お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP 2024-03-14
16:00
東京 電気通信大学 Time Analysis of Space Efficient Uniform Partitioning in Population Protocols
Pascal SahnerNAIST/RWTH Aachen)・Ryota EguchiNAIST)・Fukuhito OoshitaFUT)・Michiko InoueNAIST
 [more]
HWS, VLD
(共催)
2023-03-01
11:50
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ガウス過程を用いた機械学習に基づくメモリスタモデリングの高速化
新谷悠太井上美智子奈良先端大)・新谷道広京都工繊大VLD2022-75 HWS2022-46
メモリスタに代表されるように新物理現象を演算能力や記憶能力に解釈し,機械学習の中心を担う積和演算処理の専用回路を開発する... [more] VLD2022-75 HWS2022-46
pp.13-18
HWS, VLD
(共催)
2023-03-01
13:25
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
低消費電力デバイスのためのプログラマブルな二値超次元計算アクセラレータ
井阪友哉奈良先端大)・坂口生有サンノゼ州立大)・井上美智子奈良先端大)・新谷道広京都工繊大VLD2022-76 HWS2022-47
超次元計算(Hyperdimensional computing, HDC)は,データを数千から数万次元で構成される超次... [more] VLD2022-76 HWS2022-47
pp.19-24
HWS, VLD
(共催)
2023-03-02
13:25
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[記念講演]Wafer-Level Characteristic Variation Modeling Considering Systematic Discontinuous Effects
Takuma NagaoNAIST)・Tomoki NakamuraMasuo KajiyamaMakoto EikiSony Semiconductor Manufacturing)・Michiko InoueNAIST)・Michihiro ShintaniKyoto Institute of TechnologyVLD2022-91 HWS2022-62
 [more] VLD2022-91 HWS2022-62
p.109
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
09:55
ONLINE オンライン開催 製造装置に起因する不連続な特性ばらつきを考慮したウェハ空間特性ばらつきモデル化
長尾匠真奈良高専)・新谷道広奈良先端大)・山口賢一岩田大志奈良高専)・中村友紀梶山賀生栄木 誠ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング)・井上美智子奈良先端大VLD2021-92 HWS2021-69
ウェハ面上に製造された集積回路(Large-scale integrated circuit,LSI)の性能を予測する統... [more] VLD2021-92 HWS2021-69
pp.87-92
COMP 2021-10-23
14:30
ONLINE オンライン開催 Algorithms for Graph Class Identification Problems in the Population Protocol Model
Hiroto YasumiFukuhito OoshitaMichiko InoueNAISTCOMP2021-17
n this paper, we focus on graph class identification problem... [more] COMP2021-17
pp.20-27
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2021-03-26
10:40
ONLINE オンライン開催 自己参照に基づく直接密度比推定を用いた教師なし再利用FPGA検出
井阪友哉関西学院大)・新谷道広奈良先端大)・アフメド フォイサルプライム大)・井上美智子奈良先端大CPSY2020-60 DC2020-90
Field-programmable gate-array(FPGA)の回路性能は使用により経時的に劣化することから,F... [more] CPSY2020-60 DC2020-90
pp.61-66
DC 2021-02-05
10:55
ONLINE オンライン開催 ランダムばらつきを考慮した電力サイドチャネルの学習によるハードウェアトロイ回路の検出手法
井上美智子Riaz-Ul-Haque Mian奈良先端大DC2020-70
サプライチェーンのグローバル化,複雑化により半導体集積回路へのハードウェアトロイ回路の混入が懸念されてる.
