お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2022-11-07
15:40
高知 高知城歴史博物館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ローカル5Gを活用したユースケースの検討
光野正志眞下大輔石野正典亀井大向大沼晃浩北川雄一大石裕司髙瀬誠由伊藤大輔日立PN2022-26
商用サービスが始まった5Gには,様々な分野での活用が期待されている.本報告では,次世代スマート工場の実現に向けて,ローカ... [more] PN2022-26
pp.28-31
CCS, NLP
(共催)
2022-06-10
09:00
大阪 大阪大学 豊中キャンパス シグマホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MOSFETの寄生容量を鑑みたハイサイドゲートドライバ回路の解析
後藤裕介中京大)・麻原寛之岡山理科大)・高坂拓司中京大)・伊藤大輔岐阜大NLP2022-12 CCS2022-12
 [more] NLP2022-12 CCS2022-12
pp.58-61
NLP 2021-11-19
13:25
広島 広島工業大学広島校舎201号室 1次元離散非線形REDモデルの有効性について
加藤海渡中京大)・麻原寛之岡山理科大)・伊藤大輔岐阜大)・高坂拓司中京大NLP2021-36
 [more] NLP2021-36
pp.5-8
NC, NLP
(併催)
2021-01-22
11:40
ONLINE オンライン開催 指数特性を持つパケット破棄確率を用いたTCP/REDについて
加藤海渡中京大)・加藤秀行大分大)・伊藤大輔岐阜大)・高坂拓司中京大NLP2020-50
 [more] NLP2020-50
pp.54-57
NLP, NC
(併催)
2020-01-24
13:30
沖縄 宮古島マリンターミナル ハイサイドMOS-FETゲートドライバ回路に生じるチャタリングに関する一考察
小倉拓海髙坂拓司中京大)・伊藤大輔岐阜大NLP2019-94
スイッチングコンバータ回路では,パワーMOS-FETを正常に駆動するためのハイサイドゲートドライバが主に利用されているが... [more] NLP2019-94
pp.49-52
IT 2016-07-29
11:05
福岡 福岡大学セミナーハウス 線形計画法による復号が可能な多重置換符号の構成
伊藤大輔和田山 正名工大IT2016-31
本研究では,線形計画法による復号が可能な多重置換符号の構成法を提案する.
本稿で提案する符号は,1つの線形制約により定... [more]
IT2016-31
pp.57-62
NLP 2016-05-27
11:45
高知 高知大学 学生会館 電流制御DC/DCコンバータに対するON/OFF時間制御アルゴリズムの適用
福江紘幸岡山理科大)・高坂拓司大分大)・上田哲史徳島大)・伊藤大輔滋賀県立大)・太田垣博一宇都宮 晃麻原寛之岡山理科大NLP2016-16
 [more] NLP2016-16
pp.77-81
NLP 2016-05-27
12:10
高知 高知大学 学生会館 Lorenz modelに対するExternal force controlとその安定性解析
伊藤大輔滋賀県立大)・上田哲史徳島大NLP2016-17
External force control (EFC) 法はカオス制御の1つであり,任意の周期信号と系自身の情報の差分... [more] NLP2016-17
pp.83-86
US, EA
(併催)
2016-01-29
11:15
大阪 関西大学 100周年記念会館 強制駆動直管型熱音響システムの冷却性能向上へ向けた検討 ~ 3Dプリンタースタックを用いた波長とスタック長の関係 ~
伊勢裕司坂本眞一折野裕一郎藤井 樹平山智士伊藤大輔乾 義尚滋賀県立大)・渡辺好章同志社大US2015-98
 [more] US2015-98
pp.83-86
MBE, BioX, NC
(共催)
2015-10-25
13:40
大阪 大阪電気通信大学 双極型ロジスティックカオスニューロンを用いたIsingネットワークの分岐
伊藤大輔滋賀県立大)・美井野 優上田哲史徳島大BioX2015-32 MBE2015-43 NC2015-27
