お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WPT, MW
(共催)
2023-04-13
16:35
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
電界結合型水中WPTシステムの一般的表現と具体例への展開
粟井郁雄二神 大山口和也富士ウェーブWPT2023-8 MW2023-8
電界結合型水中無線電力伝送の伝送理論解析を行うとき、まずアドミタンス行列を用いた一般的な定式化を与え、次段階として代表的... [more] WPT2023-8 MW2023-8
pp.40-43
WPT 2016-03-08
10:50
京都 京都大学宇治キャンパス 塩水がスパイラル共振器の無負荷Q値に与える損失機構に関する理論解析
川辺健太朗二神 大張 陽軍石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2015-89
我々は高効率海水中無線給電を実現するためスパイラル共振器の装荷容量、共振周波数、サイズ、線種等の種々のパラメータの最適化... [more] WPT2015-89
pp.71-76
WPT
(第二種研究会)
2015-12-10
15:00
海外 淡江大学 淡水キャンパス(台湾) Optimum Resonator Configuration for Coupled-Resonator Undersea WPT systems
Dai FutagamiKawabe KentaroToshio IshizakiRyukoku Univ.)・Ikuo AwaiRyutech corp.
 [more]
AP, RCS, WPT, SAT
(併催)
2015-11-06
13:10
沖縄 沖縄県立博物館・美術館 スパイラル共振器の無負荷Qに対する塩水の影響
川辺健太朗二神 大張 陽軍石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2015-60
海水中給電の効率を上げるために、塩水が共振器に与える影響を解明する必要がある。共振器としては最もスペース効率の高いスパイ... [more] WPT2015-60
pp.73-78
EE, IEE-SPC
(連催)
WPT
(併催) [詳細]
2015-07-07
15:40
京都 同志社大学 海水中給電のためのスパイラル共振器パラメータの検討
川辺健太朗二神 大張 陽軍石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2015-44
海水のような導電性媒質を介したワイヤレス給電では最も効率の高い共振器の構成法は空中とは異なる。スパイラルコイル共振器を取... [more] WPT2015-44
pp.49-53
WPT 2015-02-13
14:30
神奈川 YRPセンター1号館ホール 導波管共振器によるスパイラルコイル型WPTシステムのアナロジー
二神 大澤原裕一石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2014-90
 [more] WPT2014-90
pp.13-18
EE, WPT
(併催)
2014-11-19
13:30
京都 同志社大学 スパイラル共振器を用いた海中WPTシステムの伝送特性
二神 大澤原裕一石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2014-60
海水中無線給電のためのWPTシステムについて検討を行った。これまでに済ませていない検討項目である巻数固定で直径サイズを変... [more] WPT2014-60
pp.55-60
AP, WPT
(併催)
2014-10-17
11:10
北海道 北大 クラーク会館 大会議室 海中におけるスパイラル共振器型WPTシステムの特性
二神 大澤原裕一石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2014-46
 [more] WPT2014-46
pp.53-58
MW 2013-05-31
14:15
京都 龍谷大学 基地局用キャビティ型4重モード共振器フィルタの研究
二神 大役野茂生石崎俊雄龍谷大MW2013-23
あらまし
スマートフォンやタブレット端末の普及から無線通信は高速化の需要が高まっている.この対策として,小型基地局... [more]
MW2013-23
pp.77-82
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会