本稿では,... [more]
DC2020-70
pp.7-11
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2020-09-02
10:30
ONLINE オンライン開催 Uniform Bipartition in Population Protocol Model over Arbitrary Communication Networks
Hiroto YasumiFukuhito OoshitaMichiko InoueNAIST)・Sebastien TixeuilSorbonne UniversiteCOMP2020-8
In this paper, we focus on the uniform bipartition problem i... [more] COMP2020-8
pp.17-24
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2020-05-09
16:15
ONLINE オンライン開催 Gathering for mobile agents with a strong team in weakly Byzantine environments
Jion HiroseMasashi TsuchidaNAIST)・Junya NakamuraTUT)・Fukuhito OoshitaMichiko InoueNAISTCOMP2020-2
 [more] COMP2020-2
pp.9-16
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-05
10:55
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
チェックサムとオンラインテストによるメモリスタニューラルネットワークの耐故障設計
石坂 守新谷道広井上美智子奈良先端大VLD2019-112 HWS2019-85
 [more] VLD2019-112 HWS2019-85
pp.107-112
DC 2020-02-26
16:10
東京 機械振興会館 網羅的パス解析による高精度な再利用FPGA検出手法
新谷道広アフメド フォイサル井上美智子奈良先端大DC2019-96
 [more] DC2019-96
pp.61-66
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2019-05-11
15:10
熊本 熊本大学 視界に制限のあるライト付きモバイルロボットによるリング探索
長濵将太大下福仁井上美智子奈良先端大COMP2019-7
本稿では,能力の低い自律モバイルロボットによるリング型グラフの探索アルゴリズムについて検討する.各ロボットは定数距離の範... [more] COMP2019-7
pp.83-90
DC 2019-02-27
10:55
東京 機械振興会館 製造検査時における組込み自己テスト回路を利用した効率的なPUF回路のチャレンジレスポンス対の生成と評価
三野智貴新谷道広井上美智子奈良先端大DC2018-75
近年,半導体部品市場における偽造IC チップの流通が問題になっている.その対策として,物理複製困難(Physically... [more] DC2018-75
pp.25-30
HWS, VLD
(共催)
2019-02-28
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 自動微分を用いたSPICEモデルパラメータ抽出環境の構築
上田 葵奈良高専)・新谷道広奈良先端大)・岩田大志山口賢一奈良高専)・井上美智子奈良先端大VLD2018-117 HWS2018-80
MOSFETコンパクトモデルのパラメータ抽出は,高精度な回路シミュレーションを行うために重要な工程の1つであるが,コンパ... [more] VLD2018-117 HWS2018-80
pp.145-150
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-06
10:30
広島 サテライトキャンパスひろしま 重み推定によるメモリスタニューラルネットワークの信頼性向上の試み
石坂 守新谷道広井上美智子奈良先端大VLD2018-50 DC2018-36
 [more] VLD2018-50 DC2018-36
pp.83-88
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2018-03-08
13:55
島根 隠岐の島文化会館 メモリスタ論理による誤り訂正符号回路の設計と評価
石坂 守奈良高専)・新谷道広井上美智子奈良先端大CPSY2017-146 DC2017-102
抵抗変化型メモリ(Resistive RAM, ReRAM)は,高集積,高速,低消費電力の観点から,フラッシュメモリを代... [more] CPSY2017-146 DC2017-102
pp.257-262
DC 2017-12-15
15:55
秋田 放送大学秋田学習センター [招待講演]Hardware Trojan detection based on side-channel analysis
Michiko InoueNAISTDC2017-76
 [more] DC2017-76
pp.43-48
SS, DC
(共催)
2017-10-20
10:00
高知 高知市文化プラザかるぽーと Efficient Self-Stabilizing 1-Maximal Matching Algorithm for Arbitrary Networks
Michiko InoueFukuhito OoshitaNAIST)・Sebastien TixeuilUPMCSS2017-31 DC2017-30
We present a new self-stabilizing 1-maximal matching algorit... [more] SS2017-31 DC2017-30
pp.61-66
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-03-10
09:30
沖縄 具志川農村環境改善センター フェイルダイ特性を考慮したLSIテスト結果予測の精度向上に関する研究
佐藤敬済井上美智子奈良先端大CPSY2016-144 DC2016-90
LSIは様々なテストを経て, すべてのテストをパスした製品のみを出荷している. しかし, 大量の製品に対して, 数多くの... [more] CPSY2016-144 DC2016-90
pp.291-296
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会