NP困難問題の簡素なモデルとして,Ising ネットワークモデルがある.近年,同モデルの最適解を解くソルバーとして光子を... [more] BioX2015-32 MBE2015-43 NC2015-27
pp.59-62
NLP 2015-05-18
16:20
青森 道の駅浅虫温泉ゆ~さ浅虫(青森市) スイッチング回路のON/OFF時間制御に関する一考察
麻原寛之岡山理科大)・上田哲史徳島大)・伊藤大輔滋賀県立大)・高坂拓司大分大NLP2015-33
 [more] NLP2015-33
pp.35-38
NLP 2015-01-27
10:45
大分 コンパルホール 周期外力を印加した電子ホタルにみられる時間応答波形
伊藤大輔徳島大)・高坂拓司大分大)・上田哲史川上 博徳島大NLP2014-132
コオロギの合唱やホタルの集団発光等,自励発振する生体間の相互協調動作には相互に位相が整った同期現象がみられることがあり,... [more] NLP2014-132
pp.113-116
NLP, CAS
(共催)
2014-10-17
11:15
愛媛 愛媛大学 外力を印加した結合ニューロンモデルの応答
美井野 優伊藤大輔上田哲史徳島大CAS2014-75 NLP2014-69
近年,ニューロンの挙動をシミュレートするために,ニューロンモデルと呼はれる数理モデルが用いられている.このニューロンモデ... [more] CAS2014-75 NLP2014-69
pp.119-123
NLP, CAS
(共催)
2014-10-17
11:35
愛媛 愛媛大学 疑似周期軌道を用いたカオス制御とその実装
間野翔大伊藤大輔上田哲史徳島大CAS2014-76 NLP2014-70
本報告では, 擬似周期軌道によるカオス制御を提案する. 与えられたカオスにおいて, ポアンカレ断面での初期点と再帰点がご... [more] CAS2014-76 NLP2014-70
pp.125-128
NLP, CAS
(共催)
2014-10-17
16:10
愛媛 愛媛大学 非線形結合における同期特性
菱川健治伊藤大輔上田哲史徳島大CAS2014-85 NLP2014-79
近年,細胞性粘菌の受容体の働きを数学的に一般化することにより,新しいリズム同期化法が発見された.これは,非常に協力な同期... [more] CAS2014-85 NLP2014-79
pp.171-174
NLP, CAS
(共催)
2014-10-17
16:30
愛媛 愛媛大学 ネットワークルータの輻輳制御における分岐現象の解析
伊藤大輔上田哲史徳島大CAS2014-86 NLP2014-80
ランダム初期検知を用いた転送制御は TCP 通信における輻輳制御問題で重要な手法であり,数理モデル としてモデル化する研... [more] CAS2014-86 NLP2014-80
pp.175-178
NLP 2014-07-21
13:25
北海道 函館市中央図書館 周期外力を印加した方形波発振器の基礎的特性
高坂拓司大分大)・麻原寛之福岡大)・伊藤大輔上田哲史徳島大)・川上 博JSTNLP2014-32
 [more] NLP2014-32
pp.7-10
NLP 2013-12-07
09:25
海外 City University of Hong Kong カオス中の疑似周期軌道の安定化
間野翔大伊藤大輔上田哲史徳島大NLP2013-123
与えられたカオスにおいて,軌道が閉軌道とみなしてよいほどに近接した初期値と再帰点があるとき,その軌道情報をもとに Ext... [more] NLP2013-123
pp.55-58
NLP 2012-11-19
13:30
宮城 石巻専修大学 カオス制御における制御コストの評価と比較
藤本憲市・○大津智弘伊藤大輔上田哲史吉永哲哉徳島大NLP2012-76
OGY法や遅延フィードバック法は,1990年代初めに提案された代表的なカオス制御法である.その後,著者の一人らも,ポアン... [more] NLP2012-76
pp.1-6
NLP 2012-11-19
14:55
宮城 石巻専修大学 接線分岐により消滅するアトラクタを補償する制御について
伊藤大輔上田哲史徳島大)・辻 繁樹大分高専)・合原一幸東大NLP2012-79
一般に非線形系において,接線分岐が発生したとき,分岐を起こした周期解は消滅しカオス,他の周期解,もしくは発散,平衡点へと... [more] NLP2012-79
pp.19-22
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会