お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NLP, MICT
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2024-01-25
15:20
徳島 鳴門教育大学 布を介して計測された心電図のLSTMオートエンコーダによる分類
大久保 駿東京電機大)・伊藤 佳卓,北海道科学大)・安達雅春小川雄大工藤伊織植野彰規東京電機大NLP2023-114 MICT2023-69 MBE2023-60
心電図は体表から記録できる電気信号であるが心疾患の発見に用いられる.容量性結合電極では体表から直接ではなく布を介した際で... [more] NLP2023-114 MICT2023-69 MBE2023-60
pp.145-148
MBE, MICT
(共催)
IEE-MBE
(連催) [詳細]
2023-01-17
13:15
佐賀 佐賀県教育会館第一会議室 内シャント光イメージングにおける血管内径計測自動化に向けての基礎的検討 ~ LSTMを用いた計測精度の血管深さ依存性に関する検討 ~
戸松大心北間正崇北海道科学大)・神山英昇北大病院)・山下政司菊池明泰横山 徹伊藤佳卓小島洋一郎北海道科学大)・清水孝一早大MICT2022-48 MBE2022-48
血液透析治療のために造設される自己血管内シャントは狭窄や閉塞が生じやすいため,日常管理が重要である.本研究室では,光を用... [more] MICT2022-48 MBE2022-48
pp.26-29
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-21
10:15
ONLINE オンライン開催 パラメータ空間推定による植生バイオマスモデルの臨界点予測のダイナミカルノイズに対するロバスト性の検証
伊藤佳卓北海道科学大NLP2021-72 MICT2021-47 MBE2021-33
パラメータ空間推定による植生バイオマスモデルの臨界点予測のダイナミカルノイズに対するロバスト性を検証する.
植生バイオ... [more]
NLP2021-72 MICT2021-47 MBE2021-33
pp.13-16
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-22
10:55
ONLINE オンライン開催 緊張パフォーマンス課題と緊張緩和法に関する基礎的検討
山下政司伊藤佳卓北海道科学大NLP2021-102 MICT2021-77 MBE2021-63
楽器コンクールなどの様々な場面で、精神的緊張のあまりそれまで培ってきた実力を十分に発揮できずに終わる例が多くみられる。そ... [more] NLP2021-102 MICT2021-77 MBE2021-63
pp.135-139
NLP 2017-11-05
17:25
宮城 東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 カンファレンスルーム A40 エクストリーム学習器を用いたカオスニューロンの分岐図再構成
伊藤佳卓安達雅春東京電機大NLP2017-74
近年,エクストリーム学習器は単純なネットワーク構造にもかかわらず汎化性能が高いため様々な問題に適用されている.著者らは,... [more] NLP2017-74
pp.53-58
NLP 2017-07-14
14:25
沖縄 宮古島マリンターミナル大研修室 再構成した二次元分岐図のリアプノフ指数推定
伊藤佳卓安達雅春東京電機大NLP2017-46
分岐図再構成は,複数パターンの時系列信号を予測器に学習させ,主成分分析を用いて対象システムのパラメータ次元を推定し,その... [more] NLP2017-46
pp.99-102
NLP 2009-11-11
11:10
鹿児島 屋久島環境文化村センター エコーステートネットワークと動径基底関数ネットワークの組合せによるカオス時系列予測
伊藤佳卓安達雅春東京電機大NLP2009-86
本報告では,既存の手法であるエコーステートネットワーク(ESN) と動径基底関数ネットワーク(RBFN) を
組合せた... [more]
NLP2009-86
pp.27-30
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会