009-18
ARモデルに忠実に従うシステムに対する極推定法が研究されている.このようなシステムの極推定は,たとえば核磁気共鳴分光法な... [more] EA2009-13 SIP2009-13 SP2009-18
pp.65-70
SIP, WBS
(共催)
2008-07-25
14:30
広島 広島大学 位相情報を用いた限定空間位置測定法の一提案
川上 亮千葉工大)・松本健児HOYA)・久保田 一千葉工大SIP2008-86 WBS2008-24
本論文では音波を用いた位置測定手法を紹介する.提案手法では,移動局(スピーカ)から0.2sの信号を繰り返し送信し,複数の... [more] SIP2008-86 WBS2008-24
pp.55-60
EA 2008-03-07
16:45
東京 NTT武蔵野研究センター カルマンフィルタを用いた雑音抑圧法
田邉 造諏訪東京理科大)・井上武志末吉克行千葉工大)・古川利博東京理科大)・久保田 一千葉工大)・松江英明諏訪東京理科大)・辻井重男情報セキュリティ大EA2007-125
 [more] EA2007-125
pp.79-84
WBS, SIP
(共催)
2007-08-06
15:40
高知 高知グリーン会館(2階,グリーンホール) NMRにおける新しい極推定法
村田恵介久保田 一千葉工大SIP2007-70 WBS2007-19
現在,分子構造解析手法などの主流となっているFT-NMRによるFID信号の分析には
FFTが用いられており,周波数を表... [more]
SIP2007-70 WBS2007-19
pp.35-40
SIP, CAS, CS
(共催)
2007-03-06
12:30
鳥取 鳥取三朝温泉 ブランナールみささ 逆行列の補題を用いた適応ALSアルゴリズムにおけるブラインド音源分離
齋藤晋哉大石邦夫東京工科大)・久保田 一千葉工大CAS2006-106 SIP2006-207 CS2006-123
 [more] CAS2006-106 SIP2006-207 CS2006-123
pp.63-67
EA 2006-11-23
16:45
福岡 九州大 大橋キャンパス(福岡) カルマンフィルタに基づく雑音抑圧法
田邉 造諏訪東京理科大)・末吉克行千葉工大)・古川利博東京理科大)・久保田 一千葉工大)・松江英明諏訪東京理科大)・辻井重男情報セキュリティ大
 [more] EA2006-80
pp.61-66
EA 2006-11-24
14:00
福岡 九州大 大橋キャンパス(福岡) ブロック逐次部分空間推定に関する一提案
石岡良友千葉工大)・田邉 造諏訪東京理科大)・古川利博東京理科大)・久保田 一千葉工大
 [more] EA2006-87
pp.37-42
EA 2006-08-09
11:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館4階 大会議室 音源と反射物の位置関係を考慮した円形マイクロホンアレーによる音源位置推定
永瀬竜道千葉工大)・大石邦夫東京工科大)・久保田 一千葉工大
本報告では音源の位置推定において,音源とマイクロホン間の距離を評価関数に導入した円形マイクロホンアレーモデルを提案する.... [more] EA2006-36
pp.11-16
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会