お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE 2022-03-10
11:15
ONLINE オンライン開催 (Zoom) フリーガイドワードHAZOPのための係り受け解析を用いた修飾語辞書の生成と利用
中西恒夫乙武北斗藤永拓矢吉村賢治田辺利文福岡大KBSE2021-53
 [more] KBSE2021-53
pp.72-77
ET 2022-03-04
10:10
ONLINE オンライン開催 BYOD端末の環境に依存しないプログラミング演習のためのWebシステムの開発と運用
乙武北斗中西恒夫福岡大ET2021-51
遠隔から受講者自身が所有するPCで円滑に演習に参加でき,教員が受講者の演習状況を見通すことを目的としたプログラミング演習... [more] ET2021-51
pp.1-6
SS, IPSJ-SE
(連催)
2020-07-02
13:05
ONLINE オンライン開催 morfawk: 形態素パターンマッチング/処理言語
中西恒夫吉村賢治乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大)・西浦洋一アイシン精機SS2020-4
自然言語で記述されるソフトウェア開発文書のレビューに要するコストを削減するべく自然言語処理の活用が期待されている。係り受... [more] SS2020-4
pp.19-24
SS 2020-03-05
14:45
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
形態素パターンマッチャ morfgrep とそのソフトウェア開発における応用
中西恒夫吉村賢治乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大)・西浦洋一浅野雅樹アイシン精機SS2019-60
自然言語で記述される開発文書の品質保証はレビューに頼りがちであり,その工数の削減は容易ではなく,自然言語処理を用いた機械... [more] SS2019-60
pp.113-118
KBSE 2018-03-02
13:10
沖縄 石垣市民会館 中ホール フリーガイドワードHAZOPプロセスにおける分類語彙表データベースの活用
中西恒夫吉村賢治乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大KBSE2017-57
 [more] KBSE2017-57
pp.109-114
KBSE 2018-03-02
13:40
沖縄 石垣市民会館 中ホール 日本語単一化文法を用いた開発文書からの単文抽出
吉村賢治中西恒夫乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大KBSE2017-58
筆者らが提唱するソフトウェアを対象とするFMEA/HAZOPプロセスでは,自然言語によるシステムの要求,外部設計,内部設... [more] KBSE2017-58
pp.115-120
KBSE 2017-03-04
15:45
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 ソフトウェア対象FMEA/HAZOPプロセスにおける形態素解析を用いた故障モード抽出
中西恒夫吉村賢治乙武北斗古庄裕貴田辺利文福岡大KBSE2016-51
著者らが提唱するソフトウェアを対象とするFMEA/HAZOPプロセスでは,自然言語によるシステムの要求,外部設計,内部設... [more] KBSE2016-51
pp.73-78
NLC, IPSJ-NL
(連催)
2010-07-22
14:00
宮城 東北大学 青葉山キャンパス 地方議会会議録における政治的カテゴリの自動推定手法の提案
乙武北斗福岡大)・渋木英潔横浜国大)・木村泰知小樽商科大)・高丸圭一宇都宮共和大)・森 辰則横浜国大NLC2010-1
本論文では,地方議会会議録における議員の各発言がどの政治的カテゴリに属するかを推測する手法を提案する.議員発言の政治的カ... [more] NLC2010-1
pp.7-12
